CMEのビットコイン先物出来高が第1四半期から172%増加!

▼当サイトで人気のビットコイン・仮想通貨取引所おすすめランキングはこちら!

超初心者が必ずと言っていいほど初めに登録する仮想通貨取引所!アルトコイン取り扱い数日本一!
国内最安単価8円台の仮想通貨IOSTの取り扱いはコインチェックだけ。IOSTは今年に入り既に10倍以上の価格上昇を見せています。

coincheck-side_banner

多くのアルトコインも板取引で売買できるため、手数料を安く済ませたい!という方は登録しておきたい取引所!
取引所方式での取り扱い銘柄数国内No.1!海外に仮想通貨を送る際にはビットバンクで手数料安くリップル(XRP)を買って、安い送金手数料で送る。という方が多くいます。
大手企業IIJグループが大株主。日本の各業界大手企業(伊藤忠商事や電通グループなど)が出資しているなど大きな信頼があり、安心して利用できる販売所!アプリもシンプルで使いやすく、初心者にはおすすめの販売所です!※ディーカレットは取引所のサービスも開始しました。

CMEのビットコイン先物出来高が第1四半期から172%増加!

ビットコイン先物取り引きを提供するCMEグループは第3四半期データを公開し、ビットコイン先物の平均出来高が前期比率で約41%上昇し、第1四半期から172%上昇していることをツイッターで発表しました。

 

CMEの幹部Tim McCourt(ティム・マクコート)氏はビットコイン先物の人気増加について「ビットコイン先物市場が順調に伸びている状況について「アジア圏からの非常に強い需要」があり、取り引きの内訳として40%以上はアメリカ国外からとなり、さらに21%がアジア圏からの取引となっている」と言及した。

 

アメリカのビットコイン先物市場では、米国のCME(シカゴ・マーカンタイル取引所)以外にも、シカゴ・オプション取引所(Cboe)で「先物取引」が提供されています。今後、先物取引の出来高が増加していくことで、相場価格影響への影響が大きくなるとされています。とくに、先物期限の満期日が近付くにつれて、機関投資家らが「ポジション解消の大量売買」が行われるため、仮想通貨市場が大きく動きます。今後仮想通貨市場に対するこういった影響力がより強まっていくと考えられます。

参考記事はこちら

LINE@バナー_648_200

 

最初に絶対登録しておきたい!おすすめの仮想通貨取引所

【1位】コインチェック(Coincheck)


超初心者が必ずと言っていいほど初めに登録する仮想通貨取引所!アルトコイン取り扱い数日本一!IOSTやENJなど他の取引所では取り扱いのない通貨も購入できる!

コインチェック

【2位】ビットバンク


多くのアルトコインも板取引で売買できるため、手数料を安く済ませたい!という方は登録しておきたい取引所!

【3位】ディーカレット


大手IT企業IIJグループが大株主の安心感。



 



おすすめの記事