マラソン・デジタル社はマイニング機器の記録的な購入でハッシュレートの獲得を目指す

▼当サイトで人気のビットコイン・仮想通貨取引所おすすめランキングはこちら!

超初心者が必ずと言っていいほど初めに登録する仮想通貨取引所!アルトコイン取り扱い数日本一!
国内最安単価8円台の仮想通貨IOSTの取り扱いはコインチェックだけ。IOSTは今年に入り既に10倍以上の価格上昇を見せています。

coincheck-side_banner

多くのアルトコインも板取引で売買できるため、手数料を安く済ませたい!という方は登録しておきたい取引所!
取引所方式での取り扱い銘柄数国内No.1!海外に仮想通貨を送る際にはビットバンクで手数料安くリップル(XRP)を買って、安い送金手数料で送る。という方が多くいます。
大手企業IIJグループが大株主。日本の各業界大手企業(伊藤忠商事や電通グループなど)が出資しているなど大きな信頼があり、安心して利用できる販売所!アプリもシンプルで使いやすく、初心者にはおすすめの販売所です!※ディーカレットは取引所のサービスも開始しました。

マラソン・デジタル社はマイニング機器の記録的な購入でハッシュレートの獲得を目指す

ナスダックに上場しているマラソン・デジタル(MARA)社は、マイニング市場の1割以上のマイニング能力を有する大型の機器設備Bitmain Antminer S19 XP Bitcoin minersを大量購入する契約を締結したと発表しました。

同社がCoinDeskに伝達したところによると、2023年初頭までに、現在のマイニングのレベルから600%増で、23.3EH / sを達成するとし、19万9千に上るマイニング装置を稼働させることを目標としています。

2022年半ばまでに、急成長を続けるマイニング機器を本格的に稼働させて、同年9月には13万3千のマイニング装置を備えて13.3 EH/sを記録するとしています。12月1日時点でMARA社は、3万1千のマイニング装置を稼働させており、3.2EX/sを記録しています。

このニュースによって、木曜日の取引においてMARAの株価は、12%以上の上昇を遂げました。

MARAは今年、多くのマイニング機器の買収を行いました。10月には、シルバーゲート・キャピタル社から、ビットコインと米ドル合わせて1億ドル相当の回転信用枠を獲得しました。

今回の同銀行からの融資は、ビットコインのマイニング業務の推進と新たなマイニング機器の購入に充当されるといいます。

MARA社CEOのFred Thiel氏は声明で次のように述べています。

「当社のバランスシートの強さと、インフラではなくマイニングマシンに資本を投資できるアセットライト経営を考えると、当社は、先に述べたS19 XPのマイニングマシンに巨額投資する比類なき立場を獲得しています。それは、同社がこれまでに購入した機器Bitmainがこれまでハッシュレートにどのように貢献してきたかを考慮すれば、明らかでしょう。」

マイクロストラテジー社CEOのマイケル・セイラー氏はビットコイン価格が600万ドル(6億9千万円)に達するという予測を立てる

ビットコインを大量保有していることで有名なマイクロストラテジー社CEOのマイケル・セイラー氏は、クリスマス前の仮想通貨市場の高騰に先立ち、天文学的なビットコイン価格の予測を明らかにしました。 同氏は現在、個人的なビットコイン保有量の価値が、9億ドルに達しようとしています。

11月に行われたテクノロジーに関するニュースサイトThe Informationのインタビューの詳細によると、同氏は、過去18ヶ月間に渡って自身が代表する同社を、ビットコイン買収の手段にしようとしていたと述べました。同氏は、ビットコイン価格が最終的に600万ドルに達すると考えているようです。

2020年3月に約4,000ドルだったビットコイン価格は、すでに先月には7万ドル近くまで上昇しています。600万ドルとなれば、現在市場に流通している約1,900万枚のビットコインの価値の合計は126兆ドルとなります。これは、現在の1兆ドル弱の時価総額から12,000%増加することを意味しており、当然ながら世界で最も価値が高い金融商品となります。

さらに同氏は、個人で17,732枚のビットコインを所有しており、現在のレートで8億3200万ドルに達します。同氏は、ビットコインを一度も売却したことがないことを明らかにしました。また、昨年、あらゆるアルトコインがビットコインよりも著しく上昇したにも関わらず、ビットコイン以外の仮想通貨を保有していないことも明らかにしました。

MicroStrategy社が最初に購入したビットコインは、当時のレートで2億5000万ドル相当でしたが、現在のレートでは、10億ドル以上の価値となっています。同社はその後、次々にビットコインの追加購入を行いました。しかし、これらの購入はすべて企業の負債として賄われました。

2020年8月から同社の株価は300%上昇しましたが、ビットコイン価格の変動が不安定であることで、同社の株価の推移も大きく変動してきました。

同氏は、インターネット・バブルの際、1日で60億ドルの損失を出して話題になった人物であり、ビットコインの過激な主張をすることで知られています。

今年、ビットコインはウォール街を席巻しました。世界最大の多くの金融機関が、仮想通貨サービスを開始し、仮想通貨市場に多額の投資をしています。

 

仮想通貨取引所オーバービット(OVERBIT)の特徴や登録方法はこちら

 

リスク警告:信用取引は資本に高レベルのリスクを伴うため、失うことができる金額でのみ取引をすべきです。信用取引はすべてのトレーダーに適しているとは限らないため、関連するリスクを完全に理解していることを確認し、必要に応じて専門的なアドバイスを求めてください。

免責事項:Overbitのウェブサイト、ブログ、ソーシャルメディア、またはその他のプラットフォームのコンテンツは、特定の国や地域、およびその居住者を対象としたものではありません。 Overbitのプラットフォームにアクセスする前に、お住まいの国または地域の該当する規制を確認してください。

▼CoinMedia編集部おすすめ!初心者必読の記事はこちら!

 

最初に絶対登録しておきたい!おすすめの仮想通貨取引所

【1位】コインチェック(Coincheck)


超初心者が必ずと言っていいほど初めに登録する仮想通貨取引所!アルトコイン取り扱い数日本一!IOSTやENJなど他の取引所では取り扱いのない通貨も購入できる!

コインチェック

【2位】ビットバンク


多くのアルトコインも板取引で売買できるため、手数料を安く済ませたい!という方は登録しておきたい取引所!

【3位】ディーカレット


大手IT企業IIJグループが大株主の安心感。



 



おすすめの記事