韓国政府が「仮想通貨取引禁止」「取引所廃止法」などの規制法の制定を否定!

▼当サイトで人気のビットコイン・仮想通貨取引所おすすめランキングはこちら!

超初心者が必ずと言っていいほど初めに登録する仮想通貨取引所!アルトコイン取り扱い数日本一!
国内最安単価8円台の仮想通貨IOSTの取り扱いはコインチェックだけ。IOSTは今年に入り既に10倍以上の価格上昇を見せています。

coincheck-side_banner

多くのアルトコインも板取引で売買できるため、手数料を安く済ませたい!という方は登録しておきたい取引所!
取引所方式での取り扱い銘柄数国内No.1!海外に仮想通貨を送る際にはビットバンクで手数料安くリップル(XRP)を買って、安い送金手数料で送る。という方が多くいます。
大手企業IIJグループが大株主。日本の各業界大手企業(伊藤忠商事や電通グループなど)が出資しているなど大きな信頼があり、安心して利用できる販売所!アプリもシンプルで使いやすく、初心者にはおすすめの販売所です!※ディーカレットは取引所のサービスも開始しました。

韓国政府が現行法での仮想通貨取引の規制を強調!

韓国大統領官邸は「仮想通貨規制反対の請願書」に約29万人が参加したことをうけて、「ブロックチェーン技術を積極育成していく」という政府方針をホン・ナムギ国務調整室長を通して発表しました。

 

韓国では仮想通貨取引に関する規制などの報道が多く「韓国内で仮想通貨取引が禁止されるのでは?」や「韓国の仮想通貨取引所が廃止されるのでは?」という議論が多かったですが、今回の発表では「現行法の範囲内で、仮想通貨の取引を透明化することを最優先課題」と発言したことで、現在検討されている「取引所廃止特別法」を新たに制定する可能性は低いことがわかりました。

 

「投資家保護の観点」や「マネーロンダリングの防止」などの理由で法の整備や規制強化を進めてきましたが、ブロックチェーンの技術に関してはかねてより関心が強いことから、禁止法ではなく「より安全に、より良い仮想通貨市場を築く」の整備が行われるようで、「上半期中にブロックチェーン産業発展基本計画を作って発表する予定」だとしています。

 

 

過去に韓国政府や上層部の発言に関しては、【韓国政府がすべての仮想通貨取引所の閉鎖も検討!規制強化の背景・理由】や【韓国の財務大臣が仮想通貨に前向きな発言「禁止・制限する計画はない」】を参考にしてください。

 

 

 

また、各国の規制状況については、【各国の仮想通貨・ICOへの規制状況まとめ】にまとめてありますので、こちらも是非参考にしていただければと思います。

 

▼CoinMedia編集部おすすめ!初心者必読の記事はこちら!

 

最初に絶対登録しておきたい!おすすめの仮想通貨取引所

【1位】コインチェック(Coincheck)


超初心者が必ずと言っていいほど初めに登録する仮想通貨取引所!アルトコイン取り扱い数日本一!IOSTやENJなど他の取引所では取り扱いのない通貨も購入できる!

コインチェック

【2位】ビットバンク


多くのアルトコインも板取引で売買できるため、手数料を安く済ませたい!という方は登録しておきたい取引所!

【3位】ディーカレット


大手IT企業IIJグループが大株主の安心感。



 



おすすめの記事