2018年、機関投資家が仮想通貨市場に参入の可能性が高い

公式LINE@始めました!最近の仮想通貨ニュースやお得情報を配信中!

友だち追加

▼当サイトで人気のビットコイン・仮想通貨取引所おすすめランキングはこちら!

超初心者が必ずと言っていいほど初めに登録する仮想通貨取引所!アルトコイン取り扱い数日本一!
国内最安単価8円台の仮想通貨IOSTの取り扱いはコインチェックだけ。IOSTは今年に入り既に10倍以上の価格上昇を見せています。

coincheck-side_banner

多くのアルトコインも板取引で売買できるため、手数料を安く済ませたい!という方は登録しておきたい取引所!
取引所方式での取り扱い銘柄数国内No.1!海外に仮想通貨を送る際にはビットバンクで手数料安くリップル(XRP)を買って、安い送金手数料で送る。という方が多くいます。
大手企業IIJグループが大株主。日本の各業界大手企業(伊藤忠商事や電通グループなど)が出資しているなど大きな信頼があり、安心して利用できる販売所!アプリもシンプルで使いやすく、初心者にはおすすめの販売所です!※ディーカレットは取引所のサービスも開始しました。

機関投資家の投資が仮想通貨市場に流入する可能性が高い

現在、仮想通貨市場に流入している資金は、個人投資家の資金が大半を占めています。しかし、2018年は、機関投資の莫大な資金がついに暗号通貨市場に流れ込んでくる可能性が高いです。

 

きっかけとなっているのは、「機関投資家の当初予想より強く市場が成長していること」や「ブロックチェーンの技術としての有用性が再認識されている点」などが挙げられます。

増加し続ける個人投資家の投資

2018年の初頭に、中国3大取引所の1つ「Binance(バイナンス)」は、1日で250,000人の新規ユーザー登録があったことを発表しました。

 

その結果、「Binance(バイナンス)」や「BITTREX(ビットレックス)」、「Bitfinex(ビットフィネックス)」などの一部の取引所は、新規の口座登録を一時的に停止して、今後のユーザー増加を見越した「プラットフォームの整備を行なうこと」を発表しました。

 

このように仮想通貨市場に流入する個人投資家の資金は止まる気配がなく、当初の想定を大きく超える「仮想通貨市場の成長」を目の当たりにして、機関投資家はこれまでの仮想通貨市場への見方を大きく転換しています。

JPモルガン・チェースは仮想通貨を再評価

暗号通貨に懐疑的な意見を表明したことで有名なJPモルガン・チェースのCEOのJamie Dimon(ジェームズ・ダイモン)氏は、最近の市場動向を見て「Bitcoinを詐欺」として記述したことについて「誤りだった」と認め、「The Blockchain is real(ブロックチェーンは本物の技術だ。)」認めた上で、仮想通貨の発展へのサポートを表明しました。

 

JPモルガン・チェースのような世界有数の金融機関の大物までもが仮想通貨を正当に評価するようになってきています。

ゴールドマン・サックスはビットコイン商品を提供開始か

昨年10月には、投資大手の「Goldman Sachs(ゴールドマンサックス)」がビットコイン関連投資商品の提供を検討しているとウォール・ストリート・ジャーナル紙が報道しました。この報道に対して、ゴールドマン・サックスの広報は「デジタル通貨に対する顧客の関心に応えて、私たちはこの分野でサービスを提供する最良の方法を模索している。」と回答するなど仮想通貨市場への参入を前向きに検討していることを認めています。

 

さらに、「Morgan Stanley(モルガン・スタンレー)」の推測によると、2017年のヘッジファンドは、暗号関連資産に20億ドル(2,000億円)以上の投資があったと発表するなど、すでに機関投資家の資金が仮想通貨市場に流入し始めていることが分かっています。

機関投資家の参入で仮想通貨市場はさらに伸びる

仮想通貨市場は今後も成長していくことが予想されますが、今後の市場成長の原動力は、個人投資家だけではなく、機関投資家の参入によってもたらされるでしょう。今後さらに、ブロックチェーンのユースケースが増加することで、暗号通貨市場における機関投資家の投資は今後増加していく可能性が非常に高いです。

 

LINE@バナー_648_200

 

最初に絶対登録しておきたい!おすすめの仮想通貨取引所

【1位】コインチェック(Coincheck)


超初心者が必ずと言っていいほど初めに登録する仮想通貨取引所!アルトコイン取り扱い数日本一!IOSTやENJなど他の取引所では取り扱いのない通貨も購入できる!

コインチェック

【2位】ビットバンク


多くのアルトコインも板取引で売買できるため、手数料を安く済ませたい!という方は登録しておきたい取引所!

【3位】ディーカレット


大手IT企業IIJグループが大株主の安心感。



 



おすすめの記事