Zebpayアイキャッチ

公式LINE@始めました!最近の仮想通貨ニュースやお得情報を配信中!

友だち追加

▼当サイトで人気のビットコイン・仮想通貨取引所おすすめランキングはこちら!

東証一部上場企業マネックスグループの下新体制で動き出した超初心者向け仮想通貨取引所!
LISKやFACTOMなど他の取引所では取り扱いのない通貨も購入できる!

コインチェックサイドバナー

大手企業IIJグループが運営、伊藤忠商事や電通グループも出資!満を持してオープンした国内販売所。取引手数料無料!
仮想通貨取引量国内No.1・セキュリティ国内No.1!
ワンタップで買える販売所のスプレッドが業界最狭クラス!
人気銘柄リップルの購入ができる!
一部上場企業GMOインターネットのグループ会社が運営。キャンペーンを頻繁に開催!アプリ『びっとれ君』も大人気。

インド最大手の取引所Zebpayが法定通貨の入出金を一時停止!

インドの最高裁判所は、「仮想通貨取引を行う企業が、銀行口座を利用することを禁止する」中央銀行の決定を取り止めることを拒否したため、取引プラットフォームは、7月20日に開催される次の法廷審問の前に、それぞれ異なる行動を取っています。

 

インドの中央銀行の決定については、【インド中央銀行が、金融機関の仮想通貨関連企業との取引禁止へ!】を参考にしてください。

 

インドで最も取引量が多い取引所(過去24時間で500万ドル以上)であるZebpayは、銀行が再び口座の利用を許可するまで、インドルピーの引き出しと入金を一時停止することを水曜日に発表しました。

 

2018年10月19日追記:Zebpayがマルタに拠点を移したことが明らかになりました。詳しくは【インド最大の取引所の1つZebpayがマルタへ移転!】を参考にしてください。

しかし、Zebpayでの仮想通貨と法定通貨の取引、仮想通貨同士の取引は停止されていません。ZebpayのCEOであるAjeet Khurana氏は、ツイッターで以下のようなコメントをしています。

 

「とても悲しいです。しかし、私たちは物事を片付けるために、絶え間ない努力を続けていく必要があり、私は仮想通貨がインドにとって良いものであると確信しています。

 

私たちが国家として決心しなければ、間違った歴史を歩むことになり、そのことは悲劇となるでしょう。」

 

Zebpayと同様に、CoinomeやPexoのような比較的取引量が少ないインド国内のいくつかの取引所も、法定通貨の入金と出金を一時停止することを発表しました。

 

その一方で、インド準備銀行(RBI)が銀行口座の閉鎖期限が、7月5日に設定されていたにも関わらず、他の取引所は依然として投資家が法定通貨の入出金をすることを許可しています。

 

例えば、24時間の出来高が140万ドルを超える取引所であるBitBNSは、Twitter上で7月5日以降も、インドルピーの入出金サービスを続けることを確認しました。

 

また、店頭取引に移行することは、インド準備銀行の銀行口座の規制を回避するために、複数のインドの取引所が取っている1つの戦略になります。

 

火曜日に報道されたニュースによると、24時間の出来高が150万ドルである、KoinEXは別のプラットフォームであるWazirXと協力して、「KoinLoop」と呼ばれるP2Pの取引サービスを開始したことが報じられています。

このサービスは、投資家がP2P方式で仮想通貨の売買をすることを可能にすることで、取引所と銀行の直接関係を切り離す方法として考えられています。

LINE@バナー_648_200

 

最初に絶対登録しておきたい!おすすめの仮想通貨取引所

【急上昇!】コインチェック(coincheck)


東証一部上場企業マネックスグループの下新体制で動き出した超初心者向け仮想通貨取引所!LISKやFACTOMなど他の取引所では取り扱いのない通貨も購入できる!

コインチェック

【1位】ディーカレット


大手企業IIJグループが運営の安心感。取引手数料無料!



【2位】ビットバンク


仮想通貨取引量国内No.1・セキュリティ国内No.1!中級者以上に人気の取引所!

【3位】GMOコイン


一部上場企業GMOインターネットグループのグループ会社で安心・安全!販売所形式で初心者でも簡単にリップルなどの人気銘柄の売買ができる!



おすすめの記事