【G20】黒田日銀総裁が仮想通貨に前向きな発言か!

▼当サイトで人気のビットコイン・仮想通貨取引所おすすめランキングはこちら!

超初心者が必ずと言っていいほど初めに登録する仮想通貨取引所!アルトコイン取り扱い数日本一!
国内最安単価8円台の仮想通貨IOSTの取り扱いはコインチェックだけ。IOSTは今年に入り既に10倍以上の価格上昇を見せています。

coincheck-side_banner

多くのアルトコインも板取引で売買できるため、手数料を安く済ませたい!という方は登録しておきたい取引所!
取引所方式での取り扱い銘柄数国内No.1!海外に仮想通貨を送る際にはビットバンクで手数料安くリップル(XRP)を買って、安い送金手数料で送る。という方が多くいます。
大手企業IIJグループが大株主。日本の各業界大手企業(伊藤忠商事や電通グループなど)が出資しているなど大きな信頼があり、安心して利用できる販売所!アプリもシンプルで使いやすく、初心者にはおすすめの販売所です!※ディーカレットは取引所のサービスも開始しました。

黒田日銀総裁が記者団にコメント

G20が開催されているアルゼンチンのブエノスアイレスで、黒田日銀総裁は、仮想通貨に対して以下のようなコメントをしたことが報じれています。

 

①仮想通貨という新しい技術が金融に良い影響を与える可能性がある

②一方で投資家保護やマネーロンダリングの対策は必要

③中国人民銀行の易綱次期総裁は、仮想通貨をよく理解している

 

G20開催前は、仮想通貨への世界的な規制が制定される可能性が指摘され、価格が大幅に下落していましたが、FSBが仮想通貨規制への各国の呼びかけを拒否したり、黒田総裁が前向きな発言をしたことで、価格は反発しています。

 

今回のG20で仮想通貨に追加規制は行われないことが現時点では予測されていますが、黒田総裁が述べたように、今後「投資家保護」、「マネーロンダリングの対策」は各国で確実に進んでいくでしょう。

 

日本でもコインチェックが、マネーロンダリングに使用されるという指摘が幾度となくあった匿名通貨の取り扱いを廃止する方向性で検討するなど、事業者にも動きが出てきています。

 

コインチェックの匿名通貨廃止については、【コインチェック(Coincheck)が3種類の匿名通貨の取り扱いを中止の方向へ】で詳しく紹介していますので、こちらも参考にしていただければと思います。

 

 

 黒田日銀総裁:仮想通貨、消費者保護が重要-金融にプラスの可能性も
参考記事はこちら

▼CoinMedia編集部おすすめ!初心者必読の記事はこちら!

 

最初に絶対登録しておきたい!おすすめの仮想通貨取引所

【1位】コインチェック(Coincheck)


超初心者が必ずと言っていいほど初めに登録する仮想通貨取引所!アルトコイン取り扱い数日本一!IOSTやENJなど他の取引所では取り扱いのない通貨も購入できる!

コインチェック

【2位】ビットバンク


多くのアルトコインも板取引で売買できるため、手数料を安く済ませたい!という方は登録しておきたい取引所!

【3位】ディーカレット


大手IT企業IIJグループが大株主の安心感。



 



おすすめの記事