リップル(XRP)が高騰する3つの理由(リブランディング・訴訟・市場)

公式LINE@始めました!最近の仮想通貨ニュースやお得情報を配信中!

友だち追加

▼当サイトで人気のビットコイン・仮想通貨取引所おすすめランキングはこちら!

超初心者が必ずと言っていいほど初めに登録する仮想通貨取引所!アルトコイン取り扱い数日本一!
国内最安単価8円台の仮想通貨IOSTの取り扱いはコインチェックだけ。IOSTは今年に入り既に10倍以上の価格上昇を見せています。

coincheck-side_banner

多くのアルトコインも板取引で売買できるため、手数料を安く済ませたい!という方は登録しておきたい取引所!
取引所方式での取り扱い銘柄数国内No.1!海外に仮想通貨を送る際にはビットバンクで手数料安くリップル(XRP)を買って、安い送金手数料で送る。という方が多くいます。
大手企業IIJグループが大株主。日本の各業界大手企業(伊藤忠商事や電通グループなど)が出資しているなど大きな信頼があり、安心して利用できる販売所!アプリもシンプルで使いやすく、初心者にはおすすめの販売所です!※ディーカレットは取引所のサービスも開始しました。

リップル(XRP)が高騰する3つの理由

ビットコインを始めとする仮想通貨は、過去6か月間下落を続け、XRPも同様に下落しています。Coinbaseへの上場の噂があった際には、XRPは3.82ドルまで到達していましたが、2018年6月29日の時点では、0.42ドルの価値になっています。

 

しかし、海外メディアでは、以下の3点の理由から、XRPの価格が上昇するとされています。

リブランディング

XRPが証券であると主張し続けており、不満を持っているトレーダーたちによる3つの訴訟に、リップル社は直面しています。XRPを巡る訴訟については、【リップル(XRP)が証券であると主張する訴訟がアメリカで新たに提起される】を参考にしてください。

 

その結果として、リップル社は、コインを「リップル」ではなく「XRP」と呼び、XRPとリップルを明確に区別することによって、リブランディングを行うときが来たことを決心しました。

 

現在訴訟が行われていますが、XRPは2002年に、リップルは2012年に生み出されており、「リップルネットワークでユーティリティコインとして、XRPがリップルに与えられた」という事実の他に、両者を直接結びつけるものはありません。

 

こうしたリブランディングによって、XRPは継続的に価格が下落していた過去半年を立ち去り、市場において再び活性化するとされています。

 

訴訟

XRPは訴訟問題のため、様々な方面から批判されていますが、このことはXRPが多くの人に知られることになり、人々は第三者の立場から、訴訟の行方を見守っていることを意味します。

 

もしXRPが証券ではないというポジティブな結果になった場合、彼らは急いでXRPを購入することになります。

 

また、万が一XRPが証券であると認定された場合も、XRPが伝統的な株式市場で取引されることができるようになり、仮想通貨市場において、「機関投資家」という形で待ちわびられていた何兆ドルもの資金にアクセスすることができるようになります。そのため、証券認定された場合であっても、彼らはXRPを取得しようとするとされています。

 

初期段階の市場

仮想通貨市場は、初期段階にあると何度も述べられており、何人かの専門家は、仮想通貨市場が2022年にピークを迎えると信じています。新しい技術を初期に信じている人は、最初は非常識であると見られますが、後の未来で収益が上がることが判明した場合、「預言者」として見なされることになります。

 

また、リップルの最新情報やその他のニュースについて知りたい方は、【リップル(XRP/Ripple)のニュース、最新情報まとめ】を参考にしていただければと思います。

 

 

リップルの関連記事
特徴、仕組みリップル(Ripple/XRP)とは?特徴や仕組み
将来性リップル(XRP)の将来性、今後の価格はいくらまで上がる?
取引所、買い方リップル(XRP)の取引所おすすめランキング!買い方や購入方法
ウォレットリップル(XRP)のおすすめのウォレット!日本語対応や安全性で比較!

 

 XRP (XRP): The Big Bull Is Coming
参考記事はこちら

LINE@バナー_648_200

 

最初に絶対登録しておきたい!おすすめの仮想通貨取引所

【1位】コインチェック(Coincheck)


超初心者が必ずと言っていいほど初めに登録する仮想通貨取引所!アルトコイン取り扱い数日本一!IOSTやENJなど他の取引所では取り扱いのない通貨も購入できる!

コインチェック

【2位】ビットバンク


多くのアルトコインも板取引で売買できるため、手数料を安く済ませたい!という方は登録しておきたい取引所!

【3位】ディーカレット


大手IT企業IIJグループが大株主の安心感。



 



おすすめの記事