注目のICOメインボット(Mainbot)、TheWinkyverse(ウィンキーバース)とは?

▼当サイトで人気のビットコイン・仮想通貨取引所おすすめランキングはこちら!

超初心者が必ずと言っていいほど初めに登録する仮想通貨取引所!アルトコイン取り扱い数日本一!
国内最安単価8円台の仮想通貨IOSTの取り扱いはコインチェックだけ。IOSTは今年に入り既に10倍以上の価格上昇を見せています。

coincheck-side_banner

多くのアルトコインも板取引で売買できるため、手数料を安く済ませたい!という方は登録しておきたい取引所!
取引所方式での取り扱い銘柄数国内No.1!海外に仮想通貨を送る際にはビットバンクで手数料安くリップル(XRP)を買って、安い送金手数料で送る。という方が多くいます。
大手企業IIJグループが大株主。日本の各業界大手企業(伊藤忠商事や電通グループなど)が出資しているなど大きな信頼があり、安心して利用できる販売所!アプリもシンプルで使いやすく、初心者にはおすすめの販売所です!※ディーカレットは取引所のサービスも開始しました。

Mainbot、世界初のグローバル・エデュケーション・ゲーム・メタバースを独自の仮想通貨・NFTとともにローンチ

フランスのスタートアップであるMainbotは、子供たちやその家族に新たなテクノロジーを教えるための世界初となるグローバルエデュケーション・ゲーム・メタバース、「TheWinkyverse」の制作を発表しました。

 

TheWinkyverse(ウィンキーバース)はブロックチェーン・テクノロジーを軸としており、独自の仮想通貨「TheWinkies」を発行します。一般向けには10月25日よりICOを通して販売が開始されています。

 

同プロジェクトはすでにブロックチェーン・エコシステムにおいて著名なTheSandboxの共同創立者であるSébastienBorget、Ultra共同創立者のNicolasGilot、Ternoa共同創立者のMickaelCanu、PaidnetworkとMasterVenturesのCEOを務めるKyleChasséらの協力を得ています。

 

Mainbotは先日、12,111の最初のNFTコレクションを公開しており、これらはWinkyverse内でアバターとして使用することが可能な他、いくつかは3Dプリントすることが可能です。

 

これまで、教育ロボットWinkyで知られていた(ヨーロッパ全土ですでに数千ユニットを売り上げている)Mainbotは、ブロックチェーン、NFT、拡張現実、AIを組み合わせた最先端のメタバースの開発を進めていくことを表明しています。

 

Winky: 子供たちを未来に備えさせる教育ロボット

Winky

Mainbotのストーリーは2017年にフランス最高峰のエンジニアスクールであるÉcolePolytechniqueで始まりました。

 

創立者でCEOのBorisKesler氏は子供たちにプログラミングやロボット工学を教える教育ロボット「Winky」を開発しました。子供たちとその家族が未来に向けて備えるのをサポートをすることが彼の目標です。

 

2019年にWinkyはフランスのクラウドファンディングサイト「Ulule」にて最も支援を集めたテクノロジーキャンペーンとなりました。フランスで作られた世界初の教育ロボットであるWinkyの先行販売には1,352人の支援者が参加しています。

 

Winkyはフナック(LaFnac)、ブーランガー(Boulanger)、べー・アッシュ・ヴェ(BHV)、NaturesetDécouvertes、ギャラリー・ラファイエット(GaleriesLafayette)、ボン・マルシェ(LeBonMarché)といったフランスの大手小売チェーンにて販売されています。

 

2018年と2021年の2つの資金活動の成功を経て、Mainbotは2021年の末に3度目のファンドレイジングを開始する予定です。クラウドファンディングのプラットフォーム、Sowefundにて複数のビジネス・エンジェル(INSEADAngels,FemmeBusinessAngels、Finance&Technologie、LeMansSartheTechnologie)や600名以上の投資家により活発になった今回のファンドレイジングにより、Mainbotは国際的に拡大することができます。

 

2021年のクリスマスにはイギリス、ドイツ、アメリカでローンチする予定となっており、年末までには顧客数が25,000名を超える見込みとなっています。

 

TheWinkyverse:初のグローバル・エデュケーション・ゲーム・メタバース

同スタートアップは「子供たちを未来に備えさせる」というミッションを達成するためには、常に最新のテクノロジー開発に順応する必要があることに気がつきました。

 

ボリス・ケスラー氏自身もこのことについて次のように語っています:

「私たちが家族の方々にブロックチェーン、仮想通貨、NFT、そしてメタバースという概念を紹介することなく、子供たちを未来に備えさせると主張することはできません。これらはまもなく私たちの日常生活の一部となるからです」

 

これにより世界初のグローバル・エデュケーション・ゲーム・メタバース、TheWinkyverseが独自の仮想通貨であるTheWinkiesと共に生まれたのです。

 

TheWinkyverseは3Dのオープンワールドとなっており、ユーザー同士が交流したり、プレイしたり、学ぶだけでなく、自身の教育ゲームを作成したり、収益化することができます。このメタバースには「Winkyplay」と「Winkymaker」という二つのモジュールがあります。

The Winkyverse

Winkyplayには著名なゲームエディターやコンテンツパブリッシャーによって開発された数百もの教育ゲームが集められています。新テクノロジーや学校の科目、オーディオブックやボードゲームといった様々なテーマのゲームが集まったWinkyplayがWinkyverse体験の中での核となります。

 

コンパニオンのロボットもまた各コンテンツと対話が可能となっており、ユニークなゲーム体験を提供します。

 

Winkyplayではユーザー自身が、アクション、メモリー、ロジック、レーシングといった様々なカテゴリーのゲームを作ることができます。ノーコード・ソリューションであるWinkyplayは、初心者だけでなく、ゲーム開発のエキスパートの方も利用することができます。

 

Winkymakerではプレイヤーは、全員が利用できる直感的な3Dエディターによって、自分自身のロボット用アクセサリーをデザインすることが可能です。変装から完全なモジュールまで、ロボットはクリエイターの想像力に従い進化します。そして作ったものをWinkyverseで使用することができるだけでなく、3Dプリントし実際に自宅で受け取ることもできます。

 

Winkymakerインターフェースでは、所有者が利益を得ることができるよう、作成したものをNFTに変換することができます。その後、OpenSeaなどのさまざまな市場で販売できるようになります。

 

トップアドバイザーや投資家が参加

Mainbotの設立以来、BorisKesler氏は世界中の投資家と関わってきました。フランス最高峰のエンジニアスクールであるÉcolePolytechniquが初めて同プロジェクトへの投資を行った後、次のような著名な方々が参加しています:JérômeBédier(Carrefourgroup元GeneralSecretary)、BrunoMaisonnier(Softbank保有ロボットNaoとPepperのクリエイター),MichaelIngberg(Meccano前CEO)、そしてMateoRomanoとPhilippeTomazo(Mattel、UniversalGamesの前ディレクター)

 

また、このプロジェクトはブロックチェーン・エコシステム内で著名なTheSandboxの共同創立者であるSébastienBorget、Ultraの共同創立者のNicolasGilot、Ternoaの共同創立者のMickaelCanu、PaidnetworkとMasterVenturesのCEOを務めるKyleChasséをトップアドバイザーとして迎えています。

 

TheWinkies: TheWinkyverseの仮想通貨

Winkyverseには独自の仮想通貨があります。ERC-20トークンであるWinkiesはイーサリアム・ブロックチェーン上で発行されます。WinkyverseではWinkiesが唯一使用できる支払い方法になります。

 

WinkiesでWinkyverseへのアクセス権の購入ができるだけでなく、ゲームのサブスクリプションを利用したり、様々なゲーム内での課金が可能になります。また、ゲームやコンテンツ開発者への支払いを行ったり、Winkyverse内で広告を打ち出す際にも使用されます。

 

さらに、Winkiesを支払い方法として選択することで、Winkyロボットを一般販売価格の50%OFF(199€が99€)で購入することも可能です。最後に、Winkiesの保有者はメタバースの進化に影響を与える決定事項への投票権を得ることができます。

 

Winkiesはパブリック・セール(ICO)の最後には複数の仮想通貨取引所にて上場する予定です。

 

TheWInkybots:12,111のNFTコレクション

NFT

Winkybotsはイーサリアム・ブロックチェーン上の12,111のNFTコレクションとなっています。最初の12,000のNFTはコンピュータのプログラムによって生成されており、残りの111つは世界中のアーティストとのパートナーシップによって一つずつ作成されます。

 

様々なメタバースでWinkybotsをアバターとして使用することができ、そのうちいくつかは3Dでのプリントが可能になります。そしてWinkyロボットと同じ恩恵を受けることができます。

 

ライセンス製品を作成する権利もあり、1つ以上のNFTがビデオゲーム、コミック、アニメなど商業プロジェクトで使用された場合はロイヤルティを受け取ることができます。

 

ライセンス製品を作成する権利もあり、1つ以上のNFTがビデオゲーム、コミック、アニメなどの商業プロジェクトでしようされた場合はロイヤリティを受け取ることができます。

 

よって現在テレビ向けにWinkybotsを含むミニシリーズの準備が進められています。

 

全てのNFTはOpeanseaにて自由に取引が可能になります。

ローンチ日について

最初のNFTは10月11日にwww.winkybots.ioにて購入可能となりました。現在もWinkybotsを手に入れるための待機リストへ参加することができます。

 

仮想通貨は10月25日よりICOを通してwww.getwinkies.comにて一般向けに販売が開始されました。その後、様々な仮想通貨取引所にて上場する予定となっています。

 

CONTACT

BorisKesler
Founder&CEOatMainbot

boris@mainbot.me

 

NoémiePommier
PRManager

noemie@prstation.eu
+33680311118

 

https://getwinkies.com/jp/

公式日本語Twitter: https://twitter.com/winky_jp
Telegram日本語:https://t.me/joinchat/zuhzXSwoqjxmMGVl
Discord: https://discord.gg/suj4eSgX 日本語のチャットがあります。

▼CoinMedia編集部おすすめ!初心者必読の記事はこちら!

 

最初に絶対登録しておきたい!おすすめの仮想通貨取引所

【1位】コインチェック(Coincheck)


超初心者が必ずと言っていいほど初めに登録する仮想通貨取引所!アルトコイン取り扱い数日本一!IOSTやENJなど他の取引所では取り扱いのない通貨も購入できる!

コインチェック

【2位】ビットバンク


多くのアルトコインも板取引で売買できるため、手数料を安く済ませたい!という方は登録しておきたい取引所!

【3位】ディーカレット


大手IT企業IIJグループが大株主の安心感。



 



おすすめの記事