Binanceアイキャッチ画像

公式LINE@始めました!最近の仮想通貨ニュースやお得情報を配信中!

友だち追加

▼当サイトで人気のビットコイン・仮想通貨取引所おすすめランキングはこちら!

東証一部上場企業マネックスグループの下新体制で動き出した超初心者向け仮想通貨取引所!
LISKやFACTOMなど他の取引所では取り扱いのない通貨も購入できる!

コインチェックサイドバナー

大手企業IIJグループが運営、伊藤忠商事や電通グループも出資!満を持してオープンした国内販売所。取引手数料無料!
仮想通貨取引量国内No.1・セキュリティ国内No.1!
ワンタップで買える販売所のスプレッドが業界最狭クラス!
人気銘柄リップルの購入ができる!
一部上場企業GMOインターネットのグループ会社が運営。キャンペーンを頻繁に開催!アプリ『びっとれ君』も大人気。

Binance(バイナンス)が5回目のBinance coin(BNB)トークンバーンを実行!

10月17日、バイナンスは公式サイトで5回目のBNB四半期トークンバーンを実施したと発表しました。全部で1,643,986 BNB(約18億円)を買戻し、処分したとされています。トークンのバーン記録はこちらから見ることができます。

 

また、BNBについてさらに詳しく知りたい方は、【BNB(Binance Coin)とは?使い方、購入方法、特徴、将来性を徹底解説!】を参考にしてください。

トークンバーンとは

バイナンスのホワイトペーパー(下図)を見ると、四半期ごとに利益の20%を用いてBNBをdestroy(破壊)すると書いてあります。これを一般的にはトークンバーンと呼びます。BNBの上限は2億となっていますが、最終的には50%(1億)のBNBはバイナンス社が自ら消すという事です。

出典:https://www.binance.com/resources/ico/Binance_WhitePaper_en.pdf

なぜトークンバーンをするのか

バイナンスが自社の仮想通貨をわざわざ買い戻して処分する目的は、価値を維持するためです。BNBの魅力の一つとして、Binanceでの手数料の支払いに使用することで、手数料が安くなることがありますが、1年目は50%オフなのに対して、その後徐々に割引が減り、5年目から割引がなくなります。

 

そのため、時間が経てばBNBの価値が下がってくることは容易に想像がつくため、焼却によって数を減らすことによって、価格を維持する狙いがあるとされています。

 

ちなみに、公式サイトの発表した処分額を合わせて計算してみると、今回を含めてバイナンスはこの5回で合計9,182,653枚のBNBを処分してることになります。これは処分予定である1億BNBの9.2%程度なります。

 

Binance Completes 5th Quarter Token Burn
参考記事はこちら

LINE@バナー_648_200

 

最初に絶対登録しておきたい!おすすめの仮想通貨取引所

【急上昇!】コインチェック(coincheck)


東証一部上場企業マネックスグループの下新体制で動き出した超初心者向け仮想通貨取引所!LISKやFACTOMなど他の取引所では取り扱いのない通貨も購入できる!

コインチェック

【1位】ディーカレット


大手企業IIJグループが運営の安心感。取引手数料無料!



【2位】ビットバンク


仮想通貨取引量国内No.1・セキュリティ国内No.1!中級者以上に人気の取引所!

【3位】GMOコイン


一部上場企業GMOインターネットグループのグループ会社で安心・安全!販売所形式で初心者でも簡単にリップルなどの人気銘柄の売買ができる!



おすすめの記事