リップル(XRP)はすぐに様々な銀行にとってナンバーワンの選択肢になるだろう

公式LINE@始めました!最近の仮想通貨ニュースやお得情報を配信中!

友だち追加

▼当サイトで人気のビットコイン・仮想通貨取引所おすすめランキングはこちら!

超初心者が必ずと言っていいほど初めに登録する仮想通貨取引所!アルトコイン取り扱い数日本一!
国内最安単価8円台の仮想通貨IOSTの取り扱いはコインチェックだけ。IOSTは今年に入り既に10倍以上の価格上昇を見せています。

coincheck-side_banner

多くのアルトコインも板取引で売買できるため、手数料を安く済ませたい!という方は登録しておきたい取引所!
取引所方式での取り扱い銘柄数国内No.1!海外に仮想通貨を送る際にはビットバンクで手数料安くリップル(XRP)を買って、安い送金手数料で送る。という方が多くいます。
大手企業IIJグループが大株主。日本の各業界大手企業(伊藤忠商事や電通グループなど)が出資しているなど大きな信頼があり、安心して利用できる販売所!アプリもシンプルで使いやすく、初心者にはおすすめの販売所です!※ディーカレットは取引所のサービスも開始しました。

リップル(XRP)はすぐに様々な銀行にとってナンバーワンの選択肢になるだろう

火曜日に行われたCNBCとのインタビューで、リップル社のCEOであるBrad Garlinghouse氏は、「多くの銀行が2019年末までに、XRPレジャーを使用することになるため、リップルの未来は明るい」と述べたことが明らかになりました。

 

XRPレジャーは、オープンソースのコードベースで、1秒あたり1,500回以上の取引を行うことができ、XRPを必要とします。

 

また、Money 20/20と呼ばれる別のカンファレンスのインタビューで、同氏はリップルに明確な自信を示し、以下のように述べています。

 

「2019年末までに、xRapidレジャーは世界中の銀行にとって、重要なツールになるでしょう。2019年が終わるまでに、私は数十の銀行がリップルを受け入れると信じています。

 

リップル社が取り組んでいるプロジェクトの1つに、従来の方法と比較して、より速く、透明なクロスボーダーの支払いができることを可能にする、「流動性のソリューションを金融機関に提供する」ということがあります。

 

xRapidはそのうちの1つであり、金融市場に遅れている新興市場などに手を差し伸べようとする金融機関のために開発され、取引をより速く安いものに向上させます。通常、大きな金額を送金する場合、クロスボーダー取引は、2~3日かかることもありますが、xRapidを利用した場合、数分以内に取引が完了することになります。

 

XRPはブリッジ通貨として使用され、一度送金されたお金がXRPに変換され、その後受け手が必要としているあらゆる通貨に変換されることになります。

 

また、リップルの最新情報やその他のニュースについて知りたい方は、【リップル(XRP/Ripple)のニュース、最新情報まとめ】を参考にしていただければと思います。

 

 

 

リップルの関連記事
特徴、仕組みリップル(Ripple/XRP)とは?特徴や仕組み
将来性リップル(XRP)の将来性、今後の価格はいくらまで上がる?
取引所、買い方リップル(XRP)の取引所おすすめランキング!買い方や購入方法
ウォレットリップル(XRP)のおすすめのウォレット!日本語対応や安全性で比較!

 

 

Ripple News Today: Ripple (XRP) Will Soon Become the Number One Cryptocurrency Choice for Various Banks- Brad Garlinghouse – XRP News Today -Thu Jun 28
参考記事はこちら

LINE@バナー_648_200

 

最初に絶対登録しておきたい!おすすめの仮想通貨取引所

【1位】コインチェック(Coincheck)


超初心者が必ずと言っていいほど初めに登録する仮想通貨取引所!アルトコイン取り扱い数日本一!IOSTやENJなど他の取引所では取り扱いのない通貨も購入できる!

コインチェック

【2位】ビットバンク


多くのアルトコインも板取引で売買できるため、手数料を安く済ませたい!という方は登録しておきたい取引所!

【3位】ディーカレット


大手IT企業IIJグループが大株主の安心感。



 



おすすめの記事