公式LINE@始めました!最近の仮想通貨ニュースやICO情報を配信中!

友だち追加

▼当サイトで人気のビットコイン・仮想通貨取引所おすすめランキングはこちら!

東証一部上場企業マネックスグループの下新体制で動き出した超初心者向け仮想通貨取引所!
LISKやFACTOMなど他の取引所では取り扱いのない通貨も購入できる!

コインチェックサイドバナー

現在口座開設で1,000円、さらにレバレッジ取引で5,000円相当もらえるキャンペーン中!
大手企業IIJグループが運営、伊藤忠や電通も出資!満を持してオープンした国内取引所。取引手数料無料!
仮想通貨取引量国内No.1・セキュリティ国内No.1かつ取引手数料が無料!
リップルやイーサリアムなどのアルトコインの手数料が無料!
人気銘柄リップルの購入ができる!
一部上場企業GMOインターネットのグループ会社が運営。キャンペーンを頻繁に開催!アプリ『びっとれ君』も大人気。



ビットコイン建て(BTC建て)とは?

BTC建て(ビットコイン建て)とは、アルトコインの価格を法定通貨ではなくビットコイン(BTC)を基準にして見る事です。例えば、円建てでは1BTC=10万円、1ETH(イーサリアム)=1万円であったとします。

 

この時、BTC建てだとイーサリアムの価格はビットコインの10分の1なので、1ETH=0.1BTCという事になります。国内取引所では日本円で仮想通貨の取引ができますが、海外取引所を利用する際にはBTC建てが主になります。詳しくは以下の項目で説明していきます。

アルトコインの価格を円建てではなく、BTC建てで見るメリット

海外取引所を利用して短~中期トレードをしている場合、ビットコインが基軸通貨となって取引で使用されます。アルトコインは基本的にビットコインとの取引になるので、ビットコインが多いほどアルトコインを購入できるという事になります。

 

円建てで資産がいくら増えてもアルトコインを購入する時にはビットコインが必要になるので、資産はBTC建てで見るようにした方が良いでしょう。

 

例えば、円建てで見た時に1ALT(アルトコイン)=1万円→10万円、1BTC=10万円→100万円と価格上昇があった場合、円建てで見ると資産が増えていますが、BTC建てで見ると0.1BTCのまま変化がありません。

 

また、イーサリアムを保有していて、1ETH=1万円→5万円、1BTC=10万円→100万円となった場合、円建てで見ていると資産が増えているように見えますが、BTC建てで見ると、0.1BTCから0.05BTCに資産が減っていることになります。

 

BTC建てアイキャッチ

 

このように、円建てで見たときとBTC建てで見たときでは別の動きをしている事があります。上述したように、アルトコインのトレードではビットコインを増やす事が重要になるので、BTC建てで考える事によってより効率的にトレードができるようになります。

 

他にも、アルトコインの価格変動がビットコインにつられているのかそうでないのか等といった、アルトコインそのものの価値の判断がしやすくなるというメリットがあります。

コインメディアのLINE@のミドルバナー②

 

最初に絶対登録しておきたい!おすすめの仮想通貨取引所

【急上昇!】コインチェック(coincheck)


東証一部上場企業マネックスグループの下新体制で動き出した超初心者向け仮想通貨取引所!LISKやFACTOMなど他の取引所では取り扱いのない通貨も購入できる!

コインチェック

【1位】ディーカレット


現在口座開設で1,000円、さらにレバレッジ取引で5,000円相当もらえるキャンペーン中! 大手企業IIJグループが運営の安心感。取引手数料無料!

ディーカレット

【2位】ビットバンク


ビットコイン、アルトコインの取引手数料が無料!中級者以上に人気の取引所!

【3位】GMOコイン


一部上場企業GMOインターネットグループのグループ会社で安心・安全!販売所形式で初心者でも簡単にリップルなどの人気銘柄の売買ができる!



おすすめの記事