Possible Market Storm Approaching

公式LINE@始めました!最近の仮想通貨ニュースやお得情報を配信中!

友だち追加

▼当サイトで人気のビットコイン・仮想通貨取引所おすすめランキングはこちら!

東証一部上場企業マネックスグループの下新体制で動き出した超初心者向け仮想通貨取引所!
LISKやFACTOMなど他の取引所では取り扱いのない通貨も購入できる!

コインチェックサイドバナー

大手企業IIJグループが運営、伊藤忠商事や電通グループも出資!満を持してオープンした国内販売所。取引手数料無料!
仮想通貨取引量国内No.1・セキュリティ国内No.1!
ワンタップで買える販売所のスプレッドが業界最狭クラス!
人気銘柄リップルの購入ができる!
一部上場企業GMOインターネットのグループ会社が運営。キャンペーンを頻繁に開催!アプリ『びっとれ君』も大人気。

大きなボラティリティが迫っている可能性

現在、市場にはいくつもの不確実性が待ち受けています。

 

世界中、特に、米国の財政刺激策。ポリスジョンソン首相の期限を逃した結果ブレグジットの交渉が完全に行き詰まったという報道。数週間後に迫った米国大統領選挙。そして、コロナウイルスのパンデミックの雲が常に漂っています。

 

これらの不確実性はすべて、すべての市場で予測不可能な結果をもたらすため、私たちの仕事は非常に難しいものとなっています。

とはいえ、占い師になろうとするのではなく、今週のOverbit Insightsでは、マクロ的なイメージを整理してみたいと思います。

 

先述したような不確実性を背景に、今日の最初のニュースをお届けします。

 

まず、金融雑誌SeekingAlphaが報じたビットコインと仮想通貨市場の「ミニメルトダウン」の可能性についてです。

私達は最近の記事で、潜在的な新しい強気の市場サイクルに向けてビットコインと仮想通貨のギアアップについて話してきました。

SeekingAlphaによると、上記の不確実性はすべて、差し迫ったボラティリティという1つのことを意味します。

 

著者は、株式市場とビットコインの相関関係を指摘していますが、これは2月下旬以降、ほとんどが連動して動いています。

私達のレポートでも、ビットコインと米ドルの間には密接な相関関係があることを指摘してきました。

 

これらの相関する市場は両方とも、ここ数週間、数か月間は比較的安定しています。しかし、多くのカタリストが間近に迫っているため、ビットコインを含むすべての市場で大規模な動きが迫っていると言っても過言ではありません。

その結果次第では、これらのカタリストのいくつかは、間違いなくクリプトカレンシー市場を上昇させる可能性があります。

 

逆に、それは同様に下降させる可能性もあります。

現時点ではどの市場にも「オールイン」することは避けた方が賢明な判断と言えるでしょう。

 

地平線上には多くのイベントがあり、現時点では、少なくとも短期的には市場を予測することは不可能に近いです。

もちろん、私たちは長期的にはビットコインに強気の姿勢を維持していますが、短期的には、大きな賭けをする前に、今後数週間の間にすべてのものが揺らぐのを待つのがより安全な選択でしょう。

IMFが株式市場の暴落を警告

今日2つ目のトピックは、ボラティリティが迫っているという考え方を補強するものです。

 

国際通貨基金(IMF)の最近の発表によると、もしパンデミックが進行し続ければ、世界的に株式市場が暴落する可能性があるとのことです。

 

IMFのトビアス・エイドリアン金融資本市場部長は10月13日(火)のブログ記事で、「(最近のリプライシングにもかかわらず)株式市場のバリュエーションが上昇している金融市場と、弱い経済活動と不透明な見通しとの間には断絶が続いている」と簡潔に述べています。

 

2020年に向けて市場は大部分が上昇する一方で、日常生活者の経済状況は悪化していることが明らかになっています。

 

エイドリアン氏は以下のように続けました。

「資産価格の急激な調整や定期的なボラティリティ発生のリスクがある」

 

世界市場がどのように絡み合っているかを考えれば、株式市場が暴落すれば、FXから仮想通貨まで、そしてその間にあるすべてのものが反応を引き起こすことになるでしょう。

 

繰り返しになりますが、今の金融市場での最善の動きはリスクオフであることは明らかです。

ETFのトークン化

こうした悲観的な見通しを踏まえて、本日の記事は励ましの言葉で締めくくりたいと思います。

フィナンシャル・タイムズ紙の最近のレポートでは、仮想通貨に対する楽観論が米国証券取引委員会にまで波及しているようです。

 

SECのトップのクレイトン氏は、"ETFのトークン化 "が来ており、"我々はそれを推進すべきであり、それを推進したいと考えている "と述べています。

 

市場は上昇と下降の間で変動しますが、1つの不変性、つまり人間のイノベーションの原動力は変わりません。

Overbit.comがビットコインや仮想通貨のような技術的なブレークスルーの未来に強気であり続ける理由は、ここにあります。

SECの考え方とのこのような進展は、私たちの強気のバイアスを支え、地平線上にあるかもしれない短期的なボラティリティを過去のものにするのに役立ちます。

 

 

リスク警告:信用取引は資本に高レベルのリスクを伴うため、失うことができる金額でのみ取引をすべきです。信用取引はすべてのトレーダーに適しているとは限らないため、関連するリスクを完全に理解していることを確認し、必要に応じて専門的なアドバイスを求めてください。

免責事項:Overbitのウェブサイト、ブログ、ソーシャルメディア、またはその他のプラットフォームのコンテンツは、特定の国や地域、およびその居住者を対象としたものではありません。 Overbitのプラットフォームにアクセスする前に、お住まいの国または地域の該当する規制を確認してください。

LINE@バナー_648_200

 

最初に絶対登録しておきたい!おすすめの仮想通貨取引所

【急上昇!】コインチェック(coincheck)


東証一部上場企業マネックスグループの下新体制で動き出した超初心者向け仮想通貨取引所!LISKやFACTOMなど他の取引所では取り扱いのない通貨も購入できる!

コインチェック

【1位】ディーカレット


大手企業IIJグループが運営の安心感。取引手数料無料!



【2位】ビットバンク


仮想通貨取引量国内No.1・セキュリティ国内No.1!中級者以上に人気の取引所!

【3位】GMOコイン


一部上場企業GMOインターネットグループのグループ会社で安心・安全!販売所形式で初心者でも簡単にリップルなどの人気銘柄の売買ができる!



おすすめの記事