米国Googleが新しい広告ポリシーを発効。ビットコイン取引やウォレットサービスの広告ができるように。

公式LINE@始めました!最近の仮想通貨ニュースやお得情報を配信中!

友だち追加

▼当サイトで人気のビットコイン・仮想通貨取引所おすすめランキングはこちら!

超初心者が必ずと言っていいほど初めに登録する仮想通貨取引所!アルトコイン取り扱い数日本一!
国内最安単価8円台の仮想通貨IOSTの取り扱いはコインチェックだけ。IOSTは今年に入り既に10倍以上の価格上昇を見せています。

coincheck-side_banner

多くのアルトコインも板取引で売買できるため、手数料を安く済ませたい!という方は登録しておきたい取引所!
取引所方式での取り扱い銘柄数国内No.1!海外に仮想通貨を送る際にはビットバンクで手数料安くリップル(XRP)を買って、安い送金手数料で送る。という方が多くいます。
大手企業IIJグループが大株主。日本の各業界大手企業(伊藤忠商事や電通グループなど)が出資しているなど大きな信頼があり、安心して利用できる販売所!アプリもシンプルで使いやすく、初心者にはおすすめの販売所です!※ディーカレットは取引所のサービスも開始しました。

イーサリアムがロンドン・アップグレード(EIP-1559)を完了

この週末でイーサリアムはロンドン・アップグレード(EIP-1559)を完了しました。

 

今までユーザーは、イーサリアム送金などの際に自身でガス料金(マイナーの承認手数料)を入札形式で設定しなければなりませんでした。この設定では、特にネットワークが混雑している時期に、多くのユーザーが同じブロックチェーンのスペースやブロック空間を奪い合うため、しばしば高い手数料が発生していました。

 

EIP-1559では、このプロセスは自動入札システムによって処理され、ネットワークの混雑度に応じて変動する料金額が設定されることになります。

 

EIP-1559でのもうひとつの重要な変更点は、各取引手数料の一部がburnされ、流通から取り除かれることで、イーサリアムの量が減り、価格が上昇する可能性があるということです。

 

CoinShares社の最高戦略責任者であるMeltem Demirors氏は、「EIP-1559は、ネットワークの立ち上げ以来、イーサリアムにとって最も重要なアップグレードの1つです」と一部を説明しています。

 

今回のアップデートの推進者たちは、供給を制限することで、長期的にはイーサリアムをデフレにすることができると考えています。

 

本稿執筆時点でイーサリアムが2600ドル以上に迫るなど、市場はこのアップグレードに肯定的な反応を示しています。このアップグレードの経済的効果は長期的な影響を及ぼすことが予想され、必ずしも短期的には感じられないかもしれません。とはいえ、イーサリアムの値動きとガス料金は、間違いなく今後も最新の情報を提供していくトピックとなるでしょう。

米国Googleが新しい広告ポリシーを発効。ビットコイン取引やウォレットサービスの広告ができるように。

米国Googleが8月3日に新しい広告ポリシーを発効。ビットコイン取引やウォレットサービスの広告ができるようになりました。

 

Googleは2018年6月に仮想通貨およびICO関連のマーケティングを禁止しており、今回の改正ポリシーでは、規制対象の仮想通貨事業者が再びサービスを売り込むことを許可しています。しかし、ICOは冷遇されています。

 

Googleの仮想通貨関連広告ポリシーの改正は、6月に初めて発表されました。それによると、米国の消費者を対象とした「仮想通貨の取引所やウォレットを提供する広告主」は、特定の基準に合致する場合、そのサービスや製品を売り込むことが認められています。

 

この動きは、Googleの親会社であるAlphabetの売上を増加させる可能性がありますが、仮想通貨関連広告は、同事業の1,470億ドルの広告収入と比較すると、おそらくバケツの中の一滴程度でしょう。Googleの厳格な基準は、怪しげな広告や明らかな仮想通貨詐欺を選別することを目的としています。

 

Financial Crimes Enforcement Networkに、広告主は「マネーサービス事業者であり、少なくとも1つの州で送金業者として登録されているか、または連邦政府または州政府が認可した銀行会社」として登録されている必要があります。許認可を持たないICO、分散型金融取引プロトコル、または仮想通貨の購入、販売、取引の広告は禁止されます。

 

有名人の仮想通貨推奨も禁止されており、これにより、有名人のインチキ推奨に関連する問題の一部を軽減できる可能性があります。TikTokは先月、サイトが金融サービスや製品を宣伝することを禁止する戦略の一環として、仮想通貨ベースのプロモーションコンテンツを禁止したと述べました。

 

仮想通貨取引所オーバービット(OVERBIT)の特徴や登録方法はこちら

 

リスク警告:信用取引は資本に高レベルのリスクを伴うため、失うことができる金額でのみ取引をすべきです。信用取引はすべてのトレーダーに適しているとは限らないため、関連するリスクを完全に理解していることを確認し、必要に応じて専門的なアドバイスを求めてください。

免責事項:Overbitのウェブサイト、ブログ、ソーシャルメディア、またはその他のプラットフォームのコンテンツは、特定の国や地域、およびその居住者を対象としたものではありません。 Overbitのプラットフォームにアクセスする前に、お住まいの国または地域の該当する規制を確認してください。

LINE@バナー_648_200

 

最初に絶対登録しておきたい!おすすめの仮想通貨取引所

【1位】コインチェック(Coincheck)


超初心者が必ずと言っていいほど初めに登録する仮想通貨取引所!アルトコイン取り扱い数日本一!IOSTやENJなど他の取引所では取り扱いのない通貨も購入できる!

コインチェック

【2位】ビットバンク


多くのアルトコインも板取引で売買できるため、手数料を安く済ませたい!という方は登録しておきたい取引所!

【3位】ディーカレット


大手IT企業IIJグループが大株主の安心感。



 



おすすめの記事