G20首脳宣言で「FATF基準に沿って暗号資産を規制」と発表!

公式LINE@始めました!最近の仮想通貨ニュースやお得情報を配信中!

友だち追加

▼当サイトで人気のビットコイン・仮想通貨取引所おすすめランキングはこちら!

超初心者が必ずと言っていいほど初めに登録する仮想通貨取引所!アルトコイン取り扱い数日本一!
国内最安単価8円台の仮想通貨IOSTの取り扱いはコインチェックだけ。IOSTは今年に入り既に10倍以上の価格上昇を見せています。

coincheck-side_banner

多くのアルトコインも板取引で売買できるため、手数料を安く済ませたい!という方は登録しておきたい取引所!
取引所方式での取り扱い銘柄数国内No.1!海外に仮想通貨を送る際にはビットバンクで手数料安くリップル(XRP)を買って、安い送金手数料で送る。という方が多くいます。
大手企業IIJグループが大株主。日本の各業界大手企業(伊藤忠商事や電通グループなど)が出資しているなど大きな信頼があり、安心して利用できる販売所!アプリもシンプルで使いやすく、初心者にはおすすめの販売所です!※ディーカレットは取引所のサービスも開始しました。

G20首脳宣言での発表内容

12月1日アルゼンチンのブエノスアイレスで行われたG20サミットの首脳宣言において、一部仮想通貨に関する内容が言及されました。

 

首脳宣言では「我々はFATF基準に沿って、マネー・ロンダリング対策とテロ資金対策のために暗号資産(仮想通貨)を規制し、必要に応じてその他の対応を検討する」と発言されました。

FATFとは

FATF(Financial Action Task Force)とは、80年代後半にG7がマネーロンダリング対策に設立したOECDの組織であり、2001年以降テロ資金対策もできるよう拡張した政策立案機関です。

 

現状、多国籍企業が行う国際送金は各国の税法上の抜け穴を利用することが可能であり、課税を逃れることができる状態です。これに対しG20では、新たに国際的巨大IT企業を対象とした「デジタル課税」を設置し、マネーロンダリングやテロ資金対策とすることを検討しているとのことです。

一方で、アメリカや中国といった巨大IT企業を抱えている国はあまり積極的ではないと見られています。首脳宣言では詳細について2019年中に検討し、2020年には最終報告を提出するとされているため、来年のG20大阪サミットでも話し合いが行われると見られます。

 

 G20 calls for regulating crypto with FATF standards

参考記事はこちら

LINE@バナー_648_200

 

最初に絶対登録しておきたい!おすすめの仮想通貨取引所

【1位】コインチェック(Coincheck)


超初心者が必ずと言っていいほど初めに登録する仮想通貨取引所!アルトコイン取り扱い数日本一!IOSTやENJなど他の取引所では取り扱いのない通貨も購入できる!

コインチェック

【2位】ビットバンク


多くのアルトコインも板取引で売買できるため、手数料を安く済ませたい!という方は登録しておきたい取引所!

【3位】ディーカレット


大手IT企業IIJグループが大株主の安心感。



 



おすすめの記事