金融庁がコインチェックなど仮想通貨交換業者7社に行政処分を発表!

公式LINE@始めました!最近の仮想通貨ニュースやお得情報を配信中!

友だち追加

▼当サイトで人気のビットコイン・仮想通貨取引所おすすめランキングはこちら!

超初心者が必ずと言っていいほど初めに登録する仮想通貨取引所!アルトコイン取り扱い数日本一!
国内最安単価8円台の仮想通貨IOSTの取り扱いはコインチェックだけ。IOSTは今年に入り既に10倍以上の価格上昇を見せています。

coincheck-side_banner

多くのアルトコインも板取引で売買できるため、手数料を安く済ませたい!という方は登録しておきたい取引所!
取引所方式での取り扱い銘柄数国内No.1!海外に仮想通貨を送る際にはビットバンクで手数料安くリップル(XRP)を買って、安い送金手数料で送る。という方が多くいます。
大手企業IIJグループが大株主。日本の各業界大手企業(伊藤忠商事や電通グループなど)が出資しているなど大きな信頼があり、安心して利用できる販売所!アプリもシンプルで使いやすく、初心者にはおすすめの販売所です!※ディーカレットは取引所のサービスも開始しました。

金融庁が仮想通貨交換業者7社への行政処分を発表

2018年3月8日午前、仮想通貨交換業者2社に「業務停止命令」、5社に「業務改善命令」を発表しました。「FSHO」と「ビットステーション」に関しては同年4月7日まで仮想通貨交換事業に係る全ての業務停止命令を受け、「コインチェック」や「GMOコイン」、Zaifを運営する「テックビューロ」など5社が業務改善命令を受けています。

 

業務停止命令業務改善命令

 

また、2018年1月にNEMの不正送金が起こったコインチェック社は同年2月に業務改善命令が出されているので、今回は2度目の業務改善命令となります。前回の業務改善命令についてはこちらをご参照ください。【金融庁、コインチェック(Coincheck)に対して業務改善命令を発表!

 

前回の業務改善命令では「本事案(NEMの不正出金)の事実関係及び原因の究明」や「顧客への適切な対応」など、不正送金に関する言及が多い印象でしたが、今回の業務改善命令では組織的な内容への言及が多い印象です。

 

  • 経営体制の抜本的な見直し
  • 経営戦略を見直し、顧客保護を徹底
  • 取締役会による各種態勢の整備
  • 取り扱う仮想通貨について、各種リスクの洗出し
  • マネー・ローンダリング及びテロ資金供与に係る対策
  • 現在停止中の取引再開及び新規顧客のアカウント開設に先立ち、各種態勢の抜本的な見直し、実効性の確保

 

上記に関する業務改善計画を同年3月22日までに提出し、業務改善計画の実施完了までの間は1ヶ月毎の進捗・実施状況を翌月10日までに、書面で報告することが決まりました。また8日16時よりコインチェック社は記者会見を開く予定です。

 

なお、1月26日に発生したNEMハッキング被害については、【2018年1月26日、コインチェック(Coincheck)の一連の騒動まとめ】にまとめてありますので、こちらも参考にしてください。

金融庁の報道発表資料

参考記事はこちら

LINE@バナー_648_200

 

最初に絶対登録しておきたい!おすすめの仮想通貨取引所

【1位】コインチェック(Coincheck)


超初心者が必ずと言っていいほど初めに登録する仮想通貨取引所!アルトコイン取り扱い数日本一!IOSTやENJなど他の取引所では取り扱いのない通貨も購入できる!

コインチェック

【2位】ビットバンク


多くのアルトコインも板取引で売買できるため、手数料を安く済ませたい!という方は登録しておきたい取引所!

【3位】ディーカレット


大手IT企業IIJグループが大株主の安心感。



 



おすすめの記事