公式LINE@始めました!最近の仮想通貨ニュースやICO情報を配信中!

友だち追加

▼当サイトで人気のビットコイン・仮想通貨取引所おすすめランキングはこちら!

東証一部上場企業マネックスグループの下新体制で動き出した超初心者向け仮想通貨取引所!
LISKやFACTOMなど他の取引所では取り扱いのない通貨も購入できる!

コインチェックサイドバナー

現在口座開設で1,000円、さらにレバレッジ取引で5,000円相当もらえるキャンペーン中!
大手企業IIJグループが運営、伊藤忠や電通も出資!満を持してオープンした国内取引所。取引手数料無料!
仮想通貨取引量国内No.1・セキュリティ国内No.1かつ取引手数料が無料!
リップルやイーサリアムなどのアルトコインの手数料が無料!
人気銘柄リップルの購入ができる!
一部上場企業GMOインターネットのグループ会社が運営。キャンペーンを頻繁に開催!アプリ『びっとれ君』も大人気。



仮想通貨Ontology(オントロジー/ONT)とは?

Ontology(オントロジー/ONT)は2014年創業の中国企業Onchainが発行する仮想通貨です。同社のCEO(最高経営責任者)はNEOの創業者でもあるDa hongfei氏が務めており、OntologyはNEOのブロックチェーンをベースに構築されています。

 

NEOのブロックチェーンをベースとした通貨は他にも存在し、Red Pulse(レッドパルス/RPX)などが有名です。これらの通貨はまとめて「Nep5トークン」と呼ばれています。

 

Ontologyの目的は、ブロックチェーンと企業を繋ぐプラットフォームを提供することです。そしてこれを分散型にして行う事で、処理や通信を高速化させたり、コストを削減したりする事が可能になっています。

 

Ontologyは、2018年3月に世界最大級の取引所であるBinance(バイナンス)にも上場しており、今注目を集めている通貨です。

Ontology(オントロジー/ONT)の特徴や仕組み

高性能なパブリックチェーン

先ほども説明したように、Ontologyは企業に向けてブロックチェーン導入を支援するプラットフォームを提供しています。Ontologyのブロックチェーン自体が信頼性の高いシステムであるため、企業はそれを利用する事で簡単にブロックチェーンを導入する事が可能になります。

 

そして、安全性や手軽さの他にも高機能である点も特徴であり、Ontologyのパブリックチェーンは、従来の分散型台帳システムとスマートコントラクトを組み合わせているため、異なるチェーン同士の情報共有や管理が簡単に行えます。

 

さらに、ユーザーは異なるプロトコルを持つブロックチェーンとの互換性を持たせる事もでき、カスタマイズの幅も非常に広く設計されています。

 

また、企業が実際にOntologyを使う際は分散型であるため、集中的かつ大規模なデータセンターを必要としません。さらに、それぞれのデータも転送の際には所有者からの承認を得てから行われるため、プライバシー保護の観点でも優れています。そして、スマートコントラクトも搭載されているので、契約や商品の追跡管理などにも利用することができます。

2018年6月30日にメインネット公開

Ontologyは2018年6月30日にメインネットを公開しました。これは従来のOntologyの規格とは全く異なるもので、完全に新しい通貨に生まれかわったという事になります。

 

従来のOntologyはNEOのブロックチェーンをベースに構築されていましたが、新たなメインネットでは独自のブロックチェーンに基づいています。そして、メインネット公開と同時に新たなウォレットもリリースされました。

利用可能な言語が豊富

Ontologyは、NEOと同じく、開発者に馴染みが深い言語であるPythonやJavaなどを使って開発を行うことができます。

 

イーサリアムのように、開発言語が開発者の数が少ない特定のものに限られている場合、開発者の確保という面で課題が生まれることになりますが、Ontologyは開発者の確保の面では、課題が生まれることはないと言えるでしょう。

Ontology(オントロジー/ONT)の将来性、今後の価格

NEOの価格に連動する傾向がある

OntologyはNEOからエアドロップした通貨であり、先述のようにお互いの関係も深いものとなっています。NEOは最近注目されているDAG通貨の一つでもあり、そこから派生したOntologyも注目されています。

 

OntologyはICOを行なっておらず、期間内にニュースレターに登録した投資家にのみ1,000ONTがエアドロップされました。その後今年3月にNEOホルダーに対してもONTのエアドロップが行われています。また、NEOの評議会はONTの総供給量の10%を保有している事も明らかになっており、両者の関係性の深さが伺えます。

 

NEOは技術的な基盤の提供、ONTはクライアントへのサービス提供を展開という分担された役割をそれぞれ持っており、お互いにサポートしあう関係であるため、2つの通貨は価格変動も連動しやすい傾向にあります。そのため、どちらかを保有している方はもう片方もこまめにチェックしておく事をオススメします。

Ontology(オントロジー/ONT)の購入におすすめの取引所

Ontologyは国内取引所では取り扱いがないため、Binanceなどの海外取引所で購入をすることになります。

Binance(バイナンス)

binance(バイナンス)のロゴ画像

マルタ共和国に拠点を置く世界最大級の取引所であるBinanceは、Ontologyの取引量が最も多い取引所になっています。また、手数料も0.1%と格安になっており、お得にOntologyを購入することができます。

 

Binanceの登録で分からないことがあったら【Binance(バイナンス)の口座開設、登録、本人確認、二段階認証のやり方】を参考にしてください。

 

また、Binance以外にも、HuobiBit-ZOKExなどでもONTを購入することができます。

Ontology(オントロジー/ONT)の買い方や購入方法

ONTは現状海外取引所でしか取り扱いがないため、購入の際には国内の取引所でビットコイン(BTC)イーサリアム(ETH)を購入して海外の取引所に送金して、購入する必要があります。

 

BinanceでONTを購入する際の具体的な手順は以下のようになります。

 

  • 国内の取引所でビットコイン(BTC)もしくはイーサリアム(ETH)を購入する
  • 購入した通貨をBinanceに送金する
  • 送金した通貨でONTを購入する

 

また、Ontology以外におすすめの仮想通貨について知りたい方は、【仮想通貨おすすめランキング!人気銘柄を時価総額・将来性で比較!】を参考にしてください。

コインメディアのLINE@のミドルバナー②

 

最初に絶対登録しておきたい!おすすめの仮想通貨取引所

【急上昇!】コインチェック(coincheck)


東証一部上場企業マネックスグループの下新体制で動き出した超初心者向け仮想通貨取引所!LISKやFACTOMなど他の取引所では取り扱いのない通貨も購入できる!

コインチェック

【1位】ディーカレット


現在口座開設で1,000円、さらにレバレッジ取引で5,000円相当もらえるキャンペーン中! 大手企業IIJグループが運営の安心感。取引手数料無料!

ディーカレット

【2位】ビットバンク


ビットコイン、アルトコインの取引手数料が無料!中級者以上に人気の取引所!

【3位】GMOコイン


一部上場企業GMOインターネットグループのグループ会社で安心・安全!販売所形式で初心者でも簡単にリップルなどの人気銘柄の売買ができる!



おすすめの記事