金融庁長官が「仮想通貨を過度に抑制することはしない」と発言!

公式LINE@始めました!最近の仮想通貨ニュースやお得情報を配信中!

友だち追加

▼当サイトで人気のビットコイン・仮想通貨取引所おすすめランキングはこちら!

超初心者が必ずと言っていいほど初めに登録する仮想通貨取引所!アルトコイン取り扱い数日本一!
国内最安単価8円台の仮想通貨IOSTの取り扱いはコインチェックだけ。IOSTは今年に入り既に10倍以上の価格上昇を見せています。

coincheck-side_banner

多くのアルトコインも板取引で売買できるため、手数料を安く済ませたい!という方は登録しておきたい取引所!
取引所方式での取り扱い銘柄数国内No.1!海外に仮想通貨を送る際にはビットバンクで手数料安くリップル(XRP)を買って、安い送金手数料で送る。という方が多くいます。
大手企業IIJグループが大株主。日本の各業界大手企業(伊藤忠商事や電通グループなど)が出資しているなど大きな信頼があり、安心して利用できる販売所!アプリもシンプルで使いやすく、初心者にはおすすめの販売所です!※ディーカレットは取引所のサービスも開始しました。

金融庁長官が「仮想通貨を過度に抑制することはしない」と発言!

今年7月に新しく金融庁長官に就任した遠藤俊英長官は「仮想通貨業界を過度に規制を行なうつもりはない。適切な規制の下で成長を望む」とロイターの取材に語りました。仮想通貨取引について、金融庁は消費者の保護と技術革新の促進のバランスを取ることを目指すと述べています。

金融庁長官の遠藤俊英氏の発言
・「仮想通貨業界を過度に規制しない。適切な規制の下で成長を望む」
・今年7月、遠藤俊英氏は金融庁長官に就任したばかり

金融庁は2017年に、一般投資家の保護を行いつつ、仮想通貨・ブロックチェーンの技術革新を促進を目指す「仮想通貨取引」の法的枠組みを制定しました。しかし、2018年1月にCoincheck(コインチェック)の530億円の仮想通貨盗難事件を経て、仮想通貨規制に関する姿勢を一変させています。

 

その後、仮想通貨交換業のみなし業者に対して行われた金融庁の検査では、多くの取引所でユーザーを保護し、マネーロンダリングを防止するための基本的な内部統制が不足していると指摘されています。そして、実際に、一部の取引所に対しては業務改善命令や業務停止命令を発しています。

 

参考記事はこちら

LINE@バナー_648_200

 

最初に絶対登録しておきたい!おすすめの仮想通貨取引所

【1位】コインチェック(Coincheck)


超初心者が必ずと言っていいほど初めに登録する仮想通貨取引所!アルトコイン取り扱い数日本一!IOSTやENJなど他の取引所では取り扱いのない通貨も購入できる!

コインチェック

【2位】ビットバンク


多くのアルトコインも板取引で売買できるため、手数料を安く済ませたい!という方は登録しておきたい取引所!

【3位】ディーカレット


大手IT企業IIJグループが大株主の安心感。



 



おすすめの記事