米国United Wholesale Mortgage社が住宅ローン支払いのビットコイン支払い受け入れを発表

公式LINE@始めました!最近の仮想通貨ニュースやお得情報を配信中!

友だち追加

▼当サイトで人気のビットコイン・仮想通貨取引所おすすめランキングはこちら!

超初心者が必ずと言っていいほど初めに登録する仮想通貨取引所!アルトコイン取り扱い数日本一!
国内最安単価8円台の仮想通貨IOSTの取り扱いはコインチェックだけ。IOSTは今年に入り既に10倍以上の価格上昇を見せています。

coincheck-side_banner

多くのアルトコインも板取引で売買できるため、手数料を安く済ませたい!という方は登録しておきたい取引所!
取引所方式での取り扱い銘柄数国内No.1!海外に仮想通貨を送る際にはビットバンクで手数料安くリップル(XRP)を買って、安い送金手数料で送る。という方が多くいます。
大手企業IIJグループが大株主。日本の各業界大手企業(伊藤忠商事や電通グループなど)が出資しているなど大きな信頼があり、安心して利用できる販売所!アプリもシンプルで使いやすく、初心者にはおすすめの販売所です!※ディーカレットは取引所のサービスも開始しました。

米国United Wholesale Mortgage社が住宅ローン支払いのビットコイン支払い受け入れを発表

アメリカで2番目に大きい住宅ローン会社がビットコインの支払いを受け入れることになりました。

 

特別目的買収(SPAC)合併により1月に上場したUnited Wholesale Mortgage社は、全米の住宅ローン業界では初となる試みとして、住宅ローン支払いに仮想通貨を受け入れる計画を発表しました。

 

CEOのMat Ishbia氏は、先週月曜日に行われた同社の第2四半期決算報告会で、「我々は実現可能性を評価しており、住宅ローンの支払いに仮想通貨を受け入れるアメリカ初の住宅ローン会社になることを楽しみにしています。うまくいけば第3四半期には国内の誰よりも早く実行できるのではないかと期待しています。私たちはテクノロジーとイノベーションのリーダーです。」と語っています。

 

ミシガン州を拠点とする同社は、ビットコインの取り扱いを開始する意向をCNBCに明らかにしており、イーサリアムやその他の仮想通貨についても調査を進めています。

 

非中央集権的なデジタルマネーへの探求は、米国であらゆる角度から精査されています。1兆ドル規模のインフラ計画には、仮想通貨税規制の見直しが含まれており、ジャネット・イエレン財務長官、ゲーリー・ゲンスラーSEC委員長、ジェローム・パウエルFRB議長などの金融当局者の最近の発言にも注目が集まっています。

 

同社が受け入れた仮想通貨を保有するのか、それとも取引の時点で法定通貨に変換するのかは不明ですが、金融業界がデジタル通貨の新たな入口に立ったことは、ビットコインと仮想通貨の普及にとって大きな一歩となります。

Coinbase社がバランスシートに5億ドルのビットコインを追加。仮想通貨経済圏の実現に一歩前進

Coinbase社は、バランスシートに5億ドルのビットコインを追加し、仮想通貨ポートフォリオに投資することを発表しました。アナリストは一般的に、この決定はCoinbaseのビットコイン市場へのコミットメントを示すものと考えています。

 

同社は先週木曜日に、5億ドルのビットコインをバランスシートに追加し、四半期純利益の10%を仮想通貨ポートフォリオに割り当てると表明しました。

 

MarketsInsider誌によると、みずほのアナリストであるDan Dolev氏は「Coinbaseの運営には仮想通貨が不可欠であるにもかかわらず、同社はいまだに主に法定通貨で運営されており、今回の動きはそれをわずかに変えるものですが、取引所がさらに一歩進んで、顧客の取引コストをドルではなく仮想通貨で請求することを望んでいる。そうすれば、仮想通貨へのコミットメントがさらに高まるでしょう」と述べています。

 

CoinbaseのCFOであるAlesia Haas氏は、金曜日のブログ投稿で以下の通り述べています。

 

「ベンダーや従業員への支払いや会社の現金の投資など、Coinbaseの企業財務活動のほとんどが、法定通貨に大きな比重を置いています。しかしCoinbaseは、仮想通貨の受け入れと実用化を促進することで優れた例を示すことを目指しており、今回の投資はその方向への一歩です。我々は、より多くの仮想通貨を自らの企業の財務慣行に取り入れることで、よりオープンな暗号経済の構築に向けた新たな一歩を踏み出すことができると期待しています。将来的には、より多くの企業がバランスシート上に仮想通貨を保有するようになると考えています。」

 

しかし、Coinbaseのバランスシートに仮想通貨が加わることで、仮想通貨のボラティリティーによるリスクが追加されます。同社の株価は今年初めの上場以来、すでにボラティリティーが高くなっています。

 

仮想通貨取引所オーバービット(OVERBIT)の特徴や登録方法はこちら

 

リスク警告:信用取引は資本に高レベルのリスクを伴うため、失うことができる金額でのみ取引をすべきです。信用取引はすべてのトレーダーに適しているとは限らないため、関連するリスクを完全に理解していることを確認し、必要に応じて専門的なアドバイスを求めてください。

免責事項:Overbitのウェブサイト、ブログ、ソーシャルメディア、またはその他のプラットフォームのコンテンツは、特定の国や地域、およびその居住者を対象としたものではありません。 Overbitのプラットフォームにアクセスする前に、お住まいの国または地域の該当する規制を確認してください。

LINE@バナー_648_200

 

最初に絶対登録しておきたい!おすすめの仮想通貨取引所

【1位】コインチェック(Coincheck)


超初心者が必ずと言っていいほど初めに登録する仮想通貨取引所!アルトコイン取り扱い数日本一!IOSTやENJなど他の取引所では取り扱いのない通貨も購入できる!

コインチェック

【2位】ビットバンク


多くのアルトコインも板取引で売買できるため、手数料を安く済ませたい!という方は登録しておきたい取引所!

【3位】ディーカレット


大手IT企業IIJグループが大株主の安心感。



 



おすすめの記事