VISAとMastercardが仮想通貨決済市場でも競合

公式LINE@始めました!最近の仮想通貨ニュースやお得情報を配信中!

友だち追加

▼当サイトで人気のビットコイン・仮想通貨取引所おすすめランキングはこちら!

超初心者が必ずと言っていいほど初めに登録する仮想通貨取引所!アルトコイン取り扱い数日本一!
国内最安単価8円台の仮想通貨IOSTの取り扱いはコインチェックだけ。IOSTは今年に入り既に10倍以上の価格上昇を見せています。

coincheck-side_banner

多くのアルトコインも板取引で売買できるため、手数料を安く済ませたい!という方は登録しておきたい取引所!
取引所方式での取り扱い銘柄数国内No.1!海外に仮想通貨を送る際にはビットバンクで手数料安くリップル(XRP)を買って、安い送金手数料で送る。という方が多くいます。
大手企業IIJグループが大株主。日本の各業界大手企業(伊藤忠商事や電通グループなど)が出資しているなど大きな信頼があり、安心して利用できる販売所!アプリもシンプルで使いやすく、初心者にはおすすめの販売所です!※ディーカレットは取引所のサービスも開始しました。

VISAとMastercardが仮想通貨決済市場でも競合

7月7日(水)VISAは、仮想通貨連動カードでの決済額が今年に入ってから半年で10億ドルに達したと発表しました。

発表の中でVisaのCFOであるVasant Prabhu氏はCNBCに対し、以下のように述べています。

 

「仮想通貨の日常的な利用が現在の法定通貨での決済のようになることを
人々は望んでおり、私たちは、仮想通貨をより使いやすく、他の通貨に近いものにするためのエコシステムを構築するために多くのことを行っています。現在仮想通貨にはボラティリティなど、たくさんの問題点がありますが、管理追跡ができることは大きな利点です」

 

Visa社とライバル関係にあるMastercard社が最近行った調査によると、北米の消費者の93%が、来年中にビットコインや、生体認証、非接触、QRコードシステムなどの先進の決済技術を採用する意向を持っています。その報告書では、ミレニアル世代の75%が、仮想通貨についての理解が深まりさえすればすぐにそれを使う。との記載があります。

 

Prabhu氏は「我々のネットワーク上では、仮想通貨取引所で仮想通貨を購入する人々が多く見られ、その数は増え続けています。」とも語っています。

 

今年の夏、Mastercardは、億万長者のキャメロンとタイラー・ウィンクルボスが共同設立したGemini仮想通貨取引所とコラボレーションしたカードを導入します。顧客はこのカードを利用することで、報酬として仮想通貨を得ることができるようになります。

 

一方でVisaは、億万長者のSam Bankman-Fried氏が作成した仮想通貨取引所「FTX」を、仮想通貨を消費者や企業の支出に利用しやすくすることを目的とした「Fintech Fast Track Program」に追加することを発表しました。

 

4月にナスダックに上場したCircle、BlockFi、Coinbaseは、現在のVisaのパートナーであり、カード会員は世界中の7,000万以上の小売店でビットコインウォレットの資金を使うことができます。Visaによれば、仮想通貨連動カードや、生体認証やQRコードなどのその他の新しい決済は、世界で毎年現金や小切手に使われている18兆ドルの支出を破壊する可能性があるとのことです。

イギリスの若年層の約半数が初めての投資先として仮想通貨を選ぶ

イギリスで行われた最新の調査によると、18歳から29歳の若年層の半数弱(合計45%)が、初めての投資先を仮想通貨にしたと答えています。さらに、彼らの半数はブームに乗るために借金したことを率直に認めています。

 

調査によると、彼らの23%が購入資金としてクレジットカードを利用し、17%が学生ローン、16%がその他のローンを利用しています。

 

若年層がクレジットカードや学生ローンなどの借金を使って投資するのは、心配な傾向です。今回の調査では、これらの層がどのコインを好んで使っているかについて、さらに詳しく調べています。ビットコインは圧倒的に人気の高い仮想 通貨で、20%の人が投資活動中にビットコインを購入したことがあると答えています。ビットコインへの関心は、DogeやShibaなどのミームコインの人気と、より多くのステーブルコインが登場するにつれて低下していると言われていたため、少し驚きの結果となりました。

 

また、この調査では、10年という時間軸にズームアウトして、ミレニアル世代が貯蓄をどのように保管することを好んでいるかを調査しています。その結果、現金が20%、僅差で仮想通貨が16%、株式が14%で3位となりました。

 

今回の調査では、仮想通貨を長期的な貯蓄手段として利用している人はごく少数でしたが、「安全資産」と呼ばれるビットコインは依然として圧倒的な存在感を示しています。しかし、仮想通貨市場では、その特徴の一つであるボラティリティを無視することはできません。とはいえ、これらの市場への関心は急増し続けており、英国の若い世代の半数が仮想通貨に肯定的であってもこの事実は何の疑問もありません。

 

仮想通貨取引所オーバービット(OVERBIT)の特徴や登録方法はこちら

 

リスク警告:信用取引は資本に高レベルのリスクを伴うため、失うことができる金額でのみ取引をすべきです。信用取引はすべてのトレーダーに適しているとは限らないため、関連するリスクを完全に理解していることを確認し、必要に応じて専門的なアドバイスを求めてください。

免責事項:Overbitのウェブサイト、ブログ、ソーシャルメディア、またはその他のプラットフォームのコンテンツは、特定の国や地域、およびその居住者を対象としたものではありません。 Overbitのプラットフォームにアクセスする前に、お住まいの国または地域の該当する規制を確認してください。

LINE@バナー_648_200

 

最初に絶対登録しておきたい!おすすめの仮想通貨取引所

【1位】コインチェック(Coincheck)


超初心者が必ずと言っていいほど初めに登録する仮想通貨取引所!アルトコイン取り扱い数日本一!IOSTやENJなど他の取引所では取り扱いのない通貨も購入できる!

コインチェック

【2位】ビットバンク


多くのアルトコインも板取引で売買できるため、手数料を安く済ませたい!という方は登録しておきたい取引所!

【3位】ディーカレット


大手IT企業IIJグループが大株主の安心感。



 



おすすめの記事