仮想通貨Siacoin(シアコイン/SC)とは?将来性や今後、取引所や買い方を徹底解説!

▼当サイトで人気のビットコイン・仮想通貨取引所おすすめランキングはこちら!

超初心者が必ずと言っていいほど初めに登録する仮想通貨取引所!アルトコイン取り扱い数日本一!
国内最安単価8円台の仮想通貨IOSTの取り扱いはコインチェックだけ。IOSTは今年に入り既に10倍以上の価格上昇を見せています。

coincheck-side_banner

多くのアルトコインも板取引で売買できるため、手数料を安く済ませたい!という方は登録しておきたい取引所!
取引所方式での取り扱い銘柄数国内No.1!海外に仮想通貨を送る際にはビットバンクで手数料安くリップル(XRP)を買って、安い送金手数料で送る。という方が多くいます。
大手企業IIJグループが大株主。日本の各業界大手企業(伊藤忠商事や電通グループなど)が出資しているなど大きな信頼があり、安心して利用できる販売所!アプリもシンプルで使いやすく、初心者にはおすすめの販売所です!※ディーカレットは取引所のサービスも開始しました。

仮想通貨Siacoin(シアコイン/SC)とは?

Siacoin(シアコイン/SC)は2015年に公開された通貨で、ストレージサービスを提供し、パソコンの空き容量を活用することを目的としたプロジェクトです。ストレージサービスというのは、パソコンやスマートフォンなどの空き容量を他人へと貸し出し、Siacoinを稼ぐ事ができる仕組みです。

シアコイン説明01

昨今ではデータの大容量化が急激に進み、個人向けのHDDやSSDもかなり容量の大きい物が登場してきました。一方で企業向けのクラウドストレージサービスも多数登場していますが、こちらはビッグデータなどの大容量データにより、容量不足が深刻になってきています。

 

そんな中登場したのがSiacoinです。このサービスでは一般のユーザーの余ったストレージを有効活用し、借りる側のコストを削減すると同時に貸し出す側もメリットを得られます。

 

また、SiacoinはWordpressやLinuxと同じように、オープンソースで開発が行われています。つまり、複数の開発者が開発に参加でき、効率良く進めていくことができるということになります。

Siacoin(シアコイン/SC)の特徴や仕組み

従来のサービスよりもプライバシーが確保されている

プライバシー画像

従来のクラウドサービスはGoogleやAmazonといった大企業が企業もしくは個人にストレージを提供していました。このシステムでは、運営者が顧客のデータを閲覧する事ができるという状況になっているため、セキュリティ上の問題が存在していました。

 

しかし、Siacoinのシステムでは、データは複数のストレージに分散して保存され、データを閲覧する事ができるのは暗号化キーを持つ自分一人です。これらのデータはキーなしには閲覧できないため、プライバシーは非常に堅牢になっています。

 

また、ハッキングなども複数のストレージにデータが分散されている事から狙われづらく、データ流出のリスクを軽減する事ができます。

管理コストが安いため、安価な価格で利用することができる

従来のクラウドサービスでは、運営側が大量のストレージを備えたデータセンターを設置したり、そのデータセンターをハッキングから守るためのセキュリティなど様々な名目で多額のコストがかかっており、自然とサービスの利用料も高額になりつつありました。

 

しかし、Siacoinは世界中の人々のストレージに分散されてデータが保存されるため、コストが安く済みます。例えば、それぞれのクラウドストレージサービスで5TBのストレージを借りようとした場合、Siacoinであれば月額10ドルで済みますが、AmazonやGoogleだと100ドル以上かかってきます。その差は実に10倍にもなり、大きな違いが生まれています。

ストレージを提供することで、報酬がもらえる仕組み

Siacoinでは、安価にストレージを借りるだけではなく、逆に自分の余っているストレージを貸し出す事も可能です。最近の高性能PCではHDD1TBなども当たり前になってきており、数百GBなんて容量を持て余している方も少なくはないです。

 

Siacoinでのストレージの貸し出し方法は公式サイトからSia-UIをダウンロードし、ストレージの価格を選んで取引が成立したら、利用者からSiacoinを受け取るだけです。操作方法も表示されるので、それにしたがって操作すれば簡単に貸し出す事ができます。

Siacoin(シアコイン/SC)の将来性や今後

競合と比較したときの優位性

Siacoinのようにブロックチェーンを用いてクラウドストレージを分散化しようというプロジェクトは、StojiやMaidsafeなど複数存在していますが、安全面や実装の観点で優位性を持っていると言えます。

 

Storjは企業ではなく、一般ユーザー向けに開発されたサービスで人気を博していますが、安全面で懸念点が残っています。一方のMaidsafeはクラウドストレージサービスという枠を飛び越え、分散型ネットワークを構築可能なサービスですが、実装に手間と時間がかかるというデメリットが存在します。

開発力ランキングで上位を獲得

仮想通貨のランキングには、時価総額や流通量の他にも開発力ランキングという物が存在します。Siacoinは2017年10月にこのランキングで世界第5位にランクインしたという経歴を持っています。

 

2018年5月時点のランキングでも7位と比較的高い順位につけており、その開発力の高さが伺えます。今後のサービス向上や、新機能などにも期待できるでしょう。

Siacoin(シアコイン/SC)の取引所

Binance

binance(バイナンス)のロゴ画像

Binance(バイナンス)は、マルタ共和国に拠点を持つ、100種類以上のアルトコインを購入することができる海外取引所です。Binanceは、Siacoinの取引量が最も多く、手数料も0.1%でありお得にSiacoinを購入することができます。

 

Binanceの登録で分からないことがあったら【Binance(バイナンス)の口座開設、登録、本人確認、二段階認証のやり方】を参考にしてください。

 

また、Siacoinは、Binance以外にもUpbitやBittrexPoloniexなどの取引所でも購入することができます。

Siacoin(シアコイン/SC)の買い方や購入方法

Siacoin(SC)は、国内取引所で取り扱っていないため、海外取引所で購入することになります。基本的に、海外取引所は日本円の入金に対応していないため、最初に国内取引所でビットコイン(BTC)イーサリアム(ETH)を購入して、海外取引所に送金する必要があります

 

BinanceでSCを購入する場合は、以下のような手順で購入します。

 

  • 国内取引所で、ビットコイン(BTC)または、イーサリアム(ETH)を購入する
  • 購入したビットコインまたは、イーサリアムをBinanceのウォレットに送金する
  • BinanceでSCを購入する
また国内取引所は複数のアルトコインを取引所形式で売買できるビットバンク(bitbank.cc)】がおすすめですので、まだ口座開設していない人は早めの登録をおすすめします。 ビットバンクの登録で分からないことがあったら【bitbank.cc(ビットバンク)の口座開設、登録、本人確認、二段階認証】を参考にしてください。

Siacoin(シアコイン/SC)のウォレット

Siacoinは公式にウォレットを配布しています。ウォレットは先ほど説明したストレージを貸し出すのに必要なSia-UIに含まれており、このアプリケーションでSiacoinに関する操作はほぼ全て賄えるようになっています。

 

また、Siacoin以外のおすすめの仮想通貨について知りたい方は、【仮想通貨おすすめランキング!人気銘柄を時価総額・将来性で比較!】を参考にしていただければと思います。

記事の監修者

中島翔

中島 翔

学生時代にFX、先物、オプショントレーディングを経験し、FXをメインに4年間投資に没頭。その後は金融業界のマーケット部門業務を目指し、2年間で証券アナリスト資格を取得。あおぞら銀行では、MBS(Morgage Backed Securites)投資業務及び外貨のマネーマネジメント業務に従事。さらに、三菱UFJモルガンスタンレー証券へ転職し、外国為替のスポット、フォワードトレーディング及び、クレジットトレーディングに従事。その後国内大手仮想通貨取引所Coincheckでトレーディング業務、新規事業開発に携わり、NYのブロックチェーン関連のVCを経てCWC株式会社を設立。証券アナリスト資格保有 。

Twitter : @sweetstrader3 / Instagram : @fukuokasho12

▼CoinMedia編集部おすすめ!初心者必読の記事はこちら!

 

最初に絶対登録しておきたい!おすすめの仮想通貨取引所

【1位】コインチェック(Coincheck)


超初心者が必ずと言っていいほど初めに登録する仮想通貨取引所!アルトコイン取り扱い数日本一!IOSTやENJなど他の取引所では取り扱いのない通貨も購入できる!

コインチェック

【2位】ビットバンク


多くのアルトコインも板取引で売買できるため、手数料を安く済ませたい!という方は登録しておきたい取引所!

【3位】ディーカレット


大手IT企業IIJグループが大株主の安心感。



 



おすすめの記事