ロシアがICO投資向けエスクロー制度を開始

公式LINE@始めました!最近の仮想通貨ニュースやお得情報を配信中!

友だち追加

▼当サイトで人気のビットコイン・仮想通貨取引所おすすめランキングはこちら!

東証一部上場企業マネックスグループの下新体制で動き出した超初心者向け仮想通貨取引所!
LISKやFACTOMなど他の取引所では取り扱いのない通貨も購入できる!

コインチェックサイドバナー

大手企業IIJグループが運営、伊藤忠商事や電通グループも出資!満を持してオープンした国内販売所。取引手数料無料!
仮想通貨取引量国内No.1・セキュリティ国内No.1!
ワンタップで買える販売所のスプレッドが業界最狭クラス!
人気銘柄リップルの購入ができる!
一部上場企業GMOインターネットのグループ会社が運営。キャンペーンを頻繁に開催!アプリ『びっとれ君』も大人気。

ロシアがICO投資向けのエスクロー制度を開始予定!

ロシアがICOを健全に推進するために、ICO投資における初のエスクロー制度を2018年中に開始する予定だということが分かりました。エスクロー制度は今年3月にも試験運用が開始される予定となっています。

 

「ICOハブ」と呼ばれているこのエスクロー制度は、アメリカにおける不動産取引の決済保全制度によく見られますが、簡潔に説明すると、「買い手」と「売り手」の間にエスクローと呼ばれる第三者を介在させ、「書い手」の不正や詐欺のリスクを最小に抑え、取引の安全性を保証する制度です。

 

このエスクロー制度がICOにおいて、ICO参加者・購入者に保証を与えるような仕組みになるだろうというポジティブな評価が多いようです。

コンサルティング会社ベルインテグレーターのミハイル・ラピン氏はICOプロジェクトのためのエスクロー口座は両方の当事者に保証を与え、交渉決裂や詐欺のリスクを最小にするだろうと語った。

 

しかし、現在ロシア国内には仮想通貨にまつわる法律が無いため、「投資家の権利」を法的に保護するための仕組みに欠けているという課題も残っています。

 

ICOが現状抱える課題に関しては、法規制で解決していく方法、エスクロー制度のような仕組みで解決する方法など解決策は多くあります。

 

最近では、スイスが「スイス金融機関FINMAがICOを健全推進するためのガイドラインを作成」したことで話題になりました。このエスクロー制度が今後ICOという資金調達方法が普及していく過程で、適切な法的な枠組みが形成され、ICOという手法が健全に成長していく一助になると言われています。

 

また、スイスやロシア以外の各国のICOや仮想通貨への規制状況については、【各国の仮想通貨・ICOへの規制状況まとめ】にまとめてありますので、こちらも是非参考にしていただければと思います。

 

 

Coin Media注目の仮想通貨ICO案件
当サイト注目のICO案件は、【2018年仮想通貨ICOおすすめランキング!注目案件を一覧で紹介】に掲載しています。是非参考にしてください。 

 

Russian Blockchain Association To Launch ‘First’ Guarantee System For ICO Funding
参考記事はこちら

LINE@バナー_648_200

 

最初に絶対登録しておきたい!おすすめの仮想通貨取引所

【急上昇!】コインチェック(coincheck)


東証一部上場企業マネックスグループの下新体制で動き出した超初心者向け仮想通貨取引所!LISKやFACTOMなど他の取引所では取り扱いのない通貨も購入できる!

コインチェック

【1位】ディーカレット


大手企業IIJグループが運営の安心感。取引手数料無料!



【2位】ビットバンク


仮想通貨取引量国内No.1・セキュリティ国内No.1!中級者以上に人気の取引所!

【3位】GMOコイン


一部上場企業GMOインターネットグループのグループ会社で安心・安全!販売所形式で初心者でも簡単にリップルなどの人気銘柄の売買ができる!



おすすめの記事