Brexit is Back on the Horizon, while Crypto Regulations Continue to Increase as Bitcoin Breaks $11,000 Again

公式LINE@始めました!最近の仮想通貨ニュースやお得情報を配信中!

友だち追加

▼当サイトで人気のビットコイン・仮想通貨取引所おすすめランキングはこちら!

東証一部上場企業マネックスグループの下新体制で動き出した超初心者向け仮想通貨取引所!
LISKやFACTOMなど他の取引所では取り扱いのない通貨も購入できる!

コインチェックサイドバナー

大手企業IIJグループが運営、伊藤忠や電通も出資!満を持してオープンした国内販売所。取引手数料無料!
仮想通貨取引量国内No.1・セキュリティ国内No.1かつ取引手数料が無料!
リップルやイーサリアムなどのアルトコインの手数料が無料!
人気銘柄リップルの購入ができる!
一部上場企業GMOインターネットのグループ会社が運営。キャンペーンを頻繁に開催!アプリ『びっとれ君』も大人気。

ビットコインが11,000ドルの抵抗線を突破、今後の期待が高まる

今週のOverbitInsightsでは、まず2020年第4四半期に入って見られた仮想通貨市場の加熱について取り上げます。

 

世界で最も人気のある仮想通貨であるビットコインが再び11,000ドルを突破し、現在は11,400ドル付近に位置しています。

 

この価格上昇は決済処理業者であるSquareが同社のバランスシートにて、5,000万ドル以上を現金からビットコインに換えたというニュースによってもたらされたと考えられています。

 

デイトレーダーにとって、このビットコインの数パーセントの動きは、大きく喜ぶようなことでは有りません。

仮想通貨ランキングトップ10に入っている他のいくつかのコインがここ数日でBTC/USDの値上がり率を上回っているからです。

 

ただし、重要なのは、このわずかな割合の動きがビットコインを11,000ドルという非常に重要なレベルに押し上げたという事実です。

 

この抵抗線は、ビットコインが歴史的に上にとどまるのに苦労してきたもので、10年の歴史の中でこのレベルの上で1日を終えたのは数週間だけでした。

 

冒頭で述べたように、第4四半期は通常、市場が新たなトレンドに向けて勢いをつけ始める時期です。

 

これが当てはまると仮定すると、この11,0​​00ドルの突破は、ビットコインと仮想通貨全体の別のブルラン(強気相場)の始まりになる可能性があると考えています。

 

著名な市場調査会社であるコインメトリクスもこの値動きに反応し、
「2017年のように継続するなら、2021年は興味深い年になるはずだ。」
と述べています。

米国司法省(DOJ)が仮想通貨関連のガイドラインを発表

次に、仮想通貨の法的側面について取り上げます。

 

米国司法省(DOJ)は10月9日に、仮想通貨の市場と使用法に関する法執行当局のための参照ガイドとしての役割を果たすことを目的とし「Cryptocurrency Enforcement Framework(クリプトカレンシー・エンフォースメント・フレームワーク)」を発表しました。

 

83ページにわたるPDFでは、「脅威の概要」「法律と規制」「進行中の課題と将来の戦略」の3つの部分に分けています。

 

このリリースの目的は、仮想通貨に関連する脅威を文書化し、これらの脅威に関する現在の法的枠組みを説明し、将来の枠組みが成長し続ける仮想通貨空間にどのように適応するかを議論することだと思われます。

 

全体として、DeFiとプライバシーコインが既存の法執行機関にもたらす課題に焦点を当てており、彼らの主な関心事は、これらの分散化されたプライバシー保護技術を介して反マネーロンダリング法を回避することです。

 

米国仮想通貨関連メディアCrypto News Flashでは、このフレームワークを取り上げ、非常に簡潔な言い方をしています。

 

「仮想通貨は世界に肯定的な変化をもたらす可能性を持っていますが、一方では、犯罪に使用されているため規制されるべきである」

 

仮想通貨の愛好家が政府や法執行機関の監視を避けたいのと同じくらい、これは関係者の誰もが避けることができない戦いになりそうです。

米国大統領選挙を控え、米ドルの値動きに注目

今週の締めくくりとして、外国為替市場の話題を取り上げます。

 

最も重要なトピックの1つは来たる米国の選挙と連邦準備制度理事会(FRB)での刺激政策がどのように形成されているかということです。

 

米ドルは商品や貴金属市場にとって重要なカタリストであるため、他の商品の価格に関連する米ドルの動きに注目することが重要です。

 

EUR/USDは注目すべきビッグペアの一つであり、欧州でのCOVID-19の増加とブレグジットの不確実性により、EUR/USDのセンチメントは下落を続けています。

 

来週の木曜日と金曜日には、EU首脳が会合を開き、ブレグジットを議題のトップに据え、いくつかのトピックについて議論する予定です。

 

通常、これらの協議は英ポンドに影響を与える傾向がありますが、EUR/USDペアにも影響を与える可能性があります。

 

EUがコロナ対策復興基金に7500億ユーロを承認した今年の7月以来、ユーロは変動しています。

 

来週は、欧州の最も重要なペアであるGBP/USDとEUR/USDに注目することが重要になります。

 

また、米国の失業申請件数が予想よりも減少していますが、これは米国の労働市場の不調を示唆している可能性があり、USD/JPYはわずかに強気のバイアスがかかったまま、限られたレンジでのトレンドを継続しています。

 

来月11月3日の米国大統領選挙が直近の金融市場の一つのクライマックスになる可能性がありますが、それまでにも、世界の主要な中央銀行からの「回復」と「景気刺激策」を注視しましょう。

 

Overbit.comでは、市場のどの側にいても、重要なすべてのペアにアクセスできるようになっています。世界トップレベルの取引体験をあなたの手の中に。

 

 

リスク警告:信用取引は資本に高レベルのリスクを伴うため、失うことができる金額でのみ取引をすべきです。信用取引はすべてのトレーダーに適しているとは限らないため、関連するリスクを完全に理解していることを確認し、必要に応じて専門的なアドバイスを求めてください。

免責事項:Overbitのウェブサイト、ブログ、ソーシャルメディア、またはその他のプラットフォームのコンテンツは、特定の国や地域、およびその居住者を対象としたものではありません。 Overbitのプラットフォームにアクセスする前に、お住まいの国または地域の該当する規制を確認してください。

LINE@バナー_648_200

 

最初に絶対登録しておきたい!おすすめの仮想通貨取引所

【急上昇!】コインチェック(coincheck)


東証一部上場企業マネックスグループの下新体制で動き出した超初心者向け仮想通貨取引所!LISKやFACTOMなど他の取引所では取り扱いのない通貨も購入できる!

コインチェック

【1位】ディーカレット


大手企業IIJグループが運営の安心感。取引手数料無料!



【2位】ビットバンク


ビットコイン、アルトコインの取引手数料が無料!中級者以上に人気の取引所!

【3位】GMOコイン


一部上場企業GMOインターネットグループのグループ会社で安心・安全!販売所形式で初心者でも簡単にリップルなどの人気銘柄の売買ができる!



おすすめの記事