金融庁がBinance(バイナンス)に営業停止を求める方針を発表!

▼当サイトで人気のビットコイン・仮想通貨取引所おすすめランキングはこちら!

超初心者が必ずと言っていいほど初めに登録する仮想通貨取引所!取り扱い仮想通貨銘柄数日本最大級!

coincheck-side_banner

多くのアルトコインも板取引で売買できるため、手数料を安く済ませたい!という方は登録しておきたい取引所!
取引所方式での取り扱い銘柄数国内No.1!海外に仮想通貨を送る際にはビットバンクで手数料安くリップル(XRP)を買って、安い送金手数料で送る。という方が多くいます。
日本国内では新興の取引所ですが、グローバルでは世界三大暗号資産(仮想通貨)取引所の一つで、信頼性が高い取引所です。IOSTやENJなど、国内では取り扱いの少ない銘柄も販売所形式・取引所形式の両方で売買が可能です。OKBの取り扱いはオーケーコインだけ!

金融庁がBinance(バイナンス)に営業停止するよう警告

※3月23日追記:金融庁が正式にBinanceに改正資金決済法に基づく警告を行ったと発表!

 

同社は無登録で日本で営業をおこなっている状況で、日本人投資家への被害を懸念しての警告となります。日本で営業活動を継続する場合、刑事告発や警察捜査も行われる可能性が高くなっています。

 

金融庁が世界一の取引量を誇る仮想通貨取引所Binance(バイナンス)社に対して、改正資金決済法に基づき「営業を停止を求める方針」を示したことが、日経新聞によって報道されました。

 

金融庁は、同社が仮想通貨交換事業者の登録を行わずに日本で営業しているため、「投資家が損害を被る恐れがある」と判断し、営業停止を求める動きになりました。また、Binanceが営業を止めなければ、金融庁は警察当局と連携して、刑事告発する可能性もあるとされています。

 

Binanceは日本での利用者も非常に多く海外取引所の中でもとりわけ人気の取引所であり、今回のこの発表は仮想通貨市場にとって、大きな影響力を持つニュースであることは間違いありません。またこの金融庁の動きに対して、Binance社がどのような姿勢を見せるのか、多くの人の注目が集まっています。

 

コインチェックの騒動以降、金融庁の取引所やICOに対する動きが活発になっており、今後、取り締まりがさらに強化される可能性は高いです。

 

3月8日のニュースに関して、詳しくは【金融庁がコインチェックなど仮想通貨交換業者7社に行政処分を発表!】を参考にしてください。

 

BinanceのCEOも警告を受けたことを認める

BinanceのCEOであるCZ氏が、ツイッターで日経新聞の報道に対して、3月22日には、以下のように、反論を行っていましたが、23日に警告を受けたことを認めました。

 

「日経新聞は、無責任なジャーナリズムを示した。我々は日本の金融庁と建設的な対話をしており、いかなる命令も受けていない。金融庁が我々に話す前に新聞社に話したと考えるのはナンセンスだ。」

 

「私たちは、金融庁から簡単な手紙を1時間前に受け取りました。弁護士がすぐに金融庁に連絡し、解決策を見つけるでしょう。ユーザーを守ることは優先度が最も高いです。」

 

日本経済新聞

参考記事はこちら

▼CoinMedia編集部おすすめ!初心者必読の記事はこちら!

 

最初に絶対登録しておきたい!おすすめの仮想通貨取引所

【1位】コインチェック(Coincheck)


超初心者が必ずと言っていいほど初めに登録する仮想通貨取引所!取り扱い仮想通貨銘柄数日本最大級!

コインチェック

【2位】ビットバンク


多くのアルトコインも板取引で売買できるため、手数料を安く済ませたい!という方は登録しておきたい取引所!

【3位】オーケーコイン・ジャパン

IOSTやENJなど、国内では取り扱いの少ない銘柄も販売所形式・取引所形式の両方で売買が可能です。OKBの取り扱いはオーケーコインだけ!



おすすめの記事