リップルアイキャッチ

公式LINE@始めました!最近の仮想通貨ニュースやお得情報を配信中!

友だち追加

▼当サイトで人気のビットコイン・仮想通貨取引所おすすめランキングはこちら!

超初心者が必ずと言っていいほど初めに登録する仮想通貨取引所!アルトコイン取り扱い数日本一!
国内最安単価8円台の仮想通貨IOSTの取り扱いはコインチェックだけ。IOSTは今年に入り既に10倍以上の価格上昇を見せています。

coincheck-side_banner

多くのアルトコインも板取引で売買できるため、手数料を安く済ませたい!という方は登録しておきたい取引所!
取引所方式での取り扱い銘柄数国内No.1!海外に仮想通貨を送る際にはビットバンクで手数料安くリップル(XRP)を買って、安い送金手数料で送る。という方が多くいます。
大手企業IIJグループが大株主。日本の各業界大手企業(JR東日本や電通グループなど)が出資しているなど大きな信頼があり、安心して利用できる販売所!
アプリもシンプルで使いやすく、売買手数料も無料なので初心者にはおすすめの取引所です!

リップル社の重役が連邦準備制度のタスクフォースに選定

リップル社のビジネス開発チームの研究部長であるRyan Zagone氏が、連邦準備制度のタスクフォースの運営委員会に選定されたことが報道されています。

 

連邦準備制度によるタスクフォースは、2015年に設立され、高速決済システムに関するソリューションの提案や目標を達成するための能力の評価などを行っています。

 

また、タスクフォースの主なビジョンは、様々なステークホルーダーに集まってもらい、「2020年までにより速く、ユビキタスで、包括的で、安全で、セキュリティ性が高い米国の決済システムを実現する」というビジョンを認識してもらうというものになっています。

 

タスクフォースは、現在の参加者数が321名であり、定例会議が252回も開催されており、12万時間以上が費やされています。今回、Ryan Zagone氏がタスクフォースの運営委員会に選出されたのは、リップルにとってはもちろんですが、タスクフォースによる決済システム構想によっても、大きな前進になります。

 

同氏は、リップル社では、同社が提携している金融機関や規制当局、中央銀行と仕事を行っています。そのため、同氏は、銀行のインフラを改善することや、より高速な支払い決済をグローバルに採用することに関して、経験を活かすことができるため、ベストな候補者になっています。

 

同氏は、今回の選出に関して、以下のようなコメントをしています。

 

「(連邦準備制度のタスクフォースの運営委員会に)選定されたことを光栄に思います。私はリップルでのグローバルな経験を活用して、決済のスピードや効率性、アクセス、競争力を高める方法を評価していくことを楽しみに思っています。

 

私は、同業者や銀行パートナー、幅広い金融業界と共に、リップルラボの建設的なアプローチを継続していきます。また私は、タスクフォースにおいてオープンで包括的な存在であり、非銀行サービスプロバイダーの優先事項やコンセプトを説明していきます。」

 

リップルの他のニュースや最新情報について知りたい方は、【リップル(XRP/Ripple)のニュース、最新情報まとめ】を参考にしてください。

 

 

リップルの関連記事
特徴、仕組みリップル(Ripple/XRP)とは?特徴や仕組み
将来性リップル(XRP)の将来性、今後の価格はいくらまで上がる?
取引所、買い方リップル(XRP)の取引所おすすめランキング!買い方や購入方法
ウォレットリップル(XRP)のおすすめのウォレット!日本語対応や安全性で比較!

 

 Ripple’s (XRP) Exec Elected To A Federal Reserve Taskforce
参考記事はこちら

LINE@バナー_648_200

 

最初に絶対登録しておきたい!おすすめの仮想通貨取引所

【1位】コインチェック(Coincheck)


超初心者が必ずと言っていいほど初めに登録する仮想通貨取引所!アルトコイン取り扱い数日本一!IOSTやENJなど他の取引所では取り扱いのない通貨も購入できる!

コインチェック

【2位】ビットバンク


多くのアルトコインも板取引で売買できるため、手数料を安く済ませたい!という方は登録しておきたい取引所!

【3位】ディーカレット


大手IT企業IIJグループが大株主の安心感。取引手数料無料!



 



おすすめの記事