モナコイン(MONA)がマイナーによる攻撃を受け、1000万円以上の被害が発生!

公式LINE@始めました!最近の仮想通貨ニュースやお得情報を配信中!

友だち追加

▼当サイトで人気のビットコイン・仮想通貨取引所おすすめランキングはこちら!

超初心者が必ずと言っていいほど初めに登録する仮想通貨取引所!アルトコイン取り扱い数日本一!
国内最安単価8円台の仮想通貨IOSTの取り扱いはコインチェックだけ。IOSTは今年に入り既に10倍以上の価格上昇を見せています。

coincheck-side_banner

多くのアルトコインも板取引で売買できるため、手数料を安く済ませたい!という方は登録しておきたい取引所!
取引所方式での取り扱い銘柄数国内No.1!海外に仮想通貨を送る際にはビットバンクで手数料安くリップル(XRP)を買って、安い送金手数料で送る。という方が多くいます。
大手企業IIJグループが大株主。日本の各業界大手企業(伊藤忠商事や電通グループなど)が出資しているなど大きな信頼があり、安心して利用できる販売所!アプリもシンプルで使いやすく、初心者にはおすすめの販売所です!※ディーカレットは取引所のサービスも開始しました。

モナコイン(MONA)がマイナーによる攻撃を受ける

日本発の仮想通貨として知られる、モナコインが悪意のあるマイナーによる攻撃を受け、ブロックチェーンの巻き戻しが起こり、海外取引所Live Coinで1000万円以上の被害額が出たことが明らかになりました。

 

モナコインは、コンセンサスアルゴリズムにPoW(Proof of Work)を採用しており、最も早く計算を解いたマイナーに報酬が支払われる仕組みになっていました。

 

最も基本的なブロックチェーンの攻撃方法には、悪意のあるマイナーの計算能力(ハッシュパワー)が51%以上を占める「51%攻撃」が知られています。

 

しかし、今回の攻撃は、51%攻撃によるものではなく、「Block withholding attack(Selfish mining )」と呼ばれるものだとされています。

 

Block withholding attackとは、分岐した場合、長い方を正しいものとするというブロックチェーンの特性を悪用したもので、非公開の状態でブロックを掘り進め、長いブロックチェーンができたタイミングで公開し、正しいブロックチェーンであるかのようにする手法になります。

「PoWである以上、承認回数を上げる以外の有効な対応策はない」とされており、今後モナコイン以外にもPoWを採用しており、ハッシュパワーが低いコインは攻撃対象になる可能性があるとされています。

 

2018年5月24日追記:モナコインだけではなく、Vergeやビットコインゴールドなども攻撃を受けたことが明らかになりました。詳細については、【Verge(XVG)が51%攻撃を受ける!175万ドルの被害か!】や【ビットコインゴールド(BTG)が51%攻撃を受け、1,800万ドルを超える被害か!】を参考にしていただければと思います。

国内取引所も対応を発表

今回の攻撃のニュースを受けて、ビットフライヤーやビットバンク、Zaifなどの国内取引所も入金に必要な承認数を上げる対策を行っています。

 

 

 

 

モナコインの関連記事一覧
特徴モナコイン(Monacoin)とは?特徴や仕組み、将来性や今後の価格を解説!
取引所モナコイン(MONA)の取引所おすすめランキング!買い方や購入方法
LINE@バナー_648_200

 

最初に絶対登録しておきたい!おすすめの仮想通貨取引所

【1位】コインチェック(Coincheck)


超初心者が必ずと言っていいほど初めに登録する仮想通貨取引所!アルトコイン取り扱い数日本一!IOSTやENJなど他の取引所では取り扱いのない通貨も購入できる!

コインチェック

【2位】ビットバンク


多くのアルトコインも板取引で売買できるため、手数料を安く済ませたい!という方は登録しておきたい取引所!

【3位】ディーカレット


大手IT企業IIJグループが大株主の安心感。



 



おすすめの記事