binance

公式LINE@始めました!最近の仮想通貨ニュースやお得情報を配信中!

友だち追加

▼当サイトで人気のビットコイン・仮想通貨取引所おすすめランキングはこちら!

東証一部上場企業マネックスグループの下新体制で動き出した超初心者向け仮想通貨取引所!
LISKやFACTOMなど他の取引所では取り扱いのない通貨も購入できる!

コインチェックサイドバナー

大手企業IIJグループが運営、伊藤忠や電通も出資!満を持してオープンした国内販売所。取引手数料無料!
仮想通貨取引量国内No.1・セキュリティ国内No.1かつ取引手数料が無料!
リップルやイーサリアムなどのアルトコインの手数料が無料!
人気銘柄リップルの購入ができる!
一部上場企業GMOインターネットのグループ会社が運営。キャンペーンを頻繁に開催!アプリ『びっとれ君』も大人気。

Binance(バイナンス)が本拠地をマルタに移転!

世界最大の取引量を誇る中国の三大取引所の1つBinance(バイナンス)は本拠地をマルタに移転することを発表しています。バイナンスは日本、中国、香港の3カ国から取引所運営において警告を受けていましたが、政府がブロックチェーンによるイノベーションを後押しする政策を推進しているマルタを次の拠点に選びました。

 

また、Binance(バイナンス)のCEO趙長鵬(通称:CZ)はトロン(TRX)をはじめとするプロジェクトもマルタへ移転させています。

また、2018年4月12日には、同じく中国三大取引所の1つOKExもマルタへの本拠地移転を発表するなど、いまマルタが仮想通貨・ブロックチェーン界隈で非常に注目を集めています。

 

マルタのブロックチェーンを推進する政策

マルタ政府の金融サービス・デジタル経済イノベーション担当政務官のシルビオ・シェンブリ氏は、コインテレグラフの取材に対して下記のように語っています。

「バイナンスの決定は、この業界において私たちが国として、そして政府として提示しているもの、つまり、この場所における法律的な確実性に対して信任を示すものだ。CZとの会談の中で、私は2月にローンチされた政策文書「マルターDLT規制のリーダー」に示された我が国の長期的ビジョンを説明した。私たちは敬遠するのではなく、イノベーションを抑え込まずに業界を規制することでチャンスを解き放ちたいのだ。究極的には、我が国のビジョンはマルタをブロックチェーンの島にすることだ」

マルタ政府が発表している政策文書「マルターDLT規制のリーダー」では、マルタ政府がブロックチェーンのようなイノベーションを敬遠することなく、イノベーションを抑え込むのではなく、業界を適切に規制することで推進していき「マルタをブロックチェーンの島にする」というビジョンを表明しています。

 

こうした政府の積極的な政策により今後も仮想通貨取引所やICOプロジェクトなどがマルタを本拠地に移すうごきが加速する可能性があります。

 

参考記事はこちら

LINE@バナー_648_200

 

最初に絶対登録しておきたい!おすすめの仮想通貨取引所

【急上昇!】コインチェック(coincheck)


東証一部上場企業マネックスグループの下新体制で動き出した超初心者向け仮想通貨取引所!LISKやFACTOMなど他の取引所では取り扱いのない通貨も購入できる!

コインチェック

【1位】ディーカレット


大手企業IIJグループが運営の安心感。取引手数料無料!



【2位】ビットバンク


ビットコイン、アルトコインの取引手数料が無料!中級者以上に人気の取引所!

【3位】GMOコイン


一部上場企業GMOインターネットグループのグループ会社で安心・安全!販売所形式で初心者でも簡単にリップルなどの人気銘柄の売買ができる!



おすすめの記事