カザフスタンのマイニング事業者が増加し電力需給が逼迫、マイニング規制を開始

▼当サイトで人気のビットコイン・仮想通貨取引所おすすめランキングはこちら!

超初心者が必ずと言っていいほど初めに登録する仮想通貨取引所!アルトコイン取り扱い数日本一!
国内最安単価8円台の仮想通貨IOSTの取り扱いはコインチェックだけ。IOSTは今年に入り既に10倍以上の価格上昇を見せています。

coincheck-side_banner

多くのアルトコインも板取引で売買できるため、手数料を安く済ませたい!という方は登録しておきたい取引所!
取引所方式での取り扱い銘柄数国内No.1!海外に仮想通貨を送る際にはビットバンクで手数料安くリップル(XRP)を買って、安い送金手数料で送る。という方が多くいます。
大手企業IIJグループが大株主。日本の各業界大手企業(伊藤忠商事や電通グループなど)が出資しているなど大きな信頼があり、安心して利用できる販売所!アプリもシンプルで使いやすく、初心者にはおすすめの販売所です!※ディーカレットは取引所のサービスも開始しました。

マイナーの増加によりカザフスタンでエネルギーが不足

Financial Timesによると、カザフスタンのマイニング事業者は、同国におけるマイナーの増大により大幅な電力不足に陥っているそうです。

 

中国では、今年初めから仮想通貨の取り締まりを強め、9月には仮想通貨の取引を禁止しました。これに伴って、マイナーがカザフスタンにも押し寄せ、電力消費に過度な負荷をかけています。Financial Timesによると、中国からカザフスタンへと国境を越えて使用されたマイニングリグは87,849台以上に上り、カザフスタンの電力需給が逼迫しています。

 

ケンブリッジ大学の調査によると、現在、カザフスタンは国土の小ささとは裏腹に、米国に次ぐ世界第2位の仮想通貨マイニング国となっています。

 

今回の混乱を受けて、同国のエネルギー省は、「今後2年間、新しく認可されたマイニング施設は、電力使用量を1MWh以下に制限する」と発表しました。

 

フィナンシャル・タイムズによると、カザフスタン電力網の運営機関は、「電力不足を解消するために、政府に登録された50の仮想通貨マイニング事業者への電力供給を制限し始める」と警告しています。

 

カザフスタン当局は、エネルギー危機の原因の一つとして、未登録で不法に仮想通貨をマイニングする「グレー」なマイナーの増加を挙げています。カザフスタンは電力問題を緩和するために、登録を受けたマイナーと「グレー」なマイナーを区別する予定です。そして2022年以降、真正なマイニング事業者に対して支払いの要求を開始します。現在の計画によると、合法的なマイニング事業者には、1kWhあたり1テンゲが課金されるといいます。

 

コロナウイルス新変異株の出現により市場の低迷が懸念される

コロナウイルス新変異株の出現に関するニュースに起因する市場の懸念についての話題です。南アフリカで、新型コロナウイルスの変異株が見つかったことを受けて、仮想通貨は他のリスク資産と同様に下落しています。

 

金曜日、ビットコインは他の金融資産と同様に急落し、7週間ぶりの安値となりました。一部の人からは「弱気市場」と呼ばれる領域に入ったようです。ビットコインは一時53,549ドルまで下落し、10月初旬以来の低水準となりました。今月初めに記録した史上最高値の約69,000ドル以来、ビットコインは価値の20%を失ったことになります。

 

時価総額第2位のイーサリアムは、10%以上下落して4,059ドルとなりました。また、リップルは9.9%下落して95セント弱まで落ち込みました。

 

英国などではウイルスへの対応として、アフリカ6カ国からのフライトを一時的に停止しています。コロナウイルスが当初、世界規模で爆発的に広がり渡航が制限され、市場が暴落しました。投資家や市場のコメンテーターは、今回の動きを当時のパンデミックの始まりのようになぞらえていたようです。

 

金曜日の世界市場は、実際にその予想通りの動きを見せました。米国の株式先物では大幅な下落を見せ、欧州の株式では、1年以上ぶりの最悪の日となったようです。

 

また、米国債の利回りが大幅に低下したことで、リスク資産から相対的に安全な国債への逃避の買いが集中しています。

 

仮想通貨市場におけるリスクオフへの流れが、2020年3月のように一時的なものなのか、それとも長期的に続くトレンドの転換の指標なのか、今のところ定かではありません。

 

仮想通貨取引所オーバービット(OVERBIT)の特徴や登録方法はこちら

 

リスク警告:信用取引は資本に高レベルのリスクを伴うため、失うことができる金額でのみ取引をすべきです。信用取引はすべてのトレーダーに適しているとは限らないため、関連するリスクを完全に理解していることを確認し、必要に応じて専門的なアドバイスを求めてください。

免責事項:Overbitのウェブサイト、ブログ、ソーシャルメディア、またはその他のプラットフォームのコンテンツは、特定の国や地域、およびその居住者を対象としたものではありません。 Overbitのプラットフォームにアクセスする前に、お住まいの国または地域の該当する規制を確認してください。

▼CoinMedia編集部おすすめ!初心者必読の記事はこちら!

 

最初に絶対登録しておきたい!おすすめの仮想通貨取引所

【1位】コインチェック(Coincheck)


超初心者が必ずと言っていいほど初めに登録する仮想通貨取引所!アルトコイン取り扱い数日本一!IOSTやENJなど他の取引所では取り扱いのない通貨も購入できる!

コインチェック

【2位】ビットバンク


多くのアルトコインも板取引で売買できるため、手数料を安く済ませたい!という方は登録しておきたい取引所!

【3位】ディーカレット


大手IT企業IIJグループが大株主の安心感。



 



おすすめの記事