franceの画像

公式LINE@始めました!最近の仮想通貨ニュースやお得情報を配信中!

友だち追加

▼当サイトで人気のビットコイン・仮想通貨取引所おすすめランキングはこちら!

東証一部上場企業マネックスグループの下新体制で動き出した超初心者向け仮想通貨取引所!
LISKやFactomなど他の取引所では取り扱いのない通貨も購入できる!

coincheck-side_banner

大手企業IIJグループが運営、伊藤忠商事株式会社や株式会社電通グループも出資!満を持してオープンした国内販売所。取引手数料無料!
仮想通貨取引量国内No.1・セキュリティ国内No.1!
ワンタップで買える販売所のスプレッドが業界最狭クラス!
人気銘柄リップルの購入ができる!
一部上場企業GMOインターネットのグループ会社が運営。キャンペーンを頻繁に開催!アプリ『びっとれ君』も大人気。

フランスが仮想通貨規制チームを結成へ!

フランスの財務大臣のBruno Le Maire(ブルーノ・ロメール)氏が仮想通貨を規制するため、経済省および財務省が仮想通貨規制チームを作成した」と発表しました。

 

しかし、仮想通貨規制チームの結成目的を「脱税や資金洗浄、その他の不正使用を抑えるため」であると主張し、秩序を守るための規制は取り入れつつも、仮想通貨を積極的に迎合するような姿勢を示しました。

 

フランスのメディアのコラムの中で、Bruno Le Marie氏は下記のように述べています。

 「規制がなければ、消費者も起業家も取引や投資を行うこともできず、またビジネスを発展させることも出来ません。これは、フランスだけでなく、他の国でも当てはまることです。従って、ブエノスアイレスで行われたG20サミットにて、私はこの展望を国際的パートナー達と共に議論しました。世界の未来を構築する立役者を担うのは、フランスの役割なのです。」

また、スタートアップとICOの可能性に関しての言及もしています。

 「革命は徐々に進んでおり、ビットコインはその先駆けに過ぎません。ブロックチェーンは、”トークン”を使用して資金調達を行うICOのように、スタートアップにも新しい可能性をもたらすことが可能です。」

 

フランスの仮想通貨規制は、投資家・消費者・起業家の保護が目的であり、国家における「不都合さ」が理由ではありません。むしろ、ブロックチェーンの技術への関心も高く、ICOはスタートアップの発展の一翼を担うと評価しています。

 

このように、投資家・消費者・起業家の保護を進める目的での仮想通貨規制、つまり可能性を狭める規制ではなく、技術の発展を目的とした規制は、今後も多くの国で実施される可能性が高く、必要不可欠なものであると言えるでしょう。

 

フランス以外の各国の仮想通貨規制の状況は、【各国の仮想通貨・ICOへの規制状況まとめ】にまとめてありますので、こちらも参考にしてください。

 

 

 France Regulates Cryptocurrencies to Build “The World of Tomorrow”
参考記事はこちら

LINE@バナー_648_200

 

最初に絶対登録しておきたい!おすすめの仮想通貨取引所

【急上昇!】コインチェック(Coincheck)


東証一部上場企業マネックスグループの下新体制で動き出した超初心者向け仮想通貨取引所!LISKやFactomなど他の取引所では取り扱いのない通貨も購入できる!

コインチェック

【1位】ディーカレット


大手企業IIJグループが運営の安心感。取引手数料無料!



【2位】ビットバンク


仮想通貨取引量国内No.1・セキュリティ国内No.1!中級者以上に人気の取引所!

【3位】GMOコイン


一部上場企業GMOインターネットグループのグループ会社で安心・安全!販売所形式で初心者でも簡単にリップルなどの人気銘柄の売買ができる!



おすすめの記事