今話題の取引所Bitgetとは?利用するメリットを解説!

▼当サイトで人気のビットコイン・仮想通貨取引所おすすめランキングはこちら!

超初心者が必ずと言っていいほど初めに登録する仮想通貨取引所!アルトコイン取り扱い数日本一!
国内最安単価8円台の仮想通貨IOSTの取り扱いはコインチェックだけ。IOSTは今年に入り既に10倍以上の価格上昇を見せています。

coincheck-side_banner

多くのアルトコインも板取引で売買できるため、手数料を安く済ませたい!という方は登録しておきたい取引所!
取引所方式での取り扱い銘柄数国内No.1!海外に仮想通貨を送る際にはビットバンクで手数料安くリップル(XRP)を買って、安い送金手数料で送る。という方が多くいます。
大手企業IIJグループが大株主。日本の各業界大手企業(伊藤忠商事や電通グループなど)が出資しているなど大きな信頼があり、安心して利用できる販売所!アプリもシンプルで使いやすく、初心者にはおすすめの販売所です!※ディーカレットは取引所のサービスも開始しました。

仮想通貨のデリバティブ取引やコピートレードなどを扱う仮想通貨取引所として、日本でも話題になりつつあるのがBitgetです。

 

しかし、他のBinanceやFTXなどでもデリバティブ取引は提供されており、Bitget独自の魅力が分からないという方も少なくないでしょう。

 

この記事では、Bitgetのメリット・魅力という点にフォーカスして、Bitgetの概要から各特徴を詳しく解説しています。

 

Bitgetの概要

 

Bitgetは、2018年に設立された比較的新しい仮想通貨取引所です。

 

日本の登録を受けておらず、シンガポールに拠点を置いていることから、海外仮想通貨取引所に分類されています。

 

記事執筆時点で、デリバティブにおける取引量世界TOP10にランクインしており、世界中に利用者を抱えています。

 

また、取引などに利用できる独自のBGBという仮想通貨も提供しており、BitgetでBGBを用いると手数料の割引や取引量に応じて貰える賞金などの還元を受けることが可能です。

 

コピートレードやデリバティブなどといった商品から、日本でも人気が出てきており、現在注目したい取引所の1つです。

 

Bitgetのメリット

 

ここからは、Bitgetを利用するメリットをご紹介します。Bitgetならではの特徴がわからないという方は、ぜひ参考にしてみてください。

 

デリバティブに強い

 

Bitgetは、デリバティブに強いのが特徴になっています。

 

Bitgetでは、2つのデリバティブ取引を提供しており、Bitget内で「USDT契約」「インバース契約」と表記されているものが、Bitgetが提供しているデリバティブ取引にあたります。

 

USDT契約は、米ドルのステーブルコイン「USDT」を証拠金として用いるデリバティブ取引で、利用できる証拠金はUSDTのみですが、インバース契約と比較すると、多数の銘柄を取引可能です。

 

一方のインバース契約は、「BTC」・「ETH」・「XRP」・「USDC」・「BGB」など、複数の仮想通貨を証拠金として利用可能です。

 

しかし、インバース契約ではUSDTと比べると取引可能な銘柄が少なく、多種多様な仮想通貨を取引したいという方には向きません。

 

また、Bitgetのデリバティブ取引では取引方法が複数展開されているのも特徴的です。

 

Bitgetでは現物取引も提供していますが、他の仮想通貨取引所と比較してそれほど大きな特徴を持っているわけではありません。

 

このことから、Bitgetを利用する多くの方が、デリバティブ取引を主に利用することになるでしょう。

 

証拠金管理が便利

 

Bitgetは、証拠金周りの管理における利便性が高いです。

 

Bitgetのインバース契約では、前述した複数の仮想通貨を用いて、複数の銘柄を取引することが可能です。

 

仮想通貨のデリバティブ取引においては、特定の仮想通貨を証拠金として用いるように指定されているケースや、複数の仮想通貨を証拠金として同時に用いることができないケースが少なくありません。

 

一方で、Bitgetのインバース契約では、証拠金と扱う通貨ペアに関しての柔軟性が高いため、一般的に必要になりがちな口座間の振替や仮想通貨換金(現物でのスワップ)をできるだけ避けることが可能です。

 

このことから、証拠金周りの煩わしさが少ないというのが、大きなメリットに挙げられるでしょう。

 

コピートレード

 

Bitgetの大きなメリットの1つになっているのが、コピートレードです。

 

これはBitgetが持つ独自の機能となっているため、詳しくチェックしていきましょう。

 

コピートレードとは

 

コピートレードとは、その名の通り他のトレーダーの取引をコピーすることで、資金さえ預けておけば、放置しておくだけでも利益を得られるというサービスです。

 

Bitget内では、トレードをコピーする人を「フォロワー」と呼んでおり、トレーダーはフォロワーの資金で利益を発生させた場合に、10%の手数料を得ることが可能です。

 

コピートレード自体は昔から存在するものですが、仮想通貨取引においては利用できる取引所が無く、Bitget独自の機能となっています。

 

忙しくて取引を行う時間が無いという方や、初心者で取引に自信が無いという方におすすめの機能となっています。

 

トレーダーになることも可能

 

Bitgetでは、KYCを済ませている(本人確認)・BGB購入などの条件はあるものの、条件をクリアするとフォローされるトレーダー側になることも可能です。

 

前述の通り、利益あたり10%の手数料を得ることが可能となっていることから、トレーダーサイドに回ることで、自己資金の利益プラスαで手数料からの利益も出せます。

 

Bitget内で、トレーダーの成績は公開されるため、安定した成績のトレーダーには多くのフォロワーが付きやすくなっています。

 

トレードに自信がある方は、挑戦してみても良いでしょう。

 

枠の制限に注意

 

Bitgetの大きな特徴となっているコピートレードですが、枠の制限に注意が必要です。

 

Bitgetでは1人のトレーダーあたりにフォロワーの上限があり、トレーダーのBitget内口座の資金に応じて、75人~225人といった上限が設定されます。

 

収益が高いトレーダーや人気のトレーダーは基本的にすぐに枠が埋まってしまうことが多いです。

 

気になるトレーダーの枠が空いた場合は、できるだけ早くフォローしておいた方が良いでしょう。

 

操作方法が分かりやすい

 

Bitgetは、他の仮想通貨取引所と比較しても、操作方法が分かりやすいように工夫されています。

 

全体的に画面(UI)がシンプルで使いやすいのはもちろん、Bitgetでは初心者向けに多数の動画コンテンツを提供しています。

 

提供されている動画コンテンツは、新規登録・振替・トレード・コピートレードなどの手順を中心に多岐にわたっています。

 

海外仮想通貨取引所の中には、言語・機能の多さ・UIなどの観点から、操作方法が分かりにくいというケースが多いですが、Bitgetにおいてはそのような心配は必要ありません。

 

仮想通貨のデリバティブを初めて利用するといった方であっても、安心して利用できるでしょう。

 

信頼性が高い

 

仮想通貨取引所の信頼性・セキュリティ周りの安全性は、非常に重視したいポイントの1つです。

 

ここでは、Bitgetの信頼性やセキュリティに関するポイントをチェックしていきましょう。

 

まず、前提としてBitgetは、アメリカ・カナダのMSBというライセンスを保有しており、オーストラリアのDCEというライセンスも保有しています。

 

また、セキュリティ評価のプラットフォームであるCER(Cybersecurity rating)からも高い評価を得ています。

 

このような取り組みに加えて、Bitgetはセキュリティに関する問題を報告することで、報奨金が貰える制度なども実施しており、積極的にセキュリティ問題に取り組んでいる姿勢が見られると言えるでしょう。

 

BinanceやFTXなどと比較すると知名度はまだまだ低いものの、安心して利用できる仮想通貨取引所になっています。

 

まとめ

 

この記事では、Bitgetのメリットにフォーカスを当てて、解説しました。

 

Bitgetは、比較的新しい取引所でありながら、コピートレードなど他の取引所にはない独自の特徴も持っており、今後注目したい取引所の1つです。

 

少しでも興味が出たというかたは、まずは口座開設から行って見ましょう。

 

 

Bitgetの口座開設方法に迷った方やコピートレードについてもっと詳しく知りたい方は、以下の記事を参考にしてみると良いでしょう。

 

 

 

記事の監修者

中島翔

中島 翔

学生時代にFX、先物、オプショントレーディングを経験し、FXをメインに4年間投資に没頭。その後は金融業界のマーケット部門業務を目指し、2年間で証券アナリスト資格を取得。あおぞら銀行では、MBS(Morgage Backed Securites)投資業務及び外貨のマネーマネジメント業務に従事。さらに、三菱UFJモルガンスタンレー証券へ転職し、外国為替のスポット、フォワードトレーディング及び、クレジットトレーディングに従事。その後国内大手仮想通貨取引所Coincheckでトレーディング業務、新規事業開発に携わり、NYのブロックチェーン関連のVCを経てCWC株式会社を設立。証券アナリスト資格保有 。

Twitter : @sweetstrader3 / Instagram : @fukuokasho12

▼CoinMedia編集部おすすめ!初心者必読の記事はこちら!

 

最初に絶対登録しておきたい!おすすめの仮想通貨取引所

【1位】コインチェック(Coincheck)


超初心者が必ずと言っていいほど初めに登録する仮想通貨取引所!アルトコイン取り扱い数日本一!IOSTやENJなど他の取引所では取り扱いのない通貨も購入できる!

コインチェック

【2位】ビットバンク


多くのアルトコインも板取引で売買できるため、手数料を安く済ませたい!という方は登録しておきたい取引所!

【3位】ディーカレット


大手IT企業IIJグループが大株主の安心感。



 



おすすめの記事