サトシ・ナカモトを自称するクレイグ・ライト氏の裁判がマイアミで開始

▼当サイトで人気のビットコイン・仮想通貨取引所おすすめランキングはこちら!

超初心者が必ずと言っていいほど初めに登録する仮想通貨取引所!アルトコイン取り扱い数日本一!
国内最安単価8円台の仮想通貨IOSTの取り扱いはコインチェックだけ。IOSTは今年に入り既に10倍以上の価格上昇を見せています。

coincheck-side_banner

多くのアルトコインも板取引で売買できるため、手数料を安く済ませたい!という方は登録しておきたい取引所!
取引所方式での取り扱い銘柄数国内No.1!海外に仮想通貨を送る際にはビットバンクで手数料安くリップル(XRP)を買って、安い送金手数料で送る。という方が多くいます。
大手企業IIJグループが大株主。日本の各業界大手企業(伊藤忠商事や電通グループなど)が出資しているなど大きな信頼があり、安心して利用できる販売所!アプリもシンプルで使いやすく、初心者にはおすすめの販売所です!※ディーカレットは取引所のサービスも開始しました。

サトシ・ナカモトを自称するクレイグ・ライト氏の裁判がマイアミで開始されることが決定

係属中である裁判Kleiman v. Wrightは、11月1日(月)に再開され、連邦裁判所は、Dave Kleiman(クライマン)氏とCraig Wright(ライト)氏の関係性について判断します。

 

この訴訟は2018年2月14日に正式に提起され、 3年以上前から係属しています。ライト氏の元ビジネスパートナーであり、コンピュータ・フォレンジックのスペシャリストであるデイブ・クライマン氏との関係をめぐるものです。この裁判は、「ライト氏がクライマン氏側のビットコイン、およびビットコイン技術に関連する特定の知的財産権を奪うことを目論んだ」として、故デイブ氏の兄弟で、相続人のアイラ・クライマン氏から告訴されたことに端を発します。

 

法的な観点では、ライト氏の主張及びクライマン氏側の遺産に関する主張の真実性や、ライト氏の申し立てによると信託に保管されているとされる、110万BTCの所在などについて、判断要素になると思われます。BitcoinSV及びライト氏の支持者の中には、ライト氏が表向きに繰り返し主張している、「同氏=ビットコインの創始者=サトシ・ナカモト」であるか否かについて、この裁判によって最終的に検証していくだろうと見ています。一方、ライト氏が誤った主張をしていることを浮き彫りにするだろうと見る人もいます。

 

ビットコインニュースを配信するコインギークのKurt Wuckert Jr.氏は、この裁判が「世紀の裁判」になるだろうと予測しています。しかし、同氏の予想を支持しているととれる報道が殆どされておらず、審理の途中経過についても、現状あまり報道されていません。今回の再審理で今年を締めくくるトップニュースのひとつになることは間違いありません。

 

Altairのローンチに伴いイーサリアムが過去最高値を更新

イーサリアムは、最新のネットワークアップグレードである「Altair」を完了し、4,400ドルを超える史上最高値を更新しました。

 

「Altair」の直接的な影響は、イーサリアムの取引を検証するバリデータなどに限られるかもしれません。しかしこれは、イーサリアム 2.0(Eth2.0)の最も重要な機能強化の1つであり、投資家は知っておく必要があります。

 

Eth2.0はイーサリアムのインフラストラクチャーを変更するでしょう。長期的に見れば、マイニングを必要としなくなります。イーサリアムは現在、プルーフ・オブ・ワーク(PoW)を採用しており、マイナーらは、複雑な数的問題を解答するために競い合うことで取引を成立させています。

 

2022年、イーサリアムはプルーフ・オブ・ステーク(PoS)に移行する予定です。ユーザーは所有するコインの枚数に応じて取引を承認させることができます。

 

イーサリアムのコア開発者であるBeiko氏によると、今回の「Altair」アップグレードが重要な点は、「ビーコンチェーンが正しく機能することを確認するためのテスト」だと説明しています。また、「このアップグレードによってPoSへの完全な移行が達成可能であること」を示しています。PoWからPoSへ変更するための次世代ブロックチェーンとして、Eth2.0が2020年12月にデビューして以来、今回の「Altair」はイーサリアムビーコンチェーンの最初のアップグレードとなりました。

 

同氏によると、PoSではPoWのようなエネルギー消費が不要になり、イーサリアムによる環境への影響が99%低下するといいます。近い将来、PoSへの完全移行が実現する可能性は低いものの、Altairは、その達成に近づくための重要なステップだとしています。同氏は、「来年、Eth2への移行がうまくいく可能性が少し高くなったということです」と付け足しました。

 

仮想通貨取引所オーバービット(OVERBIT)の特徴や登録方法はこちら

 

リスク警告:信用取引は資本に高レベルのリスクを伴うため、失うことができる金額でのみ取引をすべきです。信用取引はすべてのトレーダーに適しているとは限らないため、関連するリスクを完全に理解していることを確認し、必要に応じて専門的なアドバイスを求めてください。

免責事項:Overbitのウェブサイト、ブログ、ソーシャルメディア、またはその他のプラットフォームのコンテンツは、特定の国や地域、およびその居住者を対象としたものではありません。 Overbitのプラットフォームにアクセスする前に、お住まいの国または地域の該当する規制を確認してください。

▼CoinMedia編集部おすすめ!初心者必読の記事はこちら!

 

最初に絶対登録しておきたい!おすすめの仮想通貨取引所

【1位】コインチェック(Coincheck)


超初心者が必ずと言っていいほど初めに登録する仮想通貨取引所!アルトコイン取り扱い数日本一!IOSTやENJなど他の取引所では取り扱いのない通貨も購入できる!

コインチェック

【2位】ビットバンク


多くのアルトコインも板取引で売買できるため、手数料を安く済ませたい!という方は登録しておきたい取引所!

【3位】ディーカレット


大手IT企業IIJグループが大株主の安心感。



 



おすすめの記事