CNBCアナリストが「ビットコイン価格は爆発寸前」とツイートし、話題に!

公式LINE@始めました!最近の仮想通貨ニュースやお得情報を配信中!

友だち追加

▼当サイトで人気のビットコイン・仮想通貨取引所おすすめランキングはこちら!

超初心者が必ずと言っていいほど初めに登録する仮想通貨取引所!アルトコイン取り扱い数日本一!
国内最安単価8円台の仮想通貨IOSTの取り扱いはコインチェックだけ。IOSTは今年に入り既に10倍以上の価格上昇を見せています。

coincheck-side_banner

多くのアルトコインも板取引で売買できるため、手数料を安く済ませたい!という方は登録しておきたい取引所!
取引所方式での取り扱い銘柄数国内No.1!海外に仮想通貨を送る際にはビットバンクで手数料安くリップル(XRP)を買って、安い送金手数料で送る。という方が多くいます。
大手企業IIJグループが大株主。日本の各業界大手企業(伊藤忠商事や電通グループなど)が出資しているなど大きな信頼があり、安心して利用できる販売所!アプリもシンプルで使いやすく、初心者にはおすすめの販売所です!※ディーカレットは取引所のサービスも開始しました。

CNBCアナリストが「ビットコイン価格は爆発寸前」とツイートし、話題に!

仮想通貨アナリストであり、CNBCの仮想通貨取引番組のホストでもあるRan Neuner氏が、「ビットコイン価格は爆発寸前である」と10月7日にツイートし、話題になっています。

 

同氏は、「両親のためにビットコインを買った」ともツイートし、ビットコインの価格が急上昇することに自信を示しています。

 

同氏はビットコイン先物契約の開始の期待によって、昨年の11月から12月までビットコイン価格が6,691ドルから2万ドルまで上昇したという事実を指摘しており、今回の同氏の楽観的な予測は、複数のビットコインETF申請に対して、SECが承認の決定をすることに多いに期待が集まっていることと繋がっているのではないかとされています。

 

また、ビットコインETFは、ビットコインに直接投資する必要がないため、ビットコインがより多くの主流な投資家に届く手助けをすることになり、また、ビットコインETFが規制された取引所に上場した場合、ウォールストリートでビットコイン広く認知させることになるとも指摘されています。

 

今年7月下旬にウィンクルボス兄弟によって申請されたビットコインETFは拒否されており、さらに8月には、3つの異なる申請者からの合計9つのETFも拒否されています。(SECが9つのビットコインETFを拒否!詐欺や相場操作行為への疑念が原因か!

 

しかし、9つのビットコインETFは再審となり、本命とされるCBOEのビットコインETFと共に承認される可能性が残った形になっています。

 

また、ビットコインETFについてさらに詳しく知りたい方は、【ビットコインETFとは?上場承認はいつになるのかを分かりやすく解説!】を参考にしてください。

 

 CNBC’s Ran Neuner Says ‘Bitcoin Is About to Explode,’ Points to Pending ETF Decision
参考記事はこちら

LINE@バナー_648_200

 

最初に絶対登録しておきたい!おすすめの仮想通貨取引所

【1位】コインチェック(Coincheck)


超初心者が必ずと言っていいほど初めに登録する仮想通貨取引所!アルトコイン取り扱い数日本一!IOSTやENJなど他の取引所では取り扱いのない通貨も購入できる!

コインチェック

【2位】ビットバンク


多くのアルトコインも板取引で売買できるため、手数料を安く済ませたい!という方は登録しておきたい取引所!

【3位】ディーカレット


大手IT企業IIJグループが大株主の安心感。



 



おすすめの記事