Huobiが9,000万ドルを超える中韓向けのブロックチェーンファンドを設立!

▼当サイトで人気のビットコイン・仮想通貨取引所おすすめランキングはこちら!

超初心者が必ずと言っていいほど初めに登録する仮想通貨取引所!取り扱い仮想通貨銘柄数日本最大級!

coincheck-side_banner

多くのアルトコインも板取引で売買できるため、手数料を安く済ませたい!という方は登録しておきたい取引所!
取引所方式での取り扱い銘柄数国内No.1!海外に仮想通貨を送る際にはビットバンクで手数料安くリップル(XRP)を買って、安い送金手数料で送る。という方が多くいます。
日本国内では新興の取引所ですが、グローバルでは世界三大暗号資産(仮想通貨)取引所の一つで、信頼性が高い取引所です。IOSTやENJなど、国内では取り扱いの少ない銘柄も販売所形式・取引所形式の両方で売買が可能です。OKBの取り扱いはオーケーコインだけ!
現在HuobiGlobalは日本人の利用を制限していますが、2018年に日本の仮想通貨ライセンスを取得した【フォビジャパン】の利用が可能です。フォビジャパンの口座開設方法について知りたい方は【フォビジャパンの口座開設方法・登録方法を画像付きで解説】を参考にしてください。

Huobiが9,000万ドルを超える中韓向けのブロックチェーンファンドを設立

世界第3位の取引量を誇る海外取引所「Huobi」が中国、韓国のブロックチェーン企業への投資ファンドを設立することがChina Money Networkによって報じられています。

 

Huobiは、NewMargin Capital(中国の投資会社)とキウム証券(韓国の証券会社)と共同でブロックチェーンのスタートアップに投資し、両国の協力を促進するために約100億円(9,300万ドル)の資金を使用する予定になっています。

 

また、Mirae Asset Financial Group(韓国の金融機関)も、投資家として加わることが報道されています。

Huobiのライバル、Binanceも投資ファンドの設立を発表

今回の発表がされる1日前には、Huobiのライバルでもある、世界最大級の取引所Binanceが、「ブロックチェーンと仮想通貨関連を支援する仮想通貨ベースのファンド(10億ドル規模)を作る」計画があることを明らかにしていました。

 

Binanceの既存のインキュベーター(起業支援を行う事業者)である「Binance Labs」は、すでに4つのブロックチェーンプロジェクトをサポートしており、4月にはMobile Coin(匿名性の高いアルトコイン)の資金調達ラウンジ(3,000万ドル)に参加したことでも知られています。

 

取引所の収益性の高さは話題になりましたが、今後BinanceやHuobiを始めとした取引所が投資家としても、仮想通貨業界を盛り上げていくことに、期待が集まります。

 

Crypto Exchange Huobi Jointly Launches $93 mln China-South Korea Blockchain Fund
参考記事はこちら

▼CoinMedia編集部おすすめ!初心者必読の記事はこちら!

 

最初に絶対登録しておきたい!おすすめの仮想通貨取引所

【1位】コインチェック(Coincheck)


超初心者が必ずと言っていいほど初めに登録する仮想通貨取引所!取り扱い仮想通貨銘柄数日本最大級!

コインチェック

【2位】ビットバンク


多くのアルトコインも板取引で売買できるため、手数料を安く済ませたい!という方は登録しておきたい取引所!

【3位】オーケーコイン・ジャパン

IOSTやENJなど、国内では取り扱いの少ない銘柄も販売所形式・取引所形式の両方で売買が可能です。OKBの取り扱いはオーケーコインだけ!



おすすめの記事