仮想通貨トップ6社が招集、米議会の公聴会で仮想通貨規制について意見聴取

▼当サイトで人気のビットコイン・仮想通貨取引所おすすめランキングはこちら!

超初心者が必ずと言っていいほど初めに登録する仮想通貨取引所!アルトコイン取り扱い数日本一!
国内最安単価8円台の仮想通貨IOSTの取り扱いはコインチェックだけ。IOSTは今年に入り既に10倍以上の価格上昇を見せています。

coincheck-side_banner

多くのアルトコインも板取引で売買できるため、手数料を安く済ませたい!という方は登録しておきたい取引所!
取引所方式での取り扱い銘柄数国内No.1!海外に仮想通貨を送る際にはビットバンクで手数料安くリップル(XRP)を買って、安い送金手数料で送る。という方が多くいます。
大手企業IIJグループが大株主。日本の各業界大手企業(伊藤忠商事や電通グループなど)が出資しているなど大きな信頼があり、安心して利用できる販売所!アプリもシンプルで使いやすく、初心者にはおすすめの販売所です!※ディーカレットは取引所のサービスも開始しました。

仮想通貨トップ6社が招集、米議会の公聴会で仮想通貨規制について意見聴取

仮想通貨企業トップ6社は、規制当局との話し合いのためにワシントンD.C.のキャピトル・ヒルに招集され、米議会下院金融サービス委員会が開催した公聴会に参加しました。規制当局は、「仮想通貨、特にステーブルコイン(既存の通貨価値とペッグされ、価格の安定性を実現するように設計された仮想通貨)の急速な拡大が適切にコントロールされなければ、金融システムを危険にさらす可能性がある」と懸念しています。

 

一方、公聴会に出席したCoinbaseやCircleを含む6つの著名な仮想通貨事業者は、水曜日の公聴会で議会に対して、3兆ドル規模に拡大した仮想通貨市場により具体的な法律を与えるよう要請しました。また、過度に厳しい規制を導入すれば、自国での仮想通貨の流通が妨げられる可能性があると警告しました。

 

コインベース社の最高経営責任者であるアレシア・ハース氏は、「国民の参加を得てオープンに議論されるような、立法上の適切な解決策がなければなりません。さもなければ米国は、不必要で負担の大きい法律や規制のリスクに晒されることになるでしょう」と警告しました。

 

仮想通貨がシステム上のリスクを引き起こし、投資家に損害を与えるのではないかという懸念が高まる中、今回の米国下院金融サービス委員会での公聴会は、業界のトップらが連邦議員に対して業務内容について説明する初めての機会となりました。

 

仮想通貨事業者らは、既存の規制に適合するように業界に働きかけるのではなく、適切なガイドラインを慎重に取り入れていくことを繰り返し求めています。あるコメンテーターは、「議会がすぐに新しい仮想通貨規制法を可決する可能性は低いでしょう。今回のセッションは、主に情報収集のために開催されました」と指摘しています。

 

エリザベス・ウォーレン上院議員や証券取引委員会のゲーリー・ゲンスラー委員長は、「業者が新たな規制立法を違法に利用したり、サービスを利用する不注意な顧客に付け入ったりする可能性」について懸念しています。しかし、一部の政治家(特に共和党員)は、ビジネスマンらが画期的な技術を開発したことを評価しています。テキサス州の共和党員であるピート・セッションズ議員はこのように述べています。

 

「私は非常に感銘を受けました。多くの創意工夫と起業家精神を感じます。我々はあなた方を支援する必要があると感じています。」

大口保有者がビットコインを依然として取引所に預けるもビットコイン価格は堅調に推移

12月5日、ブロックチェーン上のデータを分析するオンチェーン分析を専門とするCryptoQuant社は、市場状況について毎日更新しているサービスQuickTakeの中で、「仮想通貨取引所でのボリュームが再び著しく増加している」ことを警告しています。取引量の大幅な増加は、再度ビットコイン価格が下落するのがまだ起こりうることを示唆しています。ビットコインの価格が47,000ドル前後で推移しており、クジラは売りの準備をしている可能性があります。クジラによる大量の売りがいつ起こってもおかしくはありません。QuickTakeでは、以下のように指摘されています。

 

「クジラはまだ取引所にビットコインを預けている。取引所においてクジラがビットコインを預けている比率は、再び95%以上に達した。仮想通貨の売り買いボリュームの指標Taker Buy Sell Ratioはマイナスのままで、先物市場のセンチメントが弱気であることを示している。」

 

CryptoQuantは、ビットコインのクジラの動向をキャッチするのに役立つ指標分析Exchange Whale Ratioの統計で、「現在のところ重要なビットコイン投資家によって、短期的な価格変動にそれほど影響を与えていない」ことを示唆しています。Exchange Whale Ratioは、仮想通貨が取引所へ流入、または取引所から流出するボリュームの最高値を、業界全体の仮想通貨の流入・流出量と比較して定まります。

 

Cointelegraphは以前、「先物取引所における建玉は、先週以降急減した」ことを報じました。しかし、この急減がさらなる価格下落を防ぐのに十分だったかどうかは疑問が残ります。答えを出すにはまだ早いですが、ビットコインが急落以後50,000ドル超に達して相対的な強さを堅持し始めたことや、先述の仮想通貨企業のトップが招集されてキャピトル・ヒルで公聴会が開催されたことなどを鑑みると、仮想通貨業界は再び状況が好転していると考えられます。

 

仮想通貨取引所オーバービット(OVERBIT)の特徴や登録方法はこちら

 

リスク警告:信用取引は資本に高レベルのリスクを伴うため、失うことができる金額でのみ取引をすべきです。信用取引はすべてのトレーダーに適しているとは限らないため、関連するリスクを完全に理解していることを確認し、必要に応じて専門的なアドバイスを求めてください。

免責事項:Overbitのウェブサイト、ブログ、ソーシャルメディア、またはその他のプラットフォームのコンテンツは、特定の国や地域、およびその居住者を対象としたものではありません。 Overbitのプラットフォームにアクセスする前に、お住まいの国または地域の該当する規制を確認してください。

▼CoinMedia編集部おすすめ!初心者必読の記事はこちら!

 

最初に絶対登録しておきたい!おすすめの仮想通貨取引所

【1位】コインチェック(Coincheck)


超初心者が必ずと言っていいほど初めに登録する仮想通貨取引所!アルトコイン取り扱い数日本一!IOSTやENJなど他の取引所では取り扱いのない通貨も購入できる!

コインチェック

【2位】ビットバンク


多くのアルトコインも板取引で売買できるため、手数料を安く済ませたい!という方は登録しておきたい取引所!

【3位】ディーカレット


大手IT企業IIJグループが大株主の安心感。



 



おすすめの記事