インド中央銀行が最高裁判所に仮想通貨規制を要請!

公式LINE@始めました!最近の仮想通貨ニュースやお得情報を配信中!

友だち追加

▼当サイトで人気のビットコイン・仮想通貨取引所おすすめランキングはこちら!

超初心者が必ずと言っていいほど初めに登録する仮想通貨取引所!アルトコイン取り扱い数日本一!
国内最安単価8円台の仮想通貨IOSTの取り扱いはコインチェックだけ。IOSTは今年に入り既に10倍以上の価格上昇を見せています。

coincheck-side_banner

多くのアルトコインも板取引で売買できるため、手数料を安く済ませたい!という方は登録しておきたい取引所!
取引所方式での取り扱い銘柄数国内No.1!海外に仮想通貨を送る際にはビットバンクで手数料安くリップル(XRP)を買って、安い送金手数料で送る。という方が多くいます。
大手企業IIJグループが大株主。日本の各業界大手企業(伊藤忠商事や電通グループなど)が出資しているなど大きな信頼があり、安心して利用できる販売所!アプリもシンプルで使いやすく、初心者にはおすすめの販売所です!※ディーカレットは取引所のサービスも開始しました。

インド中央銀行(RBI)は、最高裁判所に仮想通貨規制を要請

インド準備銀行(RBI/インドの中央銀行)が、最高裁判所に対して「仮想通貨規制を強く要請している」と現地報道機関のフィナンシャル・エクスプレスが7月21日に報道しています。

 

インドの仮想通貨規制状況としては、今年4月にインド準備銀行(RBI)が国内銀行の仮想通貨関連取引を禁止することを発表していますが、インドの仮想通貨コミュニティと仮想通貨関連企業は強く反発しており、最高裁判所で争う形となっています。

 

そのため、仮想通貨規制を推し進めているRBIの法律顧問シャーム・ディバン氏は最高裁判所に対して、マネーロンダリングなどのリスクを挙げ、仮想通貨規制が必要であることを強く訴えています。

 

日付インドの仮想通貨規制のトピック
2018年4月RBIが銀行の仮想通貨関連取引を禁止
2018年5月最高裁判所は、インドの仮想通貨関連事業者11社が請求している禁止令の仮差し止め命令を棄却
2018年7月5日RBIが設定した猶予期間3ヶ月が過ぎ、禁止措置が発効
2018年7月19日最高裁判所は、7月20日に予定されていた「仮想通貨禁止に関する最終審問」を9月11日に延期を発表

 

最高裁判所は、今年5月には、現地の仮想通貨関連事業者11社が請求している「RBIの禁止令の仮差し止め命令」について棄却しています。その結果、7月5日にはRBIが設定していた3ヶ月の猶予期間が過ぎ、事実上発効している状況となっています。そんな状況下で、最高裁判所は、RBIの仮想通貨禁止に関する最終裁判所当初予定していた7月20日から9月11日に延期すること発表しています。

 

また、インドの規制当局が仮想通貨をコモディティ分類して、規制や法的枠組みを設計していく計画があると報じられています。

また、インドだけではなく、世界各国の仮想通貨規制状況は「各国の仮想通貨・ICOへの規制状況まとめ」で分かりやすく解説していますので、ぜひ参考にしてください。

参考記事はこちら

LINE@バナー_648_200

 

最初に絶対登録しておきたい!おすすめの仮想通貨取引所

【1位】コインチェック(Coincheck)


超初心者が必ずと言っていいほど初めに登録する仮想通貨取引所!アルトコイン取り扱い数日本一!IOSTやENJなど他の取引所では取り扱いのない通貨も購入できる!

コインチェック

【2位】ビットバンク


多くのアルトコインも板取引で売買できるため、手数料を安く済ませたい!という方は登録しておきたい取引所!

【3位】ディーカレット


大手IT企業IIJグループが大株主の安心感。



 



おすすめの記事