米ラジオシャック社はDefi分野のビジネスで再起なるか

▼当サイトで人気のビットコイン・仮想通貨取引所おすすめランキングはこちら!

超初心者が必ずと言っていいほど初めに登録する仮想通貨取引所!取り扱い仮想通貨銘柄数日本最大級!

coincheck-side_banner

多くのアルトコインも板取引で売買できるため、手数料を安く済ませたい!という方は登録しておきたい取引所!
取引所方式での取り扱い銘柄数国内No.1!海外に仮想通貨を送る際にはビットバンクで手数料安くリップル(XRP)を買って、安い送金手数料で送る。という方が多くいます。
日本国内では新興の取引所ですが、グローバルでは世界三大暗号資産(仮想通貨)取引所の一つで、信頼性が高い取引所です。IOSTやENJなど、国内では取り扱いの少ない銘柄も販売所形式・取引所形式の両方で売買が可能です。OKBの取り扱いはオーケーコインだけ!

ドナルド・トランプ前大統領は、インタビューで仮想通貨に対する懐疑論を述べる

金曜日に行われたFox Newsのインタビューによると、ドナルド・トランプ前大統領は仮想通貨を好まず、将来的に下落すると考えているようです。以下のように指摘しています。

 

「仮想通貨はいつか、これまで見たこともないような大爆発を起こすかもしれない。そうなった場合、これまでの大規模な技術革新がまるで子供の遊びだったかのように見えてしまうかもしれない。それは非常に危険な状況だと思う。したがって、信頼性の高い通貨を好む。私はドルという通貨が欲しいのであって、これら以外の通貨は持ちたくない。」

 

ビットコインは水曜日の午後、その日の早朝に記録した上昇から反落し、前日比で約1%安の4万8770ドルでした。イーサリアムは約2%安の3989ドルでした。

 

ドナルド・トランプ氏が、NFTや仮想通貨にあまり熱心ではない一方で、メラニア・トランプ氏は先週、ソラナブロックチェーン上で独自のNFTを導入すると発表しました。今回のトランプ氏の発言は、メラニア夫人の発表に続くものでした。メラニア・トランプ氏の声明文には、このように書かれています。

 

「私の新しいNFTプロジェクトのニュースを共有することに興奮しています。私の芸術への愛とともに、私が主導するBe Bestキャンペーンを通じて、子供たちに力を与え続けるのに役立つでしょう。私たちは、この新しいテクノロジーのプラットフォームを通じて、子どもたちにプログラミングやソフトウェア開発などのコンピュータサイエンスのスキルを身につけさせ、子どもたちが里親制度から離れた後も、十分に成長できるようにします。」

 

仮想通貨市場は、今年初めに市場評価額が3兆ドル超となる最高値を記録しましたが、水曜日には、約2.3兆ドルにまで下落しています。

 

米ラジオシャック社はDefi分野のビジネスで再起なるか

ラジオシャック(RadioShack)社は、かつて電子製品を販売していた家電量販店です。現在は仮想通貨の関連企業として再始動しているようです。報道によると、RadioShack社は現在、仮想通貨の分散型取引所(DEX)を開発中だといいます。

 

同社は11期連続赤字の末、2015年に破産を申請し、約100年の長いキャリアに終止符を打ちました。その後、それまでの小売チェーン店の商標権は複数回に渡って売却され、Retail Ecommerce Ventures Review(REV)社に買収されました。現在、RadioShack社のウェブサイトを見ると、仮想通貨を大衆に普及させるという同社の新しい目標を告知しているバナーが表示されているはずです。

 

また、実際にRADIOトークンがローンチした時に備えて、アラートを受け取るためにメールアドレスを登録しておくこともできるようになっています。

 

ウェブサイトのCNETとTom's Hardwareによると、RadioShack社はAtlas USV (Universal Store of Value) protocol社とパートナー提携を組み、分散型金融のエコシステムを確立しようとしているとのことです。

 

また、REV社に所属するデザインパートナーであるAlex Mehr氏とTai Lopez氏が、Atlasを生成しています。RadioShack社のDeFiエコシステムは、分散型取引所から始まるのでしょうか。RadioShack社はウェブサイト上で、分散型取引所について、「チャンスに満ちた最も低いところにぶら下がっているフルーツ」と表現しています。

 

分散型取引所が稼動すれば、Coinbaseのような仮想通貨取引所のプロバイダを通じてではなく、ユーザー同士がお互いに、直接仮想通貨を送ることができるようになります。RadioShack社のウェブサイトに掲載されている内容によると、REV社は、かつて100年の歴史を持ったブランド企業であるRadioShack社を買収しており、仮想通貨市場を活性化させてグローバル展開をしていくために、十分すぎる話題性を持っていると言えます。一部の間では、RadioShack社の今後のビジネスが、スターバックスやルイ・ヴィトンのような巨大な企業をブロックチェーン企業に成長させるための足掛かりになるとも期待されているのです。RadioShack社は、数年で2度も破産を宣言した企業であるだけに、このプロジェクトは高邁な志です。

 

仮想通貨取引所オーバービット(OVERBIT)の特徴や登録方法はこちら

 

リスク警告:信用取引は資本に高レベルのリスクを伴うため、失うことができる金額でのみ取引をすべきです。信用取引はすべてのトレーダーに適しているとは限らないため、関連するリスクを完全に理解していることを確認し、必要に応じて専門的なアドバイスを求めてください。

免責事項:Overbitのウェブサイト、ブログ、ソーシャルメディア、またはその他のプラットフォームのコンテンツは、特定の国や地域、およびその居住者を対象としたものではありません。 Overbitのプラットフォームにアクセスする前に、お住まいの国または地域の該当する規制を確認してください。over

▼CoinMedia編集部おすすめ!初心者必読の記事はこちら!

 

最初に絶対登録しておきたい!おすすめの仮想通貨取引所

【1位】コインチェック(Coincheck)


超初心者が必ずと言っていいほど初めに登録する仮想通貨取引所!取り扱い仮想通貨銘柄数日本最大級!

コインチェック

【2位】ビットバンク


多くのアルトコインも板取引で売買できるため、手数料を安く済ませたい!という方は登録しておきたい取引所!

【3位】オーケーコイン・ジャパン

IOSTやENJなど、国内では取り扱いの少ない銘柄も販売所形式・取引所形式の両方で売買が可能です。OKBの取り扱いはオーケーコインだけ!



おすすめの記事