OmiseGoが韓国の大手クレジットカード会社と提携!

公式LINE@始めました!最近の仮想通貨ニュースやお得情報を配信中!

友だち追加

▼当サイトで人気のビットコイン・仮想通貨取引所おすすめランキングはこちら!

超初心者が必ずと言っていいほど初めに登録する仮想通貨取引所!アルトコイン取り扱い数日本一!
国内最安単価8円台の仮想通貨IOSTの取り扱いはコインチェックだけ。IOSTは今年に入り既に10倍以上の価格上昇を見せています。

coincheck-side_banner

多くのアルトコインも板取引で売買できるため、手数料を安く済ませたい!という方は登録しておきたい取引所!
取引所方式での取り扱い銘柄数国内No.1!海外に仮想通貨を送る際にはビットバンクで手数料安くリップル(XRP)を買って、安い送金手数料で送る。という方が多くいます。
大手企業IIJグループが大株主。日本の各業界大手企業(伊藤忠商事や電通グループなど)が出資しているなど大きな信頼があり、安心して利用できる販売所!アプリもシンプルで使いやすく、初心者にはおすすめの販売所です!※ディーカレットは取引所のサービスも開始しました。

OmiseGo(OMG)が韓国の大手クレジットカード会社と提携を発表

OmiseとOmiseGo(オミセゴー)が、韓国の大手クレジットカード会社であるShinhanCardと、MoU(基本合意書)にサインをしたことがプレリリースで発表されました。

 

※時間がなくて記事全文を読むことができないけど、すぐにOmiseGoを購入したい人は、格安な手数料でOmiseGoを購入できる日本でも人気の取引所である、Binanceに登録しましょう。

Binanceの登録で分からないことがあったら【Binance(バイナンス)の口座開設、登録、本人確認、二段階認証のやり方】を参考にしてください。

 

Omiseとは、シンガポール、タイ、日本、インドネシアに拠点を持つ決済ソリューションプラットフォームのことで、OmiseGoは、タイの金融庁やマクドナルドで採用されたことや、ICOで2500万ドルを調達したことでも話題になった仮想通貨になります。

 

さらに詳しいOmiseGoの特徴や将来性については、【OmiseGO(OMG)とは?特徴や仕組み、将来性や今後の価格】を参考にしていただければと思います。

 

 

今回の提携に関して、コインテレグラフの寄稿者であるJoseph Young氏は、ツイッターで以下のように述べています。

 

「Shinhanは、仮想通貨取引所への銀行サービスを提供を開始した、韓国で2番目に大きい銀行です。今回の提携は、OmiseGoやイーサリアムのコミュニティにとっても大きなことです。」

 

Omise側のプレリリースでは、以下のように述べられています。

 

「今回のMoUにより、OmiseGoはさらに東南アジアや日本に広めていくことができます。またそれと同時に、一般公開されているOmiseGoのサーバーやSDKを利用することによって、ShinhanCardのデジタル製品(決済サービスやモバイルアプリなど)を普及させることに貢献することができます。」

 

また、OmiseとOmiseGoの創設者である、長谷川潤氏は以下のように述べています。

 

「OmiseとOmiseGoは、分散型経済を促進するためのプラットフォームを生み出すことを最終的な目標として、グローバルなデジタル決済の改革に向けて動いています。

 

ビジネスの一環として、オンライン上での資産交換が必要な人々が、途切れることなく安定的に、OMGネットワークに接続できるようになることを、我々は望んでいます。」

 

今回提携の発表があったOmiseGoを購入することができる取引所については、【OmiseGO(オミセ・ゴー)のおすすめ取引所ランキング!買い方や購入方法】を参考にしていただければと思います。

 

 

 Omise Signs Agreement With Major South Korean Banking Affiliate In Win For Adoption
参考記事はこちら

LINE@バナー_648_200

 

最初に絶対登録しておきたい!おすすめの仮想通貨取引所

【1位】コインチェック(Coincheck)


超初心者が必ずと言っていいほど初めに登録する仮想通貨取引所!アルトコイン取り扱い数日本一!IOSTやENJなど他の取引所では取り扱いのない通貨も購入できる!

コインチェック

【2位】ビットバンク


多くのアルトコインも板取引で売買できるため、手数料を安く済ませたい!という方は登録しておきたい取引所!

【3位】ディーカレット


大手IT企業IIJグループが大株主の安心感。



 



おすすめの記事