公式LINE@始めました!最近の仮想通貨ニュースやICO情報を配信中!

友だち追加

▼当サイトで人気のビットコイン・仮想通貨取引所おすすめランキングはこちら!

東証一部上場企業マネックスグループの下新体制で動き出した超初心者向け仮想通貨取引所!
LISKやFACTOMなど他の取引所では取り扱いのない通貨も購入できる!

コインチェックサイドバナー

現在口座開設で5,500円相当もらえるキャンペーン中!
大手企業IIJグループが運営、伊藤忠や電通も出資!満を持してオープンした国内取引所。取引手数料無料!
仮想通貨取引量国内No.1・セキュリティ国内No.1かつ取引手数料が無料!
リップルやイーサリアムなどのアルトコインの手数料が無料!
人気銘柄リップルの購入ができる!
一部上場企業GMOインターネットのグループ会社が運営。キャンペーンを頻繁に開催!アプリ『びっとれ君』も大人気。



ライデンネットワーク(Raiden Network)とは?

ライデンネットワーク(Raiden Network)とは、イーサリアムブロックチェーンのスケーラビリティ問題の解決を目的としたプロジェクトで、イーサリアムERC20トークンに対応しています。このプロジェクトはオープンソースとなっており、誰でも変更や修正、配布等が可能になっています。

 

また、2017年にICOを行い、仮想通貨RDNが発行されました。ICOは売り手が最初に高値を付けて徐々に値段を下げていく「ダッチオークション」という形式で行われ、これにより安値での買い占めが起こらず、多くの投資家にRDNが分配されました。ICO後、RDNは取引所に上場していない為現在は入手する事ができません。

ライデンネットワーク(Raiden Network)の仕組み

ライデンネットワークの仕組みは、ビットコインのライトニングネットワークと基本的に同じです。オフチェーン(ブロックチェーン以外)で取引を処理する事でブロック生成を待たなくてもよくなり、安価な手数料で高速な処理が行われるようになります。また、手数料が安価になるのでマイクロペイメント(1円以下での決済)が可能になります。

 

ライデンネットワークではバランス・プルーフ(balance proofs)というシステムが使われています。これは、始めに2者がオンチェーンで通貨やトークンをデポジット(貯金)し、そのデポジットの分だけオフチェーンでやり取りをできるという技術です。

 

2者間はP2Pネットワークで繋がれ、取引の過程は全てオフチェーンで処理をして最終的な結果だけをオンチェーンに記録します。このやり取りはデジタル署名とHTLC(Hashed Timelock Contracts)という特殊な暗号化技術によって安全に行われます。

ライデンネットワークに関するプロジェクト

ライデンネットワークに関するプロジェクトは他にもいくつかありますので、以下で紹介していきます。

μRaiden

ライデンネットワークは複数の人が相互に接続して成り立っていますが、μRaidenは多対一で接続しており、送信者から受信者へ一方向の支払いのみができるシステムです。

 

受信者は、送信者が送った金額と自分の残高を確認し、問題が無ければ支払いが成立するようになっています。既に実装されており、仲介者がいないので手数料が無料というメリットがあります。

Raidos

ライデンネットワークはイーサリアムやERC20トークンに限定されていますが、Raidosはスマートコントラクトが使えるチェーンをサイドチェーンとし、イーサリアムの機能を拡張する事が目的です。

 

サイドチェーンで取引の一部を処理する事で、メインチェーンの負担を軽減させる事ができます。Raidosは現在構想段階であり、まだ開発はされていません。

raidEX

ライデンネットワークのオフチェーン技術を利用した分散型取引所です。現在はまだ調整段階ですが、アトミックスワップを実装する予定との事です。

ライデンネットワークのメリット

スケーラビリティ問題を解決できる

ライデンネットワークで取引の過程を処理する事で、イーサリアムブロックチェーンには最終的な結果だけを記録するだけで済みます。これにより負荷を減らす事ができ、スケーラビリティ問題を解決できると考えられています。

ERC20トークンにも対応している

ERC20トークンは規格が統一されていて使いやすいトークンであるので、ICOでも多く使われています。その為種類が多くありますが、それらにも対応しており汎用性が高いです。

 

ERC20について詳しく知りたい方は、【ERC20とは?メリットや代表的なトークン一覧、対応ウォレットをまとめて紹介!】を参考にしてください。

ライデンネットワークのデメリット

他にもイーサリアムのスケーラビリティを解決を目指したプロジェクトが存在する

ライデンネットワーク以外にもイーサリアムのスケーラビリティ問題の解決を目的としたプロジェクトがあり、そのうちの一つにPlasmaがあります。イーサリアムブロックチェーンを親チェーンとして子チェーン(プラズマチェーン)を形成し、そこで取引の一部を処理するというRaidosと似た技術です。

 

ライデンネットワークはまだ実装されていない為、他の技術が実装される可能性があります。ライデンネットワークが実装されなかった場合、分配された仮想通貨RDNの価値が下がってしまう事が懸念されます。

コインメディアのLINE@のミドルバナー②

 

最初に絶対登録しておきたい!おすすめの仮想通貨取引所

【急上昇!】コインチェック(coincheck)


東証一部上場企業マネックスグループの下新体制で動き出した超初心者向け仮想通貨取引所!LISKやFACTOMなど他の取引所では取り扱いのない通貨も購入できる!

コインチェック

【1位】ディーカレット


現在口座開設で5,500円相当もらえるキャンペーン中! 大手企業IIJグループが運営の安心感。取引手数料無料!

ディーカレット

【2位】ビットバンク


ビットコイン、アルトコインの取引手数料が無料!中級者以上に人気の取引所!

【3位】GMOコイン


一部上場企業GMOインターネットグループのグループ会社で安心・安全!販売所形式で初心者でも簡単にリップルなどの人気銘柄の売買ができる!



おすすめの記事