公式LINE@始めました!最近の仮想通貨ニュースやICO情報を配信中!

友だち追加

▼当サイトで人気のビットコイン・仮想通貨取引所おすすめランキングはこちら!

東証一部上場企業マネックスグループの下新体制で動き出した超初心者向け仮想通貨取引所!
LISKやFACTOMなど他の取引所では取り扱いのない通貨も購入できる!

コインチェックサイドバナー

現在レバレッジ取引で5,000円相当もらえるキャンペーン中!
大手企業IIJグループが運営、伊藤忠や電通も出資!満を持してオープンした国内取引所。取引手数料無料!
仮想通貨取引量国内No.1・セキュリティ国内No.1かつ取引手数料が無料!
リップルやイーサリアムなどのアルトコインの手数料が無料!
人気銘柄リップルの購入ができる!
一部上場企業GMOインターネットのグループ会社が運営。キャンペーンを頻繁に開催!アプリ『びっとれ君』も大人気。



シンガポール企業がBithumb(ビッサム)の一部株式を380億円で買収!

韓国最大規模の取引量を誇る仮想通貨取引所Bithumb(ビッサム)は、シンガポールに本拠を置くBK Global Consortium(グローバルコンソーシアム)に対して、発行済株式の38%以上に相当する株式を約4000億ウォン(約380億円)で売却したと報道されています。

 

現在、Bithumbの筆頭株主であるBTC Holdings Companyは株式の76%を保有していますが、保有量の「50%(発行済株式の38%) + 1株」をBK Global Consortiumに売却することで、取引完了時点では筆頭株主がBK Global Consortiumに変わります。この買収においては、Bithumbの評価額(時価総額)は約1兆ウォン(約1,000億円)以上となっています。

 

Bithumbを買収したBK Global Consortium(グローバルコンソーシアム)はシンガポールの外科医出身のKim Byung Gun(ギムビョンゴン)氏が代表を務めるブロックチェーン投資会社で、ICOプラットフォームなどを運営しています。

 

Kim Byung Gun氏は病院経営で大きな成功を収め、バイオ産業などへの投資で資産を拡大しています。昨年8月にはシンガポールでICOプラットフォームを設立するなど、仮想通貨の草創期から投資を行っている投資家でもあります。

 

一方で、今回買収されたBithumbは、今年6月にハッキングを受けて約350億ウォン(約34億円)の盗難に合っています。しかし、このハッキング被害にもかかわらず、今年上半期は約3,500万ドル(約38億円)の純利益を計上するなどとても事業は好調でした。

 

参考記事はこちら

コインメディアのLINE@のミドルバナー②

 

最初に絶対登録しておきたい!おすすめの仮想通貨取引所

【急上昇!】コインチェック(coincheck)


東証一部上場企業マネックスグループの下新体制で動き出した超初心者向け仮想通貨取引所!LISKやFACTOMなど他の取引所では取り扱いのない通貨も購入できる!

コインチェック

【1位】ディーカレット


現在レバレッジ取引で5,000円相当もらえるキャンペーン中! 大手企業IIJグループが運営の安心感。取引手数料無料!

ディーカレット

【2位】ビットバンク


ビットコイン、アルトコインの取引手数料が無料!中級者以上に人気の取引所!

【3位】GMOコイン


一部上場企業GMOインターネットグループのグループ会社で安心・安全!販売所形式で初心者でも簡単にリップルなどの人気銘柄の売買ができる!



おすすめの記事