仮想通貨ウォレットGincoがリップル(XRP)に対応!

公式LINE@始めました!最近の仮想通貨ニュースやお得情報を配信中!

友だち追加

▼当サイトで人気のビットコイン・仮想通貨取引所おすすめランキングはこちら!

超初心者が必ずと言っていいほど初めに登録する仮想通貨取引所!アルトコイン取り扱い数日本一!
国内最安単価8円台の仮想通貨IOSTの取り扱いはコインチェックだけ。IOSTは今年に入り既に10倍以上の価格上昇を見せています。

coincheck-side_banner

多くのアルトコインも板取引で売買できるため、手数料を安く済ませたい!という方は登録しておきたい取引所!
取引所方式での取り扱い銘柄数国内No.1!海外に仮想通貨を送る際にはビットバンクで手数料安くリップル(XRP)を買って、安い送金手数料で送る。という方が多くいます。
大手企業IIJグループが大株主。日本の各業界大手企業(伊藤忠商事や電通グループなど)が出資しているなど大きな信頼があり、安心して利用できる販売所!アプリもシンプルで使いやすく、初心者にはおすすめの販売所です!※ディーカレットは取引所のサービスも開始しました。

仮想通貨ウォレットGinco(ギンコ)がリップル(XRP)に対応!

8月6日、仮想通貨ウォレットGincoがリップル(XRP)に対応したことを公式サイトで発表しました。Ginco(ギンコ)は日本発の仮想通貨ウォレットとして人気を集めており、リップラーと呼ばれる熱狂的なファンをはじめ、日本で保有者が多いリップルの対応を望む声が多かったようですが、ついに対応が発表されました。

 

また、Ginco公式サイトでは「近日中にXRPのAirdropを予定している」という発表もされています。

 

Gincoにリップルが追加されたことで、Gincoが対応している仮想通貨は合計15種類となっています。Gincoは今後もマルチコイン対応を推進していくと発表しています。

gincoの対応している仮想通貨一覧

 

Gincoの詳しい使い方は「Ginco(ギンコ)の使い方!日本発の仮想通貨ウォレットアプリを紹介!」を参考にしてください。

XRPの口座開設方法

Gincoウォレットで新たにリップル(XRP)を入金して保管する場合は、XRP口座を有効化するための口座開設手数料「Reserves(リザーブ)」として20XRP(約750円)が必要となります。XRPをGincoに入金する際は必ず20XRP以上を入金する必要があり、口座開設手数料「Reserves(リザーブ)」に割り当てられる20XRPは引き出すことが不可能となります。また、この20XRPは口座残高に表示されません。

 

従って、500XRPを入金した場合に、20XRPは口座開設手数料に割り当てられるため、残高表示は480XRPとなります。

 

Gincoの詳しい使い方は「Ginco(ギンコ)の使い方!日本発の仮想通貨ウォレットアプリを紹介!」を参考にしてください。

LINE@バナー_648_200

 

最初に絶対登録しておきたい!おすすめの仮想通貨取引所

【1位】コインチェック(Coincheck)


超初心者が必ずと言っていいほど初めに登録する仮想通貨取引所!アルトコイン取り扱い数日本一!IOSTやENJなど他の取引所では取り扱いのない通貨も購入できる!

コインチェック

【2位】ビットバンク


多くのアルトコインも板取引で売買できるため、手数料を安く済ませたい!という方は登録しておきたい取引所!

【3位】ディーカレット


大手IT企業IIJグループが大株主の安心感。



 



おすすめの記事