仮想通貨市場全体が大幅下落 押し目買いのチャンスか?

▼当サイトで人気のビットコイン・仮想通貨取引所おすすめランキングはこちら!

超初心者が必ずと言っていいほど初めに登録する仮想通貨取引所!アルトコイン取り扱い数日本一!
国内最安単価8円台の仮想通貨IOSTの取り扱いはコインチェックだけ。IOSTは今年に入り既に10倍以上の価格上昇を見せています。

coincheck-side_banner

多くのアルトコインも板取引で売買できるため、手数料を安く済ませたい!という方は登録しておきたい取引所!
取引所方式での取り扱い銘柄数国内No.1!海外に仮想通貨を送る際にはビットバンクで手数料安くリップル(XRP)を買って、安い送金手数料で送る。という方が多くいます。
大手企業IIJグループが大株主。日本の各業界大手企業(伊藤忠商事や電通グループなど)が出資しているなど大きな信頼があり、安心して利用できる販売所!アプリもシンプルで使いやすく、初心者にはおすすめの販売所です!※ディーカレットは取引所のサービスも開始しました。

仮想通貨市場全体が大幅下落 押し目買いのチャンスか?

12月4日(土)ビットコインはマクロ経済への懸念から大幅に下落し、仮想通貨市場全体でおよそ10億ドル相当の売りが発生しました。イーサリアムも10%以上下落しています。

 

仮想通貨分析プラットフォームコインゲッコーが追跡している11,392通貨の時価総額は、15%以上下落して2兆3400億ドルとなり、12月4日の動きで10億ドル以上の清算が積み重なったと報じられています。

 

香港を拠点とする仮想通貨取引所EQONEXの取引所販売責任者であるJustin d'Anethan氏は、仮想通貨市場におけるレバレッジ比率の上昇や、大手投資家がコインをウォレットから取引所に移す様子に注目していたと述べています。

 

「仮想通貨市場のクジラは、コインを取引所に移し、個人トレーダーの強気のバイアスとレバレッジを利用して、価格を押し下げているようだ」とダネサン氏は述べています。

 

今回の暴落は、Coinbase Global CFOのアレシア・ハース氏やFTX TradingのCEOサム・バンクマン・フリード氏など、著名な仮想通貨企業8社の関係者が12月8日に米下院金融サービス委員会で証言を行うのに先立って起こったものです。この公聴会は暗号市場の著名な関係者が米国議会で証言する初めての機会となります。

 

別のサイト「Coinlass」のデータによると、過去24時間で約10億ドル相当の仮想通貨が売却され、その大半が仮想通貨取引所Bitfinexで行われています。

 

また、10月に0.06%のピークを記録した永久先物によるビットコインの保有コストも低下しており、トレーダーがネガティブになっていることを示しています。仮想通貨取引所BitMEXの資金調達率は、11月の大半で0.01パーセントからマイナス0.18パーセントに減少しました。
ここから先の予測はできませんが、d'Anethan氏が言うように現在の「ディスカウント」について楽観的な意見が多いようです。

 

「どちらかというと、これまで乗り遅れたと感じていた多くの投資家にとって、今は押し目買いのチャンスです。テザーがプレミアム価格で買われているのを見ると、人々が仮想通貨空間の中で現金を準備していることを示唆しています」と、仮想通貨市場で最も重要なステーブルコインについてダネサン氏は述べています。

米ドルネットロングポジションは2019年6月中旬以来の高水準に

米ドルを取り巻く最近の市場データと、それが現在の株式やコモディティの動きにどのような影響を与えているかを見てみましょう。

 

金曜日に発表されたロイターの計算と、米国商品先物取引委員会のデータによると、投機家の米ドルのネットロングポジション(ロングポジションの総数)は、2019年6月中旬以来の高水準に達しました。

 

11月30日までの1週間で、ドルのネットロングポジションの金額は239億9,000万ドルで、前週の221億1,000万ドルから上昇しました。この動きにより、ドルのネットロングポジションは2週連続で増加しています。

 

ドル建てのネットロングポジションは、ニュージーランドドル、メキシコペソ、ブラジルレアル、ロシアルーブルのネット契約を含む幅広いドルポジションで、前週の219.64億ドルから、今週は244.35億ドルになりました。

 

伝染性の高いオミクロンコロナウイルスが登場したにもかかわらず、パウエル米連邦準備制度理事会(FRB)議長が週初に積極的な証言を行ったことで、ドルのネットロングが急増しました。

 

先週、ドルインデックスは2020年7月以来の高値を記録した後、少しずつ上昇して週を終えました。ロンドンのラボバンクでFX戦略のディレクターを務めるジェーン・フォーリー氏は、ドルのさらなる上昇は難しいと語っています。

 

仮想通貨では逆のことが確認されたようで、ビットコイン先物のネットショート保有量は前週の160枚から1,691枚に増加し、2019年1月中旬以来の低水準となっています。

 

オミクロン株への懸念は、他の多くのリスク資産と同様にビットコインを直撃しており、投資家は現金に逃げているようです。

 

仮想通貨取引所オーバービット(OVERBIT)の特徴や登録方法はこちら

 

リスク警告:信用取引は資本に高レベルのリスクを伴うため、失うことができる金額でのみ取引をすべきです。信用取引はすべてのトレーダーに適しているとは限らないため、関連するリスクを完全に理解していることを確認し、必要に応じて専門的なアドバイスを求めてください。

免責事項:Overbitのウェブサイト、ブログ、ソーシャルメディア、またはその他のプラットフォームのコンテンツは、特定の国や地域、およびその居住者を対象としたものではありません。 Overbitのプラットフォームにアクセスする前に、お住まいの国または地域の該当する規制を確認してください。

▼CoinMedia編集部おすすめ!初心者必読の記事はこちら!

 

最初に絶対登録しておきたい!おすすめの仮想通貨取引所

【1位】コインチェック(Coincheck)


超初心者が必ずと言っていいほど初めに登録する仮想通貨取引所!アルトコイン取り扱い数日本一!IOSTやENJなど他の取引所では取り扱いのない通貨も購入できる!

コインチェック

【2位】ビットバンク


多くのアルトコインも板取引で売買できるため、手数料を安く済ませたい!という方は登録しておきたい取引所!

【3位】ディーカレット


大手IT企業IIJグループが大株主の安心感。



 



おすすめの記事