オーストラリアの2つの取引所が破綻、5,000万ドル相当の債務不履行が問題に

▼当サイトで人気のビットコイン・仮想通貨取引所おすすめランキングはこちら!

超初心者が必ずと言っていいほど初めに登録する仮想通貨取引所!アルトコイン取り扱い数日本一!
国内最安単価8円台の仮想通貨IOSTの取り扱いはコインチェックだけ。IOSTは今年に入り既に10倍以上の価格上昇を見せています。

coincheck-side_banner

多くのアルトコインも板取引で売買できるため、手数料を安く済ませたい!という方は登録しておきたい取引所!
取引所方式での取り扱い銘柄数国内No.1!海外に仮想通貨を送る際にはビットバンクで手数料安くリップル(XRP)を買って、安い送金手数料で送る。という方が多くいます。
大手企業IIJグループが大株主。日本の各業界大手企業(伊藤忠商事や電通グループなど)が出資しているなど大きな信頼があり、安心して利用できる販売所!アプリもシンプルで使いやすく、初心者にはおすすめの販売所です!※ディーカレットは取引所のサービスも開始しました。

オーストラリアの2つの取引所が破綻、5,000万ドル相当の債務不履行が問題に

オーストラリアにおける仮想通貨規制と仮想通貨取引所が混乱している状況についてご紹介します。

 

The Guardianの報道によると、仮想通貨取引所ACXの顧客のうち、数百人が所有する数千万ドルのビットコインの行方がわからなくなりました。選任されたベテランの破産管財人であるRew Yeo氏は、その所在を明らかにすることを決心しました。

 

10月中旬、ACXを運営していたBlockchain Global社の管財人に指名されて以来、Yeo氏は、あらゆる仮想通貨についての知識をひたすらに学んでいます。報道によると、Yeo氏の任命後に、 ACXの顧客やBlockchain Global社の取締役・経営陣を含むステークホルダーらが、ACXには合計5,000万ドル近くの債務があると主張しているとのことです。

 

現在のところ、同国の仮想通貨規制はまだ緩く、投資家の保護が行き届いていません。オーストラリアの取引所がこのような問題に直面したのは、今回のACXのケースが初めてではありません。

 

2014年には、日本のマウントゴックス社のサーバーが何者かによってハッキングされ、約85万BTCが大量流出し、同社は破綻しました。2016年には、英領ヴァージン諸島に本拠を置くBitfinex社がハッキング被害に遭い、約12万BTCが盗難されました。しかし、Bitfinex社は何とか再生を果たし、現在も運営を続けています。

 

モリソン首相率いるオーストラリア政府は今週、将来的に仮想通貨取引所を規制する意向を表明しました。来年2022年5月21日までに選挙が行われることになっており、同首相の任期中である来年半ばまでには、規制についての協議の目処がつく見込みでしょう。「免許制は、法的拘束力を生じる強制力のあるものだが、良いコンセプトである」という点で、専門からの意見が一致している。

 

仮想通貨取引所ACXの破綻により損害を被った顧客は、規制当局、特にオーストラリア証券投資委員会の任務懈怠によってこのような事態を生じさせ、同取引所の顧客を失望させたと考えています。裁判は来週にも行われる予定で、被害を受けた投資家の一部は、未払い債務となっている5,000万ドルのうち約1,300万ドルの返還を求めています。

マイケル・セイラー氏が語るビットコインの 「最大のリスク」

Yahoo Financeのインタビューによると、米マイクロストラテジー社CEOのMichael Saylor氏は、ビットコインに関する最近の見解として、「本当に恐るべき唯一の危険はブラックスワン、つまり未知の未知です。」と指摘しています。

 

「実際、あなたはハッキングされた経験があるのでしょうか。ともかく、私はハッキングされたことがありません。していることは、違法になる寸前のことでしょうか?いや、禁止されることはありません。成果物などの複製は可能でしょうか?いや、我々は1000回以上は複製しているはずです。原理上、複製はすべて失敗となります。」

 

同氏はビットコインについて楽観的な見方を示し、将来的に更に値上がりする可能性を肯定しています。同氏は、このように多くの言葉を使って、ビットコインが上昇を続けることを指摘しています。

 

「ビットコインが今後、完璧な指数曲線を辿って、一様に上がるわけではありません。しかし、テクノロジーの発達が減速していく世界は見られないと思いますし、通貨がインフレを続けない世界も見られないと思います。」

 

同氏によれば、マイクロストラテジー社について、今なおエンタープライズ系のソフトウェア企業として頭角を現していますが、デジタルプロパティの会社にも進化しているといいます。同社事業についてのこれらの両側面は、相互補充の関係にあると述べています。

 

「我々は、事業会社としてキャッシュフローを生み出し、そのキャッシュフローをビットコインに投入することができます。我々の従業員もお客様もより幸せになり、ビットコイン戦略をとってから、当社のブランドは100倍になりました。」

 

同氏率いるマイクロストラテジー社の「ビットコイン戦略」がどれだけ実りのあるものになるかは、時間が解決してくれるでしょう。今回のYahoo Financeのインタビューでは、同CEOは同戦略について、確かな自信を持っていると見えました。

 

仮想通貨取引所オーバービット(OVERBIT)の特徴や登録方法はこちら

 

リスク警告:信用取引は資本に高レベルのリスクを伴うため、失うことができる金額でのみ取引をすべきです。信用取引はすべてのトレーダーに適しているとは限らないため、関連するリスクを完全に理解していることを確認し、必要に応じて専門的なアドバイスを求めてください。

免責事項:Overbitのウェブサイト、ブログ、ソーシャルメディア、またはその他のプラットフォームのコンテンツは、特定の国や地域、およびその居住者を対象としたものではありません。 Overbitのプラットフォームにアクセスする前に、お住まいの国または地域の該当する規制を確認してください。

▼CoinMedia編集部おすすめ!初心者必読の記事はこちら!

 

最初に絶対登録しておきたい!おすすめの仮想通貨取引所

【1位】コインチェック(Coincheck)


超初心者が必ずと言っていいほど初めに登録する仮想通貨取引所!アルトコイン取り扱い数日本一!IOSTやENJなど他の取引所では取り扱いのない通貨も購入できる!

コインチェック

【2位】ビットバンク


多くのアルトコインも板取引で売買できるため、手数料を安く済ませたい!という方は登録しておきたい取引所!

【3位】ディーカレット


大手IT企業IIJグループが大株主の安心感。



 



おすすめの記事