XRP使用のxRapid正式版を近日リリース予定!大手銀行の導入に自信を表明

▼当サイトで人気のビットコイン・仮想通貨取引所おすすめランキングはこちら!

超初心者が必ずと言っていいほど初めに登録する仮想通貨取引所!取り扱い仮想通貨銘柄数日本最大級!

coincheck-side_banner

多くのアルトコインも板取引で売買できるため、手数料を安く済ませたい!という方は登録しておきたい取引所!
取引所方式での取り扱い銘柄数国内No.1!海外に仮想通貨を送る際にはビットバンクで手数料安くリップル(XRP)を買って、安い送金手数料で送る。という方が多くいます。
日本国内では新興の取引所ですが、グローバルでは世界三大暗号資産(仮想通貨)取引所の一つで、信頼性が高い取引所です。IOSTやENJなど、国内では取り扱いの少ない銘柄も販売所形式・取引所形式の両方で売買が可能です。OKBの取り扱いはオーケーコインだけ!

XRP使用のxRapid正式版を近日リリースと発表!世界大手銀行の導入に自信を表明

リップル社のCEOを務めるGarlinghouse氏が「全世界で数十以上の大手銀行が「xRapid」正式版を導入するだろう」とオランダで開催された「Money20/20」でのCNBCのインタビューで発言しました。

 

また、この発言にともない現在はベータ版で提供されている「xRapid」の正式版が年内(近日中)にリリースされる予定であると発表しています。

 

 

リップル社は、現行のシステムよりも迅速かつ安価な方法で銀行間の国境を越えた金銭取引を可能にするソリューションを開発しています。

 

リップル社が提供する国際決済サービスを複数開発していますが、そのうちの1つのプロダクトである法定通貨を所有する2社の金融機関同士の即時送金を可能にする「xCurrent」はすでにスペイン最大の金融機関「サンタンデール銀行」をはじめ、全世界100社以上の金融機関で導入されています。

 

「xCurrent」は、基本的にはトランザクションを作成するために必要な情報を確認するプロセスが大幅に高速になることが強みで、XRP(リップル)をシステムに利用しません。

 

「xCurrent」は法定通貨をあらかじめ所有している銀行間であれば可能な送金方法となりますが、リップル社は、通貨の流動性が低い、または十分な法定通貨を所有していない新興市場を対象にした「xRapid」という別のソリューションも提供しています。

 

発展途上国などの新興市場への国際送金・支払いには、各国で事前に現地銀行の口座開設が必要となり、流動性コストが高いことを意味しています。 「xRapid」では、国際送金されるお金はxRapidのシステムに送られ、XRPに変換されてブロックチェーンを介してより速く、より低コストで移動させて、送金先で必要な通貨に変換することができます。

 

XRPは決済処理に要する時間が4秒間と非常に短いため、送金にかかる時間はスピーディになります。すでに160年以上の歴史を持つ世界大手送金業者のウェスタンユニオンや国際送金ネットワークを行う「マネーグラム」などの大手送金業者は、xRapidの試用を開始しています。

 

Garlinghouse氏は、実際に世界各国の大手銀行とのやり取りを行う中で、彼らが真剣にxRapidの導入を今年から来年にかけて行うと確信を持っていると発言していて、実際に金融機関から得ているフィードバックの一部をツイッターで公開しています。

 

2018年に入り、上半期で多くの世界的な金融機関との提携が発表されてきましたが、今後は引続きリップルネットワークを拡張しつつ「xRapid」など主要プロダクトの正式版リリースなどが控えているので、今後のリップル社の展開から目が離せません。

 

リップルの最新ニュースを知りたい方や直近のニュースを知りたい方は「リップル(XRP/Ripple)のニュース、最新情報まとめ」参考にしてください。

 

リップルの関連記事
特徴、仕組みリップル(Ripple/XRP)とは?特徴や仕組み
将来性リップル(XRP)の将来性、今後の価格はいくらまで上がる?
取引所、買い方リップル(XRP)の取引所おすすめランキング!買い方や購入方法
ウォレットリップル(XRP)のおすすめのウォレット!日本語対応や安全性で比較!

 

参考記事はこちら

▼CoinMedia編集部おすすめ!初心者必読の記事はこちら!

 

最初に絶対登録しておきたい!おすすめの仮想通貨取引所

【1位】コインチェック(Coincheck)


超初心者が必ずと言っていいほど初めに登録する仮想通貨取引所!取り扱い仮想通貨銘柄数日本最大級!

コインチェック

【2位】ビットバンク


多くのアルトコインも板取引で売買できるため、手数料を安く済ませたい!という方は登録しておきたい取引所!

【3位】オーケーコイン・ジャパン

IOSTやENJなど、国内では取り扱いの少ない銘柄も販売所形式・取引所形式の両方で売買が可能です。OKBの取り扱いはオーケーコインだけ!



おすすめの記事