元サッカー選手ルイス・フィーゴ氏がSTRYKZのICOを支援!著名人のICO支援が増加

▼当サイトで人気のビットコイン・仮想通貨取引所おすすめランキングはこちら!

超初心者が必ずと言っていいほど初めに登録する仮想通貨取引所!アルトコイン取り扱い数日本一!
国内最安単価8円台の仮想通貨IOSTの取り扱いはコインチェックだけ。IOSTは今年に入り既に10倍以上の価格上昇を見せています。

coincheck-side_banner

多くのアルトコインも板取引で売買できるため、手数料を安く済ませたい!という方は登録しておきたい取引所!
取引所方式での取り扱い銘柄数国内No.1!海外に仮想通貨を送る際にはビットバンクで手数料安くリップル(XRP)を買って、安い送金手数料で送る。という方が多くいます。
大手企業IIJグループが大株主。日本の各業界大手企業(伊藤忠商事や電通グループなど)が出資しているなど大きな信頼があり、安心して利用できる販売所!アプリもシンプルで使いやすく、初心者にはおすすめの販売所です!※ディーカレットは取引所のサービスも開始しました。

元ポルトガル代表のルイス・フィーゴ氏がSTRYKZのICOを支援!

元ポルトガル代表のサッカー選手ルイス・フィーゴ氏が「Stryking Entertainment」のICOを支援するため公式アンバサダーを務めることを発表しています。

 

フィーゴ氏が支援を表明しているのは、スポーツとデジタルの世界の融合を目標とする「Stryking Entertainment」のプラットフォームである「フットボールスターズ」というサービスです。フィーゴ氏は今回「フットボールスターズ」の公式アンバサダーを務めることになったきっかけについてCCNのインタビューで下記のように語っています。

When I heard about Football-Stars for the first time I immediately liked the idea. Football becomes more and more data driven with detailed statistics about all aspects of the game – this is what Stryking’s platform utilizes to create a compelling fan experience. I am happy to support the experienced team at Stryking and spread the word about their platform that allows fans to engage with the teams and players they are backing,” Figo said in a statement accompanying the announcement

フィーゴ氏のインタビューの日本語訳はこちらです。

フィーゴ氏のインタビュー
最初にフットボールスターズの企画内容を聞いたとき、すぐに企画にとても共感した。サッカーの世界は試合に関するあらゆる分析を利用して、ますますデジタルに分析されデータが重要になっていくと思う。「Stryking Entertainment」のプラットフォームを使うことで、ファンがよりサッカーを楽しめると思っている。僕がアンバサダーになって、チームや選手たちと関わり合うことを可能にするプラットフォームが広まることで、よりファン達とチームの関わりが密接なものになり、サッカーがより良いエンターテイメントになれば嬉しい。

 

「フットボールスターズ」はフィーゴ氏を公式アンバサダーに起用し、プロモーションを担当してもらうことで、STRYKZトークンを配布する予定となっています。

メッシやスアレス、オーウェンなど有名人・著名人がICOプロジェクトを支援

最近、有名人や著名人がICOプロジェクトの支援を行うことが多いです。昨年末には、同じくプロサッカー選手で世界最高のサッカー選手に贈られるバロンドールを受賞しているアルゼンチン代表のリオネル・メッシ選手がSirin Labs Token(SRN)というICOプロジェクトの公式アンバサダーを務めたことで大きく話題になりました。

 

参考記事:海外取引所Huobi(フオビ)にSRN(Sirin Labs Token)とZLA(Zilla)が新規上場!

 

また、メッシと同じくバルセロナに所属しているルイス・アルベルト・スアレス選手もStoxというマーケットを予測する機能があるICOプロジェクトを支援しています。

 

また、今年の3月には、ボクシング世界チャンピオンのマニー・パキャオ選手や元イングランド代表のマイケル・オーウェン選手がシンガポールのICOを支持するプログラムであるGCOXに登録し、独自のトークンを発行すると見られています。今後も著名人、有名人によるICOのプロモーションや支援は増えると予想されます。

 

2018年注目のICO案件を知りたい方は「【仮想通貨ICO】2018年おすすめランキング!注目案件を一覧で紹介!」で当サイトおすすめのICO案件を紹介しているため、ぜひ参考にしてみてください。

参考記事はこちら

▼CoinMedia編集部おすすめ!初心者必読の記事はこちら!

 

最初に絶対登録しておきたい!おすすめの仮想通貨取引所

【1位】コインチェック(Coincheck)


超初心者が必ずと言っていいほど初めに登録する仮想通貨取引所!アルトコイン取り扱い数日本一!IOSTやENJなど他の取引所では取り扱いのない通貨も購入できる!

コインチェック

【2位】ビットバンク


多くのアルトコインも板取引で売買できるため、手数料を安く済ませたい!という方は登録しておきたい取引所!

【3位】ディーカレット


大手IT企業IIJグループが大株主の安心感。



 



おすすめの記事