OKExが11月30日に一部トークンの上場廃止を発表予定!

公式LINE@始めました!最近の仮想通貨ニュースやお得情報を配信中!

友だち追加

▼当サイトで人気のビットコイン・仮想通貨取引所おすすめランキングはこちら!

超初心者が必ずと言っていいほど初めに登録する仮想通貨取引所!アルトコイン取り扱い数日本一!
国内最安単価8円台の仮想通貨IOSTの取り扱いはコインチェックだけ。IOSTは今年に入り既に10倍以上の価格上昇を見せています。

coincheck-side_banner

多くのアルトコインも板取引で売買できるため、手数料を安く済ませたい!という方は登録しておきたい取引所!
取引所方式での取り扱い銘柄数国内No.1!海外に仮想通貨を送る際にはビットバンクで手数料安くリップル(XRP)を買って、安い送金手数料で送る。という方が多くいます。
大手企業IIJグループが大株主。日本の各業界大手企業(伊藤忠商事や電通グループなど)が出資しているなど大きな信頼があり、安心して利用できる販売所!アプリもシンプルで使いやすく、初心者にはおすすめの販売所です!※ディーカレットは取引所のサービスも開始しました。

OKExが一部トークンの上場廃止を発表予定

香港を拠点とする大手仮想通貨取引所のOKExは、11月30日に「流動性の乏しさ」を理由に上場廃止する仮想通貨リストを公式サイトにて公開することを発表しました。

 

ユーザーへ「安全な環境下における最高の取引体験」を提供するため、かねてより一部仮想通貨の上場を廃止する考えを示していた同社は、今年10月31日にも一部の仮想通貨ペアの上場廃止を実行していました。

 

10月の上場廃止について詳しく知りたい方は【OKExが50種類以上の通貨ペアの上場廃止を発表!トークン自体の上場は維持】の記事を参考にしてください。

 

今回の上場廃止は11月30日、日本時間13時に正式に実施されます。このリストに挙げられている仮想通貨はDatum、Iconomi、Selfkey、Naga、 Republic Protocol、 Singular DTV等比較的知名度の低いものです。

OKExの今後の上場についてのスタンス

今回の決定についてOKExの本サイトでは「我々は常に全ての上場プロジェクトを厳しく監視しており、我々の基準に満たないプロジェクトに対して、今後も上場廃止または非表示にするという対応をとりつづけるつもりだ」とコメントしています。

 

時価総額が低く、流動性に乏しいアルトコインにとって厳しい状況はこれからも続く様子です。

 

Delisting of Trading Pairs – Third Batch

参考記事はこちら

LINE@バナー_648_200

 

最初に絶対登録しておきたい!おすすめの仮想通貨取引所

【1位】コインチェック(Coincheck)


超初心者が必ずと言っていいほど初めに登録する仮想通貨取引所!アルトコイン取り扱い数日本一!IOSTやENJなど他の取引所では取り扱いのない通貨も購入できる!

コインチェック

【2位】ビットバンク


多くのアルトコインも板取引で売買できるため、手数料を安く済ませたい!という方は登録しておきたい取引所!

【3位】ディーカレット


大手IT企業IIJグループが大株主の安心感。



 



おすすめの記事