公式LINE@始めました!最近の仮想通貨ニュースやICO情報を配信中!

友だち追加

▼当サイトで人気のビットコイン・仮想通貨取引所おすすめランキングはこちら!

東証一部上場企業マネックスグループの下新体制で動き出した超初心者向け仮想通貨取引所!
LISKやFACTOMなど他の取引所では取り扱いのない通貨も購入できる!

コインチェックサイドバナー

現在口座開設で1,000円相当もらえるキャンペーン中!
大手企業IIJグループが運営、伊藤忠や電通も出資!満を持してオープンした国内取引所。取引手数料無料!
仮想通貨取引量国内No.1・セキュリティ国内No.1かつ取引手数料が無料!
リップルやイーサリアムなどのアルトコインの手数料が無料!
人気銘柄リップルの購入ができる!
一部上場企業GMOインターネットのグループ会社が運営。キャンペーンを頻繁に開催!アプリ『びっとれ君』も大人気。



イーサリアム(ETH)のGAS高騰の原因はEOS(イーオス)コミュニティが関与している可能性

仮想通貨イーサリアム(ETH)ネットワークのGAS(ガス/手数料)が通常時の約6倍の100Gweiに高騰している問題について、EOS(イオス)コミュニティによる攻撃が原因である可能性をイーサリアムワールドニュースが報じています。

 

分散型アプリケーション(DApps)開発者によると「EOSコミュニティが利用用途のないトークンを大量に新規作成し、イーサリアムのネットワークを攻撃し、GAS(ガス)を高騰させている可能性がある」と指摘しています。

 

EOSがイーサリアムのGASを高騰させる目的として、「EOS(イオス)は7月6日にプラットフォームを発表していて、イーサリアムネットワークのGASを高騰させることで、EOS(イオス)がイーサリアムより優れていると示す狙いがある」と話しています。

EOSがイーサリアムのGAS高騰を引き起こしてると考えられる理由

今月初旬に約50億トークン生成された「IFishYunYu」という全く機能を持たないERC20トークンが1時間あたり50ETH(約250万)という高額なガスで、24時間以上継続的にFCoinを始めとするいくつかの仮想通貨取引所に送金されています。昨日には同トークンによる取引がイーサリアムネットワークの取引量の約40%に達しています。

 

また、「IFishYunYu」を保有しているアドレスには、クラウドファンディングでEOSを大量に受信したことがあるアドレスが存在することが発覚しています。また、同アドレスはイーサリアムネットワークの取引量において約20%を占める同じく無機能トークン「Hashcoin」も大量保有していることが分かっています。

 

また、EOS(イオス)がメインネットを発表する直前まで、イーサリアムのGASは日を追うごとに高騰を続けていました。その後一旦停止し、GASは通常料金に戻っています。しかし、6月25日頃から再度イーサリアムのネットワークの遅延が起き始め、GASが異常上昇が発生しています。

 

これらの事実は、EOSコミュニティが今回のETHネットワークのGAS高騰に関わっている可能性が高いことを示しています。今後どういった展開が考えられるのか非常に気になります。

 

参考記事はこちら

 

コインメディアのLINE@のミドルバナー②

 

最初に絶対登録しておきたい!おすすめの仮想通貨取引所

【急上昇!】コインチェック(coincheck)


東証一部上場企業マネックスグループの下新体制で動き出した超初心者向け仮想通貨取引所!LISKやFACTOMなど他の取引所では取り扱いのない通貨も購入できる!

コインチェック

【1位】ディーカレット


現在口座開設で1,000円相当もらえるキャンペーン中! 大手企業IIJグループが運営の安心感。取引手数料無料!

ディーカレット

【2位】ビットバンク


ビットコイン、アルトコインの取引手数料が無料!中級者以上に人気の取引所!

【3位】GMOコイン


一部上場企業GMOインターネットグループのグループ会社で安心・安全!販売所形式で初心者でも簡単にリップルなどの人気銘柄の売買ができる!



おすすめの記事