米国メモリアルデーを心配する仮想通貨投資家-Overbit Insights

公式LINE@始めました!最近の仮想通貨ニュースやお得情報を配信中!

友だち追加

▼当サイトで人気のビットコイン・仮想通貨取引所おすすめランキングはこちら!

超初心者が必ずと言っていいほど初めに登録する仮想通貨取引所!アルトコイン取り扱い数日本一!
国内最安単価8円台の仮想通貨IOSTの取り扱いはコインチェックだけ。IOSTは今年に入り既に10倍以上の価格上昇を見せています。

coincheck-side_banner

多くのアルトコインも板取引で売買できるため、手数料を安く済ませたい!という方は登録しておきたい取引所!
取引所方式での取り扱い銘柄数国内No.1!海外に仮想通貨を送る際にはビットバンクで手数料安くリップル(XRP)を買って、安い送金手数料で送る。という方が多くいます。
大手企業IIJグループが大株主。日本の各業界大手企業(伊藤忠商事や電通グループなど)が出資しているなど大きな信頼があり、安心して利用できる販売所!アプリもシンプルで使いやすく、初心者にはおすすめの販売所です!※ディーカレットは取引所のサービスも開始しました。

米国メモリアルデーを心配する仮想通貨投資家

5月31日は、米国の祝日であるメモリアルデーです。この祝日は、兵役中に死去したアメリカ軍兵士を追悼する日であります。この連休は、仮想通貨市場にどのような影響を与えるのでしょうか。

 

報道によると、ビットコイン肯定派の著名人は、休日が延びることに対してあまり感心していないようです。マクロ経済調査会社Lamoureux & Co.の社長であるYves Lamoureux氏は、「週末の仮想通貨市場は殺伐としたものになるでしょう」と率直に述べています。

 

Lamoureux氏は、休日の延長によって仮想通貨の流動性が枯渇することは当然ながら危険なものであると表明しており、この状況を、「水の中に血が混じっていれば、サメはすかさず獲物をロックオンします。弱者から食い殺されるでしょう。」と比喩しています。

 

メモリアルデーの週末を恐れているのは、Lamoureux氏だけではありません。億万長者で有名な投資家のBarry Silbert氏でさえ、「ビットコインが週末返上で機能していくことを望んでいる。」とTwitterに投稿しています。

 

CoinTelegraphも、ビットコインは2万ドル以下に落ちる可能性があるとまで言っています。

 

本稿執筆時点では34,000ドル弱で推移しているため、この場合、さらに30%下落する計算になります。ビットコインは年度累計で30%近く上昇しているものの、4月の高値からすでに45%以上下落しています。多方面からの今回の連休へのネガティブな見方は、さらなる暴落の恐れの蔓延に拍車をかけるでしょう。

 

特にこのような大きなトレンドの反転の後には、傍観者として価格の動きを見守るのが賢明な行動であるように思われます。

米国2022年予算案における新たな仮想通貨報告義務

米国政府と通貨の課税規制に関して、金曜日に公開された2つの文書によると、2022年予算案には、さまざまな仮想通貨の報告が義務付けられるとのことです。

 

金曜日に発表されたバイデン政権の最初の予算案には、金融会社がアメリカ合衆国内国歳入庁(IRS)に提供しなければならない情報の種類について、財務省にさらなる権限を与える提案が含まれています。この計画は、2022年12月31日以降に提出される申告書に適用されると言われています。

 

"脱税のための仮想通貨の使用はますます一般的になっている。現代ビジネスでは完全にデジタル化されているため、納税者は米国を離れることなく、オフショアの仮想通貨取引所や仮想通貨ウォレットのプロバイダーと通信することができる"

 

このような趣旨の覚書がありました。税務コンプライアンスを目的とする包括的な金融口座の報告の仕組みを導入するもので、金融機関はユーザーアカウントのデータを報告し、600ドルの最小限度のしきい値を超えるさまざまな種類の送金の内訳について報告することを求めています。この覚書によると、仮想通貨取引所や証券保管機関も対象になるといいます。

 

具体例として、「納税者が、あるブローカーから仮想通貨を購入し、その資産を別のブローカーに譲渡する場合には、報告義務が別途適用される。また、公正市場価値が1万ドルを超える取引によって仮想通貨を受け取る企業は、この取引の報告が必要となる。」と記載されています。

 

仮想通貨市場はその設立以来、「ワイルド・ウエスト(未知の分野、未開拓の領域)」であり、ネガティブな側面も多く取り上げられます。政府は、このネガティブな経済活動の抑制のために、課税という手段を通してあらゆる努力をしていることは間違いありません。

仮想通貨取引所オーバービット(OVERBIT)の特徴や登録方法はこちら

 

リスク警告:信用取引は資本に高レベルのリスクを伴うため、失うことができる金額でのみ取引をすべきです。信用取引はすべてのトレーダーに適しているとは限らないため、関連するリスクを完全に理解していることを確認し、必要に応じて専門的なアドバイスを求めてください。

免責事項:Overbitのウェブサイト、ブログ、ソーシャルメディア、またはその他のプラットフォームのコンテンツは、特定の国や地域、およびその居住者を対象としたものではありません。 Overbitのプラットフォームにアクセスする前に、お住まいの国または地域の該当する規制を確認してください。

LINE@バナー_648_200

 

最初に絶対登録しておきたい!おすすめの仮想通貨取引所

【1位】コインチェック(Coincheck)


超初心者が必ずと言っていいほど初めに登録する仮想通貨取引所!アルトコイン取り扱い数日本一!IOSTやENJなど他の取引所では取り扱いのない通貨も購入できる!

コインチェック

【2位】ビットバンク


多くのアルトコインも板取引で売買できるため、手数料を安く済ませたい!という方は登録しておきたい取引所!

【3位】ディーカレット


大手IT企業IIJグループが大株主の安心感。



 



おすすめの記事