Changelly(チェンジリー)とは?評判や口コミ、メリット、デメリットを解説!

▼当サイトで人気のビットコイン・仮想通貨取引所おすすめランキングはこちら!

超初心者が必ずと言っていいほど初めに登録する仮想通貨取引所!アルトコイン取り扱い数日本一!
国内最安単価8円台の仮想通貨IOSTの取り扱いはコインチェックだけ。IOSTは今年に入り既に10倍以上の価格上昇を見せています。

coincheck-side_banner

多くのアルトコインも板取引で売買できるため、手数料を安く済ませたい!という方は登録しておきたい取引所!
取引所方式での取り扱い銘柄数国内No.1!海外に仮想通貨を送る際にはビットバンクで手数料安くリップル(XRP)を買って、安い送金手数料で送る。という方が多くいます。
大手企業IIJグループが大株主。日本の各業界大手企業(伊藤忠商事や電通グループなど)が出資しているなど大きな信頼があり、安心して利用できる販売所!アプリもシンプルで使いやすく、初心者にはおすすめの販売所です!※ディーカレットは取引所のサービスも開始しました。

Changelly(チェンジリー)とは?

Changellyとは、2013年にサービス開始された、仮想通貨同士を最も良い市場レートで交換することができる「交換所」になります。

 

通常アルトコインを売って、他のアルトコインを購入する場合、一度取引所の基軸通貨(多くの場合、ビットコインやイーサリアム)に交換する必要がありますが、Changellyはこうした手間を省き、基軸通貨を挟まずに、直接アルトコイン同士を交換することができます。

 

項目説明
運営会社MinerGate社
拠点チェコ・プラハ
資本金不明
設立日2013年
代表取締役不明
Changellyの登録方法や使い方については、【Changelly(チェンジリー)の登録方法や使い方を分かりやすく解説!】を参考にしていただければと思います。

Changelly(チェンジリー)の評価

仮想通貨取引所(交換所)を選択する上で、考慮するべき項目はいくつかあるため、それぞれの要素について、Changellyの評価をまとめていきます。

 

項目評価・説明
安全性【評価】〇

【説明】

・二段階認証の設定が可能

手数料【評価】〇

【説明】

・0.5%という安い手数料で交換が可能!

・ただし、Binance(0.1%)やHuobi(0.2%)と比較すると、少し手数料が高い

取扱銘柄【評価】◎

【説明】

・70種類以上のアルトコイン同士を交換可能

初心者の使いやすさ【評価】◎

【説明】

・初心者でも簡単に交換が可能で、基軸通貨に変換する手間が省ける

・海外取引所であるが、日本語対応済

サーバーの強さ【評価】△

【説明】

・混雑時、交換に時間がかかることがある

レバレッジ取引【評価】対応なし

日本語対応【評価】あり

 

上記の表を見ても分かる通り、Changellyは海外取引所ですが、日本語対応しており、変換の手間を省くことができるため、初心者でも使いやすいという特徴があります。

 

ただし、手間を省くことができますが、手数料は大手海外取引所であるBinanceHuobiと比較すると少し高く、混雑時は交換に時間がかかることがあるというデメリットがあります。

Changellyの登録方法や使い方については、【Changelly(チェンジリー)の登録方法や使い方を分かりやすく解説!】を参考にしていただければと思います。

Changelly(チェンジリー)のメリット

基軸通貨を挟まずにアルトコイン同士を交換することができる

Changellyの一番のメリットは、わざわざ基軸通貨に変えることなく、アルトコイン同士を直接交換することができるという点になります。

 

Changellyの仕組みは公式サイトで解説されていますが、LTCをDOGEに変換する場合、通常は以下のようなプロセスを踏むことになります。

①LTCを基軸通貨(BTCなど)に変換
②基軸通貨(BTCなど)をDOGEに変換

しかし、Changellyを利用した場合、「LTCから基軸通貨への交換」と「基軸通貨からDOGEへの交換」をChangellyが変わりにやってくれるため、直接LTCからDOGEに変換することを可能にしています。

 

また、変換は最も良い市場レートを探し出して行ってもらうことができるという利点もあります。

Changelly仕組み

対応銘柄が豊富

Changellyは、以下の70種類以上の銘柄に対応しており、多くのコイン同士を直接交換することができます。

Chagellyの対応通貨一覧
BTC、USD、ETH、ZEC、XRP、ETC、LTC、DOGE、ABYSS、AMP、ANT、ARK、ARN、BAT、BCH、BNB、BNT、BRD、EUR、BTG、CFI、CVC、DCN、DCR、DGB、DNT、EDG、ELF、EXP、GNO、GNT、GUP、HMQ、KMD、LBC、LUN、MAID、MCO、MLN、NAV、NBT、NGC、NMR、NOAH、NXT、PART、PAY、POT、PTOY、QTUM、RCN、REP、RCL、SALT、SNM、STORJ、STR、START、STX、SWT、SYS、TRST、TRX、USDT、VEN、VIB、WAX、XEM、XMO、XVG、ZAP、ZCL、ZEN、ZRX

日本語対応済

Changellyは、海外取引所ですが、日本語対応済であり、英語が苦手な人でも利用することができます。

Changellyの登録方法や使い方については、【Changelly(チェンジリー)の登録方法や使い方を分かりやすく解説!】を参考にしていただければと思います。

Changelly(チェンジリー)のデメリット

手数料が大手海外取引所と比較すると少し高い

Changellyの手数料は0.5%であるため、決して高い訳ではありませんが、他の海外取引所と比較すると、少し高額になっています。

 

特にBinanceは取引手数料が0.1%であり、Changellyの手数料の5分の1で利用することができるため、多少手間がかかっても安い手数料で取引したいと考えている人は、Binanceを利用した方が良いと言えます。

Binanceの登録で分からないことがあったら【Binance(バイナンス)の口座開設、登録、本人確認、二段階認証のやり方】を参考にしてください。

 

交換完了までに時間がかかり、遅いことがある

Changellyは、混雑時などは交換完了するのが遅いという口コミがあります。また、両替に失敗した場合、サポートに問い合わせをすることで対応してもらうことができますが、返信までに時間がかかってしまうこともあるようです。

 

 

Changelly(チェンジリー)の評判や口コミ

やはりChangellyの使いやすさは話題になっています。日本語対応もしている点も評価されています。

利便性に良い評判が目立つ一方、時間がかかることがある点が指摘されています。

この取引所は海外取引所のため、日本円の入金及び日本円での取引ができません。 まずは国内の暗号資産(仮想通貨)取引所で日本円からビットコイン(BTC)などに交換した上で、送金する必要があります。   コインメディアがおススメする国内の暗号資産(仮想通貨)取引所はGMOコインです。   GMOコインから海外取引所への送金方法は【GMOコイン送金方法】を参考にしてください。

記事の監修者

中島翔

中島 翔

学生時代にFX、先物、オプショントレーディングを経験し、FXをメインに4年間投資に没頭。その後は金融業界のマーケット部門業務を目指し、2年間で証券アナリスト資格を取得。あおぞら銀行では、MBS(Morgage Backed Securites)投資業務及び外貨のマネーマネジメント業務に従事。さらに、三菱UFJモルガンスタンレー証券へ転職し、外国為替のスポット、フォワードトレーディング及び、クレジットトレーディングに従事。その後国内大手仮想通貨取引所Coincheckでトレーディング業務、新規事業開発に携わり、NYのブロックチェーン関連のVCを経てCWC株式会社を設立。証券アナリスト資格保有 。

Twitter : @sweetstrader3 / Instagram : @fukuokasho12

▼CoinMedia編集部おすすめ!初心者必読の記事はこちら!

 

最初に絶対登録しておきたい!おすすめの仮想通貨取引所

【1位】コインチェック(Coincheck)


超初心者が必ずと言っていいほど初めに登録する仮想通貨取引所!アルトコイン取り扱い数日本一!IOSTやENJなど他の取引所では取り扱いのない通貨も購入できる!

コインチェック

【2位】ビットバンク


多くのアルトコインも板取引で売買できるため、手数料を安く済ませたい!という方は登録しておきたい取引所!

【3位】ディーカレット


大手IT企業IIJグループが大株主の安心感。



 



おすすめの記事