アイファンとピンコインのICO詐欺疑惑を受けて、ベトナム首相が仮想通貨法強化!

▼当サイトで人気のビットコイン・仮想通貨取引所おすすめランキングはこちら!

超初心者が必ずと言っていいほど初めに登録する仮想通貨取引所!取り扱い仮想通貨銘柄数日本最大級!

coincheck-side_banner

多くのアルトコインも板取引で売買できるため、手数料を安く済ませたい!という方は登録しておきたい取引所!
取引所方式での取り扱い銘柄数国内No.1!海外に仮想通貨を送る際にはビットバンクで手数料安くリップル(XRP)を買って、安い送金手数料で送る。という方が多くいます。
日本国内では新興の取引所ですが、グローバルでは世界三大暗号資産(仮想通貨)取引所の一つで、信頼性が高い取引所です。IOSTやENJなど、国内では取り扱いの少ない銘柄も販売所形式・取引所形式の両方で売買が可能です。OKBの取り扱いはオーケーコインだけ!

アイファンとピンコインのICO詐欺疑惑を受けて、ベトナムが法規制を強化

ベトナムのグエン・スアン・フック首相は、4月13日に発令の政府指令で、ビットコインその他の仮想通貨関連活動の管理を強化するように国立銀行に対して通達を行いました。また、同時に司法省に対しては、仮想通貨取引、仮想資産の管理に関わる法的枠組みの早期完成を要請しています。

 

政府は仮想通貨に対して、「仮想通貨取引、ICOによる資金調達は、より複雑な方法に進化している」と警戒感を強めており、こういった複雑化された資金調達方法は、国内の社会秩序に対して大きな危険を及ぼす可能性が高いと指摘しています。

ベトナム政府が法規制を強める背景

ベトナム政府が仮想通貨関連の法規制を急ぐ背景には、ベトナムに拠点をおくモダン・テック社が行った2つのICO案件「アイファン(Ifan)」と「ピンコイン(Pincoin)」という2つのICOプロジェクトで、推定3万2000人の投資家から約700億円(15兆ドン)を調達しています。

 

参考記事:ICO詐欺の見分け方と事例【ディールコイン・ジュエルコイン】

 

しかし、その後現金の払い出しが行われなかったため、4月8日には、モダン・テックのホーチミン本社の外でデモが発生しています。これらの被害者の主張が正しいとされれば、仮想通貨業界で発生した最大の詐欺事件となります。また、モダンテック社の責任者にも連絡が取れない状態となっているといった報道もされています。

 

仮想通貨の規制関連のニュースはこちらにまとめています。ぜひ参考にしてください。

各国の仮想通貨・ICOへの規制状況まとめ

▼CoinMedia編集部おすすめ!初心者必読の記事はこちら!

 

最初に絶対登録しておきたい!おすすめの仮想通貨取引所

【1位】コインチェック(Coincheck)


超初心者が必ずと言っていいほど初めに登録する仮想通貨取引所!取り扱い仮想通貨銘柄数日本最大級!

コインチェック

【2位】ビットバンク


多くのアルトコインも板取引で売買できるため、手数料を安く済ませたい!という方は登録しておきたい取引所!

【3位】オーケーコイン・ジャパン

IOSTやENJなど、国内では取り扱いの少ない銘柄も販売所形式・取引所形式の両方で売買が可能です。OKBの取り扱いはオーケーコインだけ!



おすすめの記事