GameStop社がNFTマーケットプレイスをローンチする予定

▼当サイトで人気のビットコイン・仮想通貨取引所おすすめランキングはこちら!

超初心者が必ずと言っていいほど初めに登録する仮想通貨取引所!アルトコイン取り扱い数日本一!
国内最安単価8円台の仮想通貨IOSTの取り扱いはコインチェックだけ。IOSTは今年に入り既に10倍以上の価格上昇を見せています。

coincheck-side_banner

多くのアルトコインも板取引で売買できるため、手数料を安く済ませたい!という方は登録しておきたい取引所!
取引所方式での取り扱い銘柄数国内No.1!海外に仮想通貨を送る際にはビットバンクで手数料安くリップル(XRP)を買って、安い送金手数料で送る。という方が多くいます。
大手企業IIJグループが大株主。日本の各業界大手企業(伊藤忠商事や電通グループなど)が出資しているなど大きな信頼があり、安心して利用できる販売所!アプリもシンプルで使いやすく、初心者にはおすすめの販売所です!※ディーカレットは取引所のサービスも開始しました。

ビットコインは大幅な下落が続き4万ドルに迫る

ビットコインは7日連続で急落し、年初来最長のマイナスとなりました。一時、重要なサイコロジカルラインの4万ドルを割り込みました。CoinDeskの情報によると、本稿執筆時点でビットコインはおよそ40,800ドルで取引されており、24時間で2.3%減少しました。

 

今回の下落は、昨年7月30日から8月4日までの低迷期以来、最長のものとなりました。2021年9月以降4万ドルを下回ることはなく、11月につけた史上最高値の6万9000ドルを大きく下回る水準にとどまっています。

 

ビットコインは2009年にリリースされて、先週13周年を迎えましたが、現状、大々的に祝福できる状況ではないようです。

 

多くの投資家は、コロナウイルスが市場経済に大打撃を与えて以来、連邦準備制度理事会(FRB)の量的緩和策によって、近年にビットコインがよく利益を得てきたと考えているようです。このテーパリングには、例えば、不振の市場を支えるために行われた4兆ドル規模の資金供給などが含まれます。

 

米国最大の仮想通貨取引所Coinbase Institutional社のアナリストは、金曜日の週刊ニュースレターに、「マクロ経済の不確実性は、市場関係者の確信を比較的低くする結果となりました」と綴っています。

 

今日の問題は、「ビットコインが、いつ、どこで底値をつけるのか」です。

 

一部の強気派は、市場が新たなブルランに突入したと考えています。一方で、投資調査を専門とするFundStrat社のアナリストは、2021年9月に記録した底値である価格とほぼ同じレベルの3万9570ドルを下回るまで、ビットコイン市場は当面、売りが優勢になると見ています。

 

GameStop社がNFTマーケットプレイスをローンチする予定

ゲーム小売業者であるGamestop社がNFTマーケットプレイスを立ち上げることが明らかになり、1月7日(金)の取引で、同社株価が急騰しました。

 

同社株価は、その日の早い段階で20%以上急騰した後、7.3%高でその日を終えました。

 

木曜日の市場が鐘の音で終了を告げると、ウォールストリートジャーナルは、GameStop社がNFT業界に参入する可能性が高いと報じました。事情に詳しい人物がCNBCに語ったところによると、参入への準備は数カ月前から行われていたとのことです。この人物によると、「GameStop社は、市場向けのゲームや商品の開発を進めるために、仮想通貨パートナーシップを形成していく」と述べています。また、NFT投資家であり「Hungry Wolves」NFTコレクションのクリエイターであるAdam Hollander氏は、以下のように述べています。

 

「GameStop社は、これまでの実績から、ゲームのユーティリティを有するNFTマーケットプレイスのプロジェクト計画が進んでいることが予想され、非常にユニークな立場にあると考えています。同社サービスのビデオゲームをプレイする何億もの人々が、信頼できるブランドと認識している事実をうまく利用できる、良いポジションにあると私は考えています。」

 

NFTは、デジタル資産の所有権の証拠として、ブロックチェーン(最も多いのはイーサリアムチェーン)上に維持できる技術を利用して生成されています。これは、テクノロジー界で最も話題になっている分野の一つです。NFTマーケットプレイス市場を牽引し、現在最も有名になっているOpenSeaに対して、投資家たちは133億ドルで評価したとも報じられています。

 

ウォールストリートジャーナルによると、GameStopのNFTマーケットプレイスは、キャラクターの服や武器など、バーチャルビデオゲーム製品を中心に展開されるとのことです。

 

仮想通貨取引所オーバービット(OVERBIT)の特徴や登録方法はこちら

 

リスク警告:信用取引は資本に高レベルのリスクを伴うため、失うことができる金額でのみ取引をすべきです。信用取引はすべてのトレーダーに適しているとは限らないため、関連するリスクを完全に理解していることを確認し、必要に応じて専門的なアドバイスを求めてください。

免責事項:Overbitのウェブサイト、ブログ、ソーシャルメディア、またはその他のプラットフォームのコンテンツは、特定の国や地域、およびその居住者を対象としたものではありません。 Overbitのプラットフォームにアクセスする前に、お住まいの国または地域の該当する規制を確認してください。

▼CoinMedia編集部おすすめ!初心者必読の記事はこちら!

 

最初に絶対登録しておきたい!おすすめの仮想通貨取引所

【1位】コインチェック(Coincheck)


超初心者が必ずと言っていいほど初めに登録する仮想通貨取引所!アルトコイン取り扱い数日本一!IOSTやENJなど他の取引所では取り扱いのない通貨も購入できる!

コインチェック

【2位】ビットバンク


多くのアルトコインも板取引で売買できるため、手数料を安く済ませたい!という方は登録しておきたい取引所!

【3位】ディーカレット


大手IT企業IIJグループが大株主の安心感。



 



おすすめの記事