March 29 (Mon) Overbit News - Wednesday-2

公式LINE@始めました!最近の仮想通貨ニュースやお得情報を配信中!

友だち追加

▼当サイトで人気のビットコイン・仮想通貨取引所おすすめランキングはこちら!

超初心者が必ずと言っていいほど初めに登録する仮想通貨取引所!アルトコイン取り扱い数日本一!
国内最安単価5円台の仮想通貨IOSTの取り扱いはコインチェックだけ。IOSTは今年に入り既に10倍以上の価格上昇を見せています。

coincheck-side_banner

多くのアルトコインも板取引で売買できるため、手数料を安く済ませたい!という方は登録しておきたい取引所!
取引所方式での取り扱い銘柄数国内No.1!海外に仮想通貨を送る際にはビットバンクで手数料安くリップル(XRP)を買って、安い送金手数料で送る。という方が多くいます。
大手企業IIJグループが運営。日本の各業界大手企業(JR東日本や電通グループなど)が出資しているなど大きな信頼があり、安心して利用できる販売所!
アプリもシンプルで使いやすく、売買手数料も無料なので初心者にはおすすめの取引所です!

VisaがUSDCでの決済の試験運用中。気になる今後の展開

約1ヶ月前、Mastercardがネットワークでのデジタル通貨支払いをまもなく展開するとの報道があり、それに続き、先日Visaも7,000万の加盟店で法定通貨と交換ができるような準備をしているとお伝えしました。

 

さらに進展があり、ロイター通信によると3月29日(月)、Visaの仮想通貨決済の試験運用がすでに進行中であるとのことです。

 

Visaは、仮想通貨決済プラットフォームのCrypto.comと提携しており、今までは、一度仮想通貨を法定通貨に換金してから決済を行っていました。しかし、今回の取り組みにより、イーサリアムのブロックチェーンを利用したステーブルコインを介して決済できるようになり、法定通貨への換金を無くすことで複雑さが大幅に軽減されました。

 

Visaの仮想通貨部門責任者のカイ・シェフィールド氏は、「世界中の消費者の間で、デジタル通貨にアクセスすることや、保有、使用を望む声が高まっており、当社の顧客からも消費者にそのようなアクセスを提供する製品を構築してほしいという要望が出ています。」と述べています。

 

このプログラムがいつ主流になるかは分かりませんが、Visaはこの試験運用後、Crypto.com以外での展開も計画しています。ロイター通信によると、Visaは今月、米デジタル資産カストディ企業アンカレッジへUSDCを送るなど、すでにテスト取引を行っているようです。このプログラムは、人々が思っているよりも早く展開するかもしれません。

 

例年下落傾向にある3月が終わり、米国英国の課税年度の終わりである4月にビットコインは上昇するか?

次に、仮想通貨市場と第2四半期に向けての位置づけに焦点を当てます。

 

年初のビットコイン急騰後、3月頃からビットコインをはじめとするほとんどの仮想通貨市場は調整局面に入りました。これは多くの投資家やトレーダーにとって懸念材料となっていますが、米経済誌フォーブスの最新レポートによると、これは時期的な問題かもしれません。

 

3月はビットコイン(および多くの株式や商品)が下落傾向になることは実証されており、ほとんどのレポートでは、この下落傾向の原因は、多くの投資家が第2四半期を迎えるにあたりポートフォリオのリバランスを行ったためとされています。

 

しかし、米経済誌フォーブスのインタビューによると、マン島を拠点とするビットコインおよび仮想通貨取引所CoinCornerの最高責任者ダニー・スコット氏は仮想通貨市場は好転の兆しがあることを示唆しています。

 

スコット氏は、以下のように述べており、ビットコインは10年間で4月にマイナスとなったのは2回しかなく、ビットコインの平均値への回帰は時期尚早であるとの見方を強めています。

 

"Time of the year can be a factor and the month of April is always highlighted, as it's the end of the U.K. and U.S. tax year,"

-時期的な要因もありますが、英国米国の課税年度の終わりである4月は常に注目されます。これまでの経緯を考慮すると、これから上昇するかもしれません。

 

しかし、例年BTC/USDは3月に下落するという事実を除けば、仮想通貨データサイトCoinGeckoのCEOボビー・オン氏のように、4月がビットコインにとって良い月である具体的な証拠がないため、好転するとは言い切れない見方もあります。

 

いずれにしても、ビットコインは第2四半期が始まるこの数日、数週間は、トレーダーや投資家にとって注目すべき時期になるでしょう。

 

仮想通貨取引所オーバービット(OVERBIT)の特徴や登録方法はこちら

 

リスク警告:信用取引は資本に高レベルのリスクを伴うため、失うことができる金額でのみ取引をすべきです。信用取引はすべてのトレーダーに適しているとは限らないため、関連するリスクを完全に理解していることを確認し、必要に応じて専門的なアドバイスを求めてください。

免責事項:Overbitのウェブサイト、ブログ、ソーシャルメディア、またはその他のプラットフォームのコンテンツは、特定の国や地域、およびその居住者を対象としたものではありません。 Overbitのプラットフォームにアクセスする前に、お住まいの国または地域の該当する規制を確認してください。

LINE@バナー_648_200

 

最初に絶対登録しておきたい!おすすめの仮想通貨取引所

【1位】コインチェック(Coincheck)


超初心者が必ずと言っていいほど初めに登録する仮想通貨取引所!アルトコイン取り扱い数日本一!IOSTやENJなど他の取引所では取り扱いのない通貨も購入できる!

コインチェック

【2位】ビットバンク


多くのアルトコインも板取引で売買できるため、手数料を安く済ませたい!という方は登録しておきたい取引所!

【3位】ディーカレット


大手IT企業IIJグループが運営の安心感。取引手数料無料!



 



おすすめの記事